婚活パーティーの年齢での選び方!制限ギリギリやオーバーだと不利?

1952view

2018.12.29

目次

婚活パーティーの年齢?婚活パーティーには、年齢制限があるタイプも幅広い年代が集うタイプもあります。

結婚したいアラフォー女性にとって、年齢制限は婚活へのモチベーションすら下げてしまうことがあるかもしれません。

婚活パーティの年齢

そこでここでは、年齢制限ギリギリやオーバーでの参加が婚活パーティーに不利かどうかについてお話します。婚活パーティーの年齢での選び方についても見ていきましょう。

年齢制限のない婚活

年齢制限が決められている婚活パーティーを目にすると、落胆したり焦りを感じるアラフォー女性がいるかもしれません。晩婚化が進んでいるとはいっても、適齢期という言葉もまだまだ使われています。

年齢が若いうちに結婚しようとする人もいて、若い頃に婚活しなかったからアラフォーになっても結婚できていないと嘆く人もいるでしょう。

ですが、いまや結婚は何歳になってもできる時代です。割合的には少ないとしても、60代70代になって結婚する人も増えています。

40代50代で初婚という人も、珍しくなくなってきました。実は、婚活には年齢制限はないのです。結婚してはいけない年齢などないのですから、何歳の人が婚活をしてもいいわけです。

結婚したい人がいるからこそ、婚活パーティーが開催されています。シニアを対象にした婚活パーティーが盛んなのも、50代や60代以上になって結婚を考える人がいるからです。

婚活パーティーに限らず、趣味のサークルやSNSを通じた交流で出会いを求める行動も目立ってきています。こうした行動に比べると、婚活パーティーは結婚という目的がハッキリしているだけにストレートな婚活ができるでしょう。

ガツガツ男漁りをしているように見られないか、いい年をして今さら結婚に焦っていると思われないかなど、気後れする必要もありません。

婚活パーティーに参加すること自体に勇気が出ない、無意味な気がすると思うアラフォー女性は、自分で自分に年齢制限をかけてしまっている可能性があります。婚活は、結婚を目標とする活動です。

能動的な行動を意味していますから、待ちの姿勢やモチベーションを低下させてしまうと婚活とは言えなくなってしまいます。

まずは、自分で年齢制限にこだわっていないか振り返ってみてください。婚活は何歳になってもOKと、自分を開放してあげましょう。

年代別の婚活パーティー

さまざまな婚活パーティーがある中で、年齢範囲を明確にしたスタイルは少なくありません。20代限定や30代限定の婚活パーティーもあれば、30代以下に年齢を絞った婚活パーティーもあります。

アラフォー女性のため息が聞こえそうな企画ですが、逆に30~40代に年齢を絞った婚活パーティーもあり、そのくらいの年代の人と知り合いたい場合は参加資格がないことにガッカリしているかもしれません。

アラフォー女性ばかりが疎外されているように思う必要はなく、むしろ年代別の婚活パーティーには堂々と参加できるチャンスがあると考えてみるとやる気が出てきます。

アラフォー女性を対象とした婚活パーティーの企画は数が少ないかもしれませんが、それだけに見つかったらビッグチャンスといえるでしょう。

婚活パーティーの年齢制限は、デメリットばかりではありません。メリットもデメリットもあり、だからこそ年代別の婚活パーティーが開催されています。

もしも年齢制限にデメリットを感じて婚活への意欲をなくしてしまったら、それは年齢制限ではなく結婚そのものにハードルを感じたのではないでしょうか。

またそのハードルは、自分で高くしているだけという可能性もあります。デメリットを跳ね返す、あるいはデメリットをメリットに変換するくらいの気力を持ち続けないと婚活は成功しません。これは、何歳の人にとっても共通することです。

婚活パーティーの年齢制限に不安や疑問を感じるのであれば、年齢制限がない婚活パーティーと年齢制限がある婚活パーティーのどちらにも参加してみることをおすすめします。

どちらにも、メリットとデメリットがあることがわかってくるでしょう。

どちらのタイプの婚活パーティーに向いているかも、ハッキリしてくるはずです。婚活に迷いを感じてしまったときも、結婚への新たな目的意識を持つために婚活パーティーが役立ちます。

