いいねが減る?マリッシュのオンライン非表示のメリットとは?

1303view

2019.03.10

目次

シンママやシンパパの利用者が多いだけあって、信頼性の高い婚活アプリとして知られているマリッシュ。とはいえ、婚活アプリである以上リスクを心配している人も多いでしょう。

マリッシュオンライン非表示

特に、女性が抵抗感を覚えがちなのが自分の情報が不特定多数の人に公開されてしまうこと。

そこで今回の記事では、マリッシュに興味はあるけどリスクを避けて安全に使いたいと思っているアラフォー女性に向けて、オンライン非表示や非表示機能、ブロック機能などの活用法についてまとめてみました。

ログイン状況がわかる!オンラインを表示するメリット

マリッシュで気になる相手を見つけたら、その人のプロフィール画面を見てみましょう。すると、相手のログイン履歴が確認できるようになっており、この仕組みを「オンライン表示」と言います。

ログイン履歴の種類は「オンライン」「24時間以内」「1週間以内」「1ヶ月以内」の4種類。

つまり、オンライン表示がONになっている場合は相手がリアルタイムで利用しているかどうかが分かるだけでなく、どれくらい熱心にマリッシュで婚活しているのかを知るヒントになるのです。

マリッシュは真剣に結婚したいと思っている男女のための婚活アプリですから、いかにマッチング率を上げるかが勝負と言っても過言ではありません。

そして、マッチングを成立させるには「いいね」を送った相手から「いいね」を返信してもらう、もしくは「あしあと」を残した相手から「あしあとありがとう」と返信してもらうかの二通りの方法があります。

つまり、より多くの「いいね」や「あしあとありがとう」を返信してもらうには、リアルタイムで利用しているオンラインの相手か少なくとも24時間以内にログインしている相手が狙い目なのです。

もちろん、考えていることは相手も同じ。相手からの返信を期待して「いいね」を送った人にとって、レスポンスの早い人が好まれるのは当然と言えるでしょう。

そのため、オンラインを非表示にしている人よりも表示している人の方が初めての相手から「いいね」がもらえる確率が高いのです。

見られたくないなら?オンライン非表示にするメリット

確かに、オンラインを表示しておくと意中の相手とマッチングが成立する可能性はアップしますので有効なツールと言えます。ですが、メリットばかりとは言い切れません。

なぜなら、マリッシュのオンライン表示は相手のログイン状況が一目で把握できると同時に、自分のログイン状況もその他大勢の会員に公開されているからです。

まして、「見ず知らずの人に自分の行動パターンを知られたくない」「全く興味のない相手からしつこく連絡が送られてきて、どうして良いか分からない」という人なら尚更でしょう。

そんな時のために用意されているのが「オンライン非表示」という機能です。

結婚という共通の目的があるとはいえ、自分の条件とかけ離れた相手とやり取りするのは気が重いモノ。知り合い相手でも断るのは難しいのに、婚活アプリ上でしか知らない相手をかわすのは勇気がいりますよね。

その点、オンラインを非表示にしておけば問題の相手とログイン時間が被ってもバレる心配がありません。その上、たとえ連日のようにグインしていても他の会員に知られる恐れがないので、ストレスフリーで婚活に集中できるのです。

いいねは減るかも?オンライン非表示にするデメリット

オンライン非表示には自分の行動パターンを知られずに婚活に熱中できる、交流を絶ちたい相手からの連絡をさり気なく避けることができるという2つのメリットがありますが、実は副作用もあるのです。

結婚相手を効率的に探すためにマリッシュに入会している人にとって、マッチングの可能性が低い相手より高い相手が魅力的なのは当然でしょう。

そのため、頻繁にログインしている人ほど「熱心に婚活している」と思われる分、アプローチされやすい傾向にあります。ところが、オンライン非表示にしている人はログイン履歴が表示されません。

その結果、たとえプロフィールを見て気にいってくれた人がいたとしても、婚活への本気度が相手に伝わりづらいのです。

オンライン非表示は、安全にマリッシュを使いこなすツールであると同時にマッチングを成立させるチャンスを自ら逃してしまうリスクを伴っています。

中には、「今年中に結婚相手を見つけたい」「子供が産めるうちに結婚したい」と切実に願っていても、オンライン非表示にした途端「いいね」が減って思うように婚活がはかどらなくなったという人も少なくありません。

とはいえ、マリッシュのシステムは状況に合わせてオンラインを表示するか非表示にするか選べるのが魅力。

オンライン非表示にしたタイミングと「いいね」が減ってきたタイミングが重なっている場合は、もう一度オンライン表示に切り替えることも可能です。

マリッシュでオンライン非表示にする方法

マリッシュでは初期設定の段階でオンライン表示になっていますので、オンライン非表示に切り替えるには自分で設定を変更しなければなりません。

とはいえ、設定の変更方法はとっても簡単。確認も含めてわずか3ステップでオンライン非表示に切り替えることができるのです。

まずは、「各種設定」をタップしましょう。すると、「オフラインモード設定」という画面に切り替わりますので「設定する」をタップします。最後に「オフラインモードの設定を更新しました」と表示されたのを確認して設定完了です。

もう一度オンライン表示に戻したい時は、同じ手順で「設定しない」をタップして切り替えましょう。女性は無料会員で使える機能の中にオンライン非表示が含まれていますので、ポイントを使う必要もなく何度変更してもOK。

一方、男性の場合はプレミアム会員にアップグレードしなければオンライン非表示機能は使えません。安全性を重視しがちな女性だからこそ、有利な条件で使えるように配慮されているのかもしれませんね。

マリッシュのログインに関するトラブルと対策方法

ごく稀ではありますが、「今日も頑張って婚活しよう」と意気込んでマリッシュを開こうとしたらログインできなかった…という困ったトラブルも報告されています。

ログインのトラブルを大きく分類すると、facebook認証の人だけに起こるタイプと登録方法に関わらず起こるタイプの2種類に分けられるのが特徴です。

ここでは、マリッシュにログインできなかった時の主な原因と対処法について4つのケースをご紹介しましょう。

特にありがちなのが、「facebook認証」でマリッシュに登録している人のうっかりミスです。

facebook認証には、実名制ならではの安心感や簡単に登録できるという大きなメリットがある反面、facebookのアカウントