婚活アプリでうまくいかない疲れた人の特徴と理由!成功へ導く必勝法

2454view

2019.01.09

目次

婚活アプリでうまくいかない?アラフォー女性の中には婚活がうまくいかなくて困っているという方もいるでしょう。 困っているどころか、もう疲れてしまった、と感じている人も少なくありません。

うまくいかない

婚活を上手に進めるためには、自分の意識を変えることも重要ですが、様々な婚活ツールを上手に使うことも重要です。もっとも手軽に使えるのは婚活アプリです。どのように使えば良いのか確認してみましょう。

婚活が上手くいかない人の特徴5つ!

婚活がうまくいかないと、自分の学歴や年収などのスペックに問題があるのでは、と思ってしまう方も多いでしょう。しかし、婚活がうまくいかない方は、多くの場合性格などのその人の内面に問題がある場合がほとんどです。

結婚相談所で働いている方などは、相手と少し話しただけでその人の婚活がうまくいってすぐに終わるのか、それとも長引いてしまうのか分かるそうです。婚活がうまくいかない方が持っていることの多い特徴は、主に五つあります。

一つ目は、「自分を絶対に変えない、プライドが高く頑固」という点です。

学生時代や若いときにモテていた方や、自分自身のスペックが高い方に多い問題です。こういった特徴の方は、相手の性格はほとんど見ておらず、他人に自慢できる人かどうかしか考えていないことが多いという特徴があります。

もちろん、男性はそんな人を相手にしたくはないので、結果として婚活がうまくいかなくなります。

もし「婚活なんてモテない人間がやることで、自分は昔モテていたから大丈夫」という気持ちや、「恋愛経験はそれなりにあるし、今まで付き合ってきた人はスペックが高かったから、それ以下の人とは結婚したくない」といった気持ちがある方は要注意です。

こういった気持ちは、自意識過剰な言動として、無意識の内に外に出てしまいます。そうすると、男性からの好感度は下がってしまうでしょう。

二つ目は、「自立が出来ていない、精神的に未熟」という点です。

30歳を過ぎまもなく40歳になろうというにも関わらず、実家にずっと暮らしていたり、親からの経済的援助を受けていたりすると、社会的、経済的に自立が出来ていないと思われてしまいます。

また、いつまでも何でも親に相談したり、親の意見なしで動けないようだと、精神的にも未熟で、自立できていないと思われてしまいます。結婚して子供を生み、家庭を築いていく上で、男性は自立の出来ていない人を結婚相手に選ぶでしょうか?

三つ目は、「相手への条件を絶対に譲らない」というものです。

相手のスペックしか見ていない人に多いのがこの特徴です。例えば「年収は800万以上じゃなきゃ連絡も取らない」や、「有名大学卒、大企業に属していないと相手にしない」など、自分で条件を付け、それを絶対に譲らないといったものが挙げられます。

このように、条件を絶対に譲らないと、自分の首を絞めることにもなります。対象が減るということはもちろんですが、スペックしか気にしないような女性を、男性は相手にしないことがほとんどだからです。

四つ目は、「ネガティブ思考」という特徴です。

婚活のみならず、恋愛においては、どれだけ自分が良いと思っていても、相手に断られてしまうことがあります。しかし、それをいつまでも引きずってしまうと、次の一歩を踏み出せずに、婚活が進まなくなってしまいます。

行動しなければ、当然相手は見つかりません。

五つ目は、「完璧主義すぎる」という特徴です。

失敗して恥をかいたらどうしようと思ったり、婚活していることが周りに知られてしまうことが恥ずかしい思ったりして、行動を起こせない人が多いです。

先ほども述べましたが、行動しなければ出会いはありませんし、婚活は進みません。オンラインでの婚活サイトや、婚活アプリの普及により、気軽に婚活を出来る世の中に変化してきています。

そういったものも、完璧主義が故に使えないと、婚活も上手くいかないでしょう。

婚活アプリを使ってもうまくいかない人の特徴!