年齢制限のメリット・デメリット

婚活パーティーのメリットとデメリットについて、具体的に把握しておくことは大切です。メリットばかりに目を向けていると、デメリットを感じたときに打ちのめされてしまう恐れがあります。

そんなことでくじけていては、婚活パーティーどころか婚活そのものの目的意識を失いかねません。あらかじめデメリットもあるものだとわかっていれば、意志を強く持って婚活パーティーに臨めるでしょう。

婚活パーティーに年齢制限があるメリットとデメリットについて、それぞれ見ていきましょう。

婚活パーティーに年齢制限があるメリットの一つが、結婚対象となる相手を年齢で見分けやすいことです。さっそく自分から、お相手の年齢制限をしてしまうことに矛盾を感じる必要はありません。

人それぞれに結婚に関する事情があり、このくらいの年齢の相手がいいという理想はあって当然です。ストライクゾーンの広い人もいます。

ですが割合的に多いのは、同世代かプラスマイナス5歳くらいまでのお相手を探している人です。女性側に結婚相手の理想の年齢があるように、男性側にも理想の年齢があります。

お互いに求めているものが一致すれば、目的へとスムーズに向かっていけるでしょう。つまり、年齢範囲が絞られている婚活パーティーは、結婚相手の理想の年齢がハッキリしている人向けなのです。

フリータイムでの会話も、年齢幅が狭いことで弾みやすくなります。

婚活パーティーで年齢制限が設けられているデメリットは、参加できない婚活パーティーが出てきてしまうことです。参加資格は年齢に限らないとはいえ、制限があると魅力を感じた婚活パーティーに参加できないことにガッカリします。

自分は婚活に向いていないのではないかと思ってしまう人もいるでしょう。年齢制限があると、年の離れた人と知り合いたい希望もかないません。

一方で、年齢制限を設定しても参加者に年齢差が出て意味がないこともあります。例えば、20代限定の婚活パーティーには20歳の人も参加できれば29歳の人も参加できます。

その開きはほぼ10歳ですから、人によっては結婚相手の対象外です。逆に、年齢範囲が絞られているにもかかわらず、参加者の年齢差の開きに良い感触を得る人もいます。

あまりこだわらずにさまざまな婚活パーティーに参加してみることで、結婚への成功率は高まりそうです。

年齢制限ギリギリの参加は不利?

年齢制限が設定されている婚活パーティーでは、身分証明証などの提示が求められることがあります。といっても、年齢制限ギリギリなら参加の対象範囲です。

心配する必要はなく、パーティーに参加できます。もっとも、心配になることは自分の想像に過ぎません。年齢制限のある婚活パーティーは、年齢を絞ることのメリットを考えて企画されています。

制限ギリギリだと相手が見つからないのではないか、そんな不安を自ら持たないようにしましょう。

結婚相手との相性には、年齢が関係してくるのも事実です。ただ、年齢が全てではありません。他にも、さまざまな個性が2人の相性を左右します。

年齢にばかりこだわっていると、婚活のみならず結婚後にも余計な悩みを増やしてしまいそうです。年齢制限ギリギリで参加したとしても、それがむしろチャンスになると思えば人を寄せ付ける力になるでしょう。

年齢で気後れするより、それ以外の個性を活かして参加者と交流してみてはいかがでしょうか。そう考えると、婚活パーティーで年齢が不利になることはありません。

ただし、待っているだけの姿勢では年齢が不利になってしまうリスクが高まります。なぜなら、パーティーに参加した男性は第一印象を年齢や見た目で判断するからです。

遠巻きに見ているだけの人とは、接触がないだけに年齢や見た目以外の良さがわかりません。他に魅力的な個性があると伝えるためには、参加者と接触する必要があります。

男性も、積極的な人ばかりではありません。積極的な男性から声をかけられるのを待っていれば、全く声をかけられない場合もありますし、女性に声をかけなれている男性しかお相手候補に上らなくなります。

成婚の可能性を高めるためには、より多くの人と交流するのがカギです。自分の年齢に遠慮などせず、気になった男性には自分から接近してみることをおすすめします。

年齢制限オーバーでも参加できる?

