婚活サイトで知り合いに写真でバレたら怖い!職場に秘密にするには?

452view

2019.01.11

目次

婚活サイトで知り合い?スムーズに結婚相手を探せる場として婚活サイトは広く支持されています。ただし、婚活サイトに登録されていることが職場にバレたら恥ずかしい女性もいるでしょう。

婚活サイトで知り合い

そして、婚活サイトのプロフィール欄には写真をはじめとして、身元がわかってしまう情報が少なくありません。この記事では、職場に秘密のまま婚活サイトを利用する方法について解説します。

婚活サイトは悪いことじゃない!それでも職場にバレたくない心理とは

多くの婚活サイトは健全に利用してもらえるよう、登録者を審査するなどの工夫を行っています。そのため、サイト内には真剣な目的で婚活を行っている男女が集まっており、効率的かつ安全な出会いの場となっています。

婚活サイトから実際に結婚までこぎつける男女も増えており、サイトを利用していてもまったく恥ずかしがる必要はありません。一方、職場や知り合いにバレたくないとの思いから、婚活している事実を隠している女性もたくさんいます。

理由としてはまず、婚活サイトに対する無理解や偏見が完全にはなくなっていないからです。婚活事情やネット社会に詳しくないと、婚活サイトと出会い系サイトを混同しているケースも少なくありません。

こうした人たちに両者の違いを説明して納得してもらうのは至難の業です。婚活サイトに登録しているというだけで、「軽薄な女性」という間違ったレッテルを貼られてしまう可能性すら生まれるでしょう。

また、「婚活サイトに登録するのはモテないからだ」との偏った思い込みもなくなっていません。婚活サイトはすぐ相手を見つけたい人のための空間であり、本来なら、モテない人のために作られたとはいえないでしょう。

それでも、こうした世間からの視線が変わらない限り、堂々と婚活サイトを利用していることを公表できない人がいるのも事実なのです。

そのほか、「身の安全」を考慮して、婚活サイト利用を秘密にしている女性もいます。婚活サイトには写真やプロフィールなど、多くの個人情報が掲載されています。サイト内のコミュニティに参加していると、毎日の行動まで公にされてしまいかねません。

こうした個人情報を悪用し、嫌がらせや詐欺を行うユーザーもいます。余計なトラブルに巻き込まれないためには、最初から秘密主義を貫くのが一番です。こうした事情から、周囲に何も言わずこっそり婚活サイトを利用している女性は珍しくありません。

婚活サイトで身元がバレない方法1:写真のいらないサイトを選ぶ

多くの女性が婚活サイトで秘密を守るため、もっとも不安に感じているのは「写真」の掲載でしょう。本人の写真がプロフィールのトップに載っていたら、ほとんど言い訳のしようがありません。

職場や知り合いにサイトを利用している事実が広まってしまう可能性もあります。とはいえ、写真がないと利用ができないサイトであれば、自分の写真を用意しないと登録を拒否されるでしょう。

絶対に顔写真を載せたくない女性は、写真がなくても登録可能なサイトを見つけるところから婚活を始めるのが賢明です。

「写真がなければ男性からのアプローチが来ない」と思い込んでいる女性もいます。しかし、婚活サイトにいるのは写真の有無を絶対的に重視している男性ばかりではありません。

その証拠に、男性自身も自分の写真を載せていないケースが珍しくありません。写真を載せて知り合いに見られたくないと感じるのは、男性も同じことです。そのため、写真を載せていない女性に対しても男性は理解を示してくれます。

また、美人の写真やあまりにも鮮明な写真に対し、男性は警戒を強める傾向があります。不自然なほど美人の写真があると、男性は詐欺を疑うからです。

芸能人のブログやSNSなどを探せば、いくらでも美人の写真は落ちています。それが分かっているからこそ、男性は美人の写真が漂わせる違和感に敏感です。逆をいえば、写真が載っていないプロフィールはかえって安全な雰囲気がするともいえます。