婚活全体としてうまくいかない場合、その人の内面に問題があることが多いです。しかし、内面が良くても、上手く婚活ツールを使えないことで、成功が遠のいている人も少なくありません。

そういった方には、「使っている写真が悪い」や、「送るメッセージが自己中心的」、「自己紹介が自己主張になってしまっている」、「婚活アプリでの出会いを重く考えてしまっている」などの特徴があります。

一つ目の特徴の、「使っている写真が悪い」というものです。

これは、最初は直接会わないアプリが故の問題でしょう。ネット上の出会いの場合、当然ですが相手の顔を最初に見るのは写真になります。その写真の印象が悪いと、相手は自分を選択肢に入れないでしょう。

使わないほうが良い写真は、主に三つあります。一つ目は、「昔の写真」です。いくら若い写真を使いたくても、今の年齢とかけ離れているものを使ってしまうと、だましていると思われてしまいます。

また、実際に会えても、写真と実物が異なっていては、次に繋がらないでしょう。二つ目は、「顔だけしか映っていない写真」です。

顔だけだと、写真の写りによっては太っていると思われてしまうことがあります。三つ目は、「自撮り写真」です。自撮りだと、自意識過剰感が出てしまうためです。

二つ目に挙げられる、「メッセージが自己中心的」という特徴です。

こちらも男性受けが悪いです。メッセージは、自分の言いたいことを主張するためにあるものではなく、会話を楽しむため、また、相手のことを知るためにあるものです。

メッセージを送る前に、相手のプロフィールを確認して、会話するイメージでメッセージを送りましょう。

三つ目に挙げられる、「自己紹介が自己主張になってしまっている」という特徴です。

こちらも二つ目の特徴同様、男性受けが悪いでしょう。例えば、自分の好みのごり押しになっていたり、「○○は嫌い」や「○○な人は受け付けていない」などのような、強気な言葉が挙げられます。

これらの自己主張は、自分勝手な人という印象を与えてしまうので、避けるようにしましょう。

四つ目の特徴である、「婚活アプリでの出会いを重く考えてしまう」というものです。

これは、ネガティブな方や完璧主義な方に多い特徴です。アプリという場は、「気軽に人と繋がれる」というのが特徴です。そのため、男性でも女性でも、マッチングした人や実際に会った人でも、フィーリングが合わなければ関係を切ってしまいます。

そういった手軽さが魅力な婚活アプリですから、一度断られたからといって、重く考えすぎないようにしましょう。

婚活で疲れてしまう?そんな人の持つ特徴は?

婚活は、新しい出会いがあると考え、良いことのように感じる人もいるかもしれません。しかし、長引いて疲れた、と思ってしまう人もいます。

そのように、婚活に疲れてしまう人には二つの特徴があり、こういった特徴を持っている方は、婚活がうまくいかず長引いてしまいます。

一つ目の特徴は、「一度の出会いを重く考えすぎてしまう」というものです。

婚活アプリのような、オンラインで繋がるものの一番の魅力は、手軽にいろんな人と繋がれるという点でしょう。しかし、一度の出会いに重きを置きすぎてしまう人は、この特徴を生かせないでしょう。

また、もし断られてしまった場合、その出会いが上手く進んでいればいるほど、その人のことを引きずってしまいます。

そうすると、ネガティブな思考になってしまい、次の行動を起こせなくなりますし、もし行動を起こしてマッチングし、実際に会うことが出来ても、前の人と比べてしまってその出会いを楽しめないでしょう。

男性側からすると、相手が楽しんでいないのが分かってしまうと、その後会う気がなくなってしまうので、結果としてその出会いも上手くいかなくなるかもしれません。こういった負の連鎖が続いてしまい、婚活に疲れを覚えてしまうでしょう。

二つ目の特徴は、「失敗を恐れてしまう」というものです。

失敗を恐れるあまり、行動する前に疲れてしまったり、実際に失敗をしてしまうことで、より次の行動を起こせなくなったり等、失敗をすることや、それで恥をかくことへの不安感で疲れてしまう人も少なくありません。

婚活を上手く進めるために意識したいこと!

もし婚活が上手くいかなくて行き詰っていると感じているなら、まずはどこに問題があるのかを把握するのが大事です。

基本的にはスペックなどではなく、内面に問題があることが多いので、どういった点が自分の評価を下げてしまっているのか、振り返ってみましょう。

プライドが高く、頑固でこだわりのある方は、まず自分が相手からみてどのように写っているのかを考えて見ましょう。婚活をしている男性からすると、自意識過剰でプライドが高く自分本位な女性は、ほとんどの場合魅力的には写りません。