では、年齢制限ありの婚活パーティーで制限オーバーの年齢だったらどうでしょうか。この場合は、基本的には参加資格がありません。

年齢確認ができる身分証明証の提示は男性のみに求められることが多いものの、女性にも同じ条件が課されることがあります。どうしても参加したい婚活パーティーがある場合は、主催者に問い合わせてみるのが一番です。

婚活パーティーの企画によっては、年齢制限が設けられていても厳密ではない場合があります。便宜的に年齢制限を設定しているだけで、このくらいの年齢の参加者が集まってくれればとアバウトに考えていることもあるのです。

その場合は、問い合わせて参加したい旨を伝えれば参加可能になる可能性も出てきます。

厳密に年齢範囲を絞ることを目的とした婚活パーティーの場合は、主催者に問い合わせて希望を伝えてもお断りされる可能性が高いです。

もちろん問い合わせてみなければわかりませんが、年齢制限をしっかり設定しているにもそれなりの理由があります。年齢を詐称してパーティーに参加しても、バレたら厄介なことになります。

今後、その主催者が企画する婚活パーティーに一切参加できなくなるかもしれません。念のため問い合わせてみることはおすすめしますが、しつこく食い下がるよりは別の婚活パーティーを探したほうが早いこともあります。

あらかじめ設定された年齢制限を超えているケースにも、いろいろあるでしょう。40歳までを制限としている婚活パーティーに、41歳の人が参加希望なこともあります。

同じパーティーに49歳の人が参加を希望しているのとは、印象が違ってきます。年齢を厳密に制限している婚活パーティーでは、その印象ギャップが大きいことが懸念点です。

無理して年齢制限オーバーのパーティーに出たいと希望しなくても、他の婚活パーティーで良い出会いが見つかる可能性に賭けてみたほうが効率的です。

婚活パーティーの年齢はどう選べばいい?

婚活パーティーにどのくらいの年齢層が集まるかは、無視できることではありません。趣味のサークルの集まりではなく、結婚相手との出会いを探すパーティーだからです。

年齢差が大きくても問題ない夫婦もいれば、最初は問題ないと感じてもやがて年齢差に不満が出てくる夫婦もいます。

年齢差が大きい相手との結婚には自信がないという場合は、自分と年齢が近い人が集まる婚活パーティーを選ぶとよいでしょう。

どのくらいの年齢の人と合うかわからない、範囲を最初から狭めたくないといった場合は、2つのタイプの婚活パーティーを試してみてはいかがでしょうか。

年齢制限があるタイプ、年齢範囲が広いタイプのどちらにも参加してみるのです。年齢制限があったほうがいいかどうかの選び方は、どちらも体験して自然とわかります。

はじめから相性がよい年齢がハッキリしている場合は、婚活パーティーでも参加者の年齢に注目して選ぶとよいでしょう。年齢を最優先に結婚相手を探すのは、出会いの範囲を狭めることになります。

年齢以外の個性で、相性が良い人と出会えるチャンスは減ってしまうかもしれません。といっても、婚活パーティーはたくさん開催されていますから数多くのパーティーに参加して良い人と出会える可能性を広げるのも一つの手です。

アラフォー女性でなかなか結婚できないと悩んでいるなら、年下や年上の好みはあってもまずは分け隔てなく出会いを求めてみてください。

年齢を最優先にこだわらずに結婚相手を探すことで、どんな個性を持つ人が自分と相性がよいのかに気付くでしょう。そのうえで婚活パーティーを選べば、成婚の確率を高められるはずです。

婚活に年齢制限は不要!

婚活パーティーの年齢制限を気にするあまり、婚活に年齢制限があるように解釈するのはおすすめできません。それでは、ある年齢に達したら結婚はできず、婚活しても無意味ということになってしまいます。

婚活は、何歳になってしてもよいことです。それは、何歳で結婚してもよいこととつながっています。自分に年齢制限をつけるのは、やめましょう。

婚活パーティの年齢

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る