ただし、写真を掲載せずに「NO IMAGE」などの表示がなされているのも味気ないものです。危険が減るかわりに、男性へのアピールも足りません。

そこで、顔でなくてもいいので何らかの写真は載せておいた方が、プロフィールの完成度は高まります。花や観光地などの風景や、逆光で顔が隠れた自分の写真などは定番です。

一方、アニメキャラや好きな芸能人の写真は相手を選ぶので避けましょう。スマホの写真を使うときも、ピンボケやブレのない写真を選ぶことが大切です。

婚活サイトで身元がバレない方法2:登録者の多いサイトを選ぶ

知り合いに婚活サイト利用がバレたきっかけとして多いのが「相手も同じサイトを利用していたこと」です。お互い秘密のまま婚活を行っていたのに、偶然相手を見かけてしまうのは非常に気まずいものです。

どうしてこんな状況におちいるのかというと、そもそもの登録者が少ないことが考えられます。異性の選択肢が少なすぎるため「地域」「年齢」などの大まかな条件検索で、簡単に知り合いがヒットしてしまうのです。

つまり、身元がバレないようにするにはなるべく登録者の多いサイトを選ぶ必要があります。

登録者が多いと、よほど細かく条件をしぼりこまない限り、知り合いから見つかることはまずありません。自分と同じ地域、年代、職種の女性は数えきれないほど登録しているため、その中からたまたま自分だけ目に入ってしまう確率はかなり低いでしょう。

そのうえ、婚活サイトでは必ずしも本名で登録しているわけではありません。山ほどいる女性の中から、ニックネーム登録している1人の女性を探しあてるのは至難の業です。本人が周囲にもらさない限り、まず見つかる恐れはないといえます。

さらに、登録者が多いとプライバシー以外のメリットも出てきます。男性の選択肢が広がり、理想の相手を選びやすくなるのは大きいでしょう。

登録者が少ないと、条件を妥協しなければなかなかマッチングはされません。スムーズに婚活を進めていく意味でも、規模の大きい婚活サイトは便利です。

そして、男性からアプローチされる確率も高くなります。登録者の少ないサイトではどうしても年齢層やスペックに偏りが生まれます。たとえば、アラサー中心のサイトに登録してしまうとアラフォー女性の人気が落ちてしまうのは当然です。

一方、登録者が多いサイトでは会員の偏りがほとんどなく、様々な年代の男性と出会えるチャンスが転がっています。男性からのアプローチが多いと婚活を続けていくモチベーションも上がるでしょう。

婚活サイトで身元がバレない方法3:セキュリティが徹底しているサイトを選ぶ

大前提として、婚活サイトでは利用者以外から身元を突き止められる可能性はほぼありません。サイトにログインできなければ、そもそもプロフィールを閲覧できないからです。

「ほぼない」と書いたのは、本人のうっかりによって職場や家族にバレた事例もあるからです。たとえば、会社でパソコンを同僚と共有している場合、「お気に入り」に婚活サイトを登録していたとします。

そのことに同僚が気づいてサイトに飛んでしまうと、自分のページを見られかねません。同じことは家庭でも起こりえます。うっかりミスを減らすためには本人が気を抜かないようにするのはもちろん、セキュリティの高いサイトを選ぶ意識が大切です。

まず、郵送物でプライバシーが守られているかどうかを確かめましょう。婚活サイトによっては資料や請求書を自宅にまで郵送してきます。

これらの資料ではイベントやセミナーなどの案内がなされており、決して悪い内容ではありません。しかし、サイト名が封筒に明記してあると、バレたくなくても家族には勘付かれてしまうでしょう。

一方、封筒にダミーの会社名を乗せてくれるなどの対処法がなされていると、郵送物に怯えて過ごす必要がなくなります。

また、サイトから電話がかかってこないか不安な人もいるでしょう。確かに、職場にいきなり婚活サイトから電話があったら周囲に誤魔化しにくくなります。

しかし、よほどの特別な事情がない限り婚活サイトから本人に電話はかかってきません。料金の支払いが滞っているときなどは連絡が来ることもあるものの、そのときも本人の電話にかかってきます。

さらに、サイト内のシステムからもセキュリティはチェック可能です。個人情報を保護したいなら、異性のプロフィールしか検索できない婚活サイトに登録しましょう。

同性からでも検索できるサイトだと、より多くの人間に個人情報をさらされてしまうからです。興味本位で知り合いを探す不真面目な登録者もいるので、純粋な目的でしか利用できないサイトを見つけることが肝心です。

婚活サイトで身元がバレない方法4:イベントの出席には気をつけて

写真以上に婚活サイトで身元がバレる確率が高いのは、知り合いに直接顔を見られてしまったときでしょう。婚活サイトはセミナーやパーティーなどのイベントを開催していることがあります。

たくさんの異性と知り合える機会なので、積極的に参加して損はありません。ただし、これらの場所で知り合いに遭遇すると婚活をしていることがバレてしまいます。

また、自分が会場に入っていくところを知り合いに見られた場合も、誤魔化しにくいといえるでしょう。

婚活サイト関連のイベントに出るときは、可能ならまず参加者をチェックします。サイトによっては、参加者の簡単なプロフィールを事前に知らせてくれることもあります。

目を通しておけば、知り合いらしき人物を前もって警戒できるでしょう。次に、「限定パーティー」に出席するのもひとつの方法です。

たとえば、一般企業に勤める女性が「医者限定パーティー」「ハイスペックな男性限定パーティー」などのイベントに参加するなら、職場の男性とまったく違うタイプの人間が来ると予想できます。

なるべくいつもの人間関係からかけ離れた人々が集うイベントを優先しておけば、同僚との鉢合わせは避けられるでしょう。

そして、日時や会場も十分注意しておきます。土日が休みの企業に勤めている女性にとって、週末に行われるイベントは知り合いに遭う可能性も高くなります。

ただし、平日の夜に行われるイベントだと同僚の動きも把握しやすくなるので、「少なくとも職場の人はいない」と確信を持って参加できるでしょう。

また、職場から遠い会場を選ぶ方が賢明です。職場の近くだと、自分以外で会社帰りに寄る同僚がいてもおかしくないからです。あえて他県のイベントに顔を出すなどして、人に見られる確率を減らしましょう。

そのほか、イベントに向かうときはいつもと違ったコーディネートにするなどの軽い「変装」も効果的です。

婚活サイトで身元がバレない方法5:「写真を見たい」と言われたときは慎重に

写真を載せていなければ、職場や知り合いにバレず婚活サイトを利用できます。ただし、親しくなった男性から「写真を見せてほしい」と言われる可能性も少なくありません。

そんなときは、慎重に写真を送るべきかを考えましょう。あくまでもプライバシー保護を優先するのであれば、男性からリクエストされたからといって、プロフィールを更新するのは厳禁です。

プロフィール欄に写真を載せてしまうと、お目当ての男性以外からも顔を見られてしまうことになります。プロフィールに写真がないなら、途中から掲載する必要はありません。

そうなると、現実的には「写真交換」という段階に進むこととなります。写真交換とは、婚活サイトで知り合った男女がお互いの写真をメールで送るやりとりです。

ただし、写真交換にはリスクもつきまといます。仮に相手が悪質ユーザーだったときに、送った写真を不正利用される可能性もあるからです。

もしも写真交換が嫌ならはっきり「写真を送りたくない」と伝えましょう。女性の不安を理解してくれる男性なら、それでも納得してくれます。無理に写真を送らせようとしてくる男性とは、今後の付き合いを見直すべきでしょう。

それでも、写真を送れば女性の真剣さをアピールできるメリットが生まれます。写真交換をするつもりなら、まずはメールのやりとりを重ねて相手の人柄を見極めましょう。

メールの内容とプロフィールに矛盾点はないかなど、信頼できる人間かどうか厳重に確かめます。客観的に見て誠実な人間だと確信が持てれば、ようやく写真交換に踏み切りましょう。

とはいえ、写真交換がどうしても嫌なら、「写真よりも直接会いませんか」という方向で話を進めていきます。こちらの方が、個人情報が流出する恐れは低いうえ、相手の本気度も再確認できます。

婚活サイトの利用を知り合いや職場にバレたくない!写真には気をつけて

写真を婚活サイトに載せていると、知り合いや職場の同僚にバレる確率は高まります。絶対にバレたくないなら写真が不要の婚活サイトを選びましょう。

写真がなくても男性と仲良くなる方法はありますし、それから写真交換しても遅くはありません。婚活サイトでは効率と安全を両立させて、トラブルのない利用を心がけましょう。

婚活サイトで知り合い

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る