自分本位に考えるのではなく、相手に「素敵な人だな」と思われたり「一緒に居たいな」と思われるように、「相手本位」で物事を考えるようにしましょう。

自立できていない方は、まず自分が社会的、経済的、あるいは精神的に大人として自立できていない、未熟であるということに気づきましょう。

その上で、今いる過ごしやすい環境や立場から出て、新しい世界に飛び込んでいくことが、自立や人間的成長につながります。

そうした経験を積み重ねて、自分が一人の大人であることを自覚し、自分の足で歩いていく覚悟を持つことが、婚活の成功への近道でしょう。

婚活をするときに、相手への条件が譲れない方は、まずそれが自分の首を絞めていることを把握しましょう。もしそれでも、条件を譲れない方は、その条件の相手と自分が釣り合うのかを考えるべきです。

学歴や仕事、年収などのスペックだけに目を向けるのはやめて、相手の性格を見ることで、婚活は上手く進むでしょう。「条件」ではなく、「基準」にすると、柔軟に物事を考えられます。

例えば、「年収は基準より低かったけれど、性格はとても合う」といった出会いも、条件ではなく基準にすることで生まれます。

婚活時にネガティブな考えになっていしまう方は、気持ちの切り替えを上手くできるようにしましょう。婚活で人気な女性は「明るくて行動的」、「笑顔が印象的」、「柔軟性がある」、「自分の軸をきちんと持っている」といった特徴があります。

ネガティブ思考な方とは全く逆な特徴の方のほうが男性受けがいいのだと考え、それに寄せるよう努力できると、婚活も上手く進むでしょう。

完ぺき主義で行動の起こせない方は、始めてから、あるいは会ってからちゃんと考える、くらいの気軽な考えにシフトしましょう。行動をしなければ出会いもありません。

一番の近道は、ツールを上手く使うこと!

インターネットの普及に伴い、出会いの場は増えています。例えば結婚相談所も、直接相談所へ出向くものだけでなく、オンラインで相談に乗ってもらい、相手を紹介してもらえるような形のものもあります。

また、スマートフォンの普及に伴い、婚活アプリも増えました。婚活を上手く進めるためには、自分の意識改革はもちろん重要ですが、こういったツールを上手に使うことも重要です。

婚活アプリでの必勝法!

手軽に使える婚活アプリ。だからこそ、上手に使えれば婚活自体もうまく進むでしょう。まず、婚活アプリでの必勝法を考える前に、自分の目的と合ったものを選ぶようにしましょう。

軽い出会いから始めましょうといった考えの登録者が多いアプリもあれば、最初から真面目に結婚だけを考えている登録者の多いアプリもあります。アプリの雰囲気を把握した上で、自分に合うものを選びましょう。

自分に合ったアプリを選べたら、三つの点を意識しながらアプリを使いましょう。それが必勝法とも言えます。

一つ目に意識するべき点は、「プロフィール欄をきちんと充実させる」というものです。

まず写真ですが、「笑顔のもの」「全身の写っているもの」「趣味に打ち込んでいるもの」を選べるとベストです。複数の写真が登録できる場合、これらを選ぶようにしましょう。

また、血液型や誕生日、出身地などの登録項目はきちんと埋めましょう。意外とそういった細かいポイントは見られていますし、共通点があれば、話も盛り上がります。

また、自己紹介の欄では、自分の主張だけをするようなことや、自虐、偉そうな発言は避けるようにしましょう。

二つ目に意識するべき点は、「マッチングした際にどうするか」です。基本的にいいねをするかされたら、メッセージを送りあうことになるでしょう。その際に気をつけるべき点は、まず会話を楽しむということです。

自己主張ばかりになったり、失礼な応対をしないようにしましょう。また、あまりにも頻繁に連絡をすると、引かれてしまうでしょう。一日に2、3回を目安にするべきです。

三つ目に意識するべき点は、「会ったときにどうするか」です。普通のデートのように、自分が楽しむこと、そして、相手に楽しんでもらうことを意識するといいでしょう。

ここで気をつけたいのが、相手がどんな男性なのかを見極めるということです。どれだけ自分が上手く婚活を進めていても、相手が体目当てだったりした場合は、上手くいきません。夜遅くまで一緒にいないことや、初対面での個室は避けるなどを意識することも重要です。

婚活アプリを上手に使って、理想の相手に出会おう!

婚活アプリを上手に使うことで、今までよりもより良く婚活を進められるでしょう。しかし、婚活アプリや結婚相談所のようなツールを上手く使うだけでなく、自分自身の意識を変えて、男性に「結婚したい」と思わせられるようにすることも重要です。

ツールを上手に駆使しながら、自分の考え方なども変えて、理想の男性に出会いましょう。

うまくいかない

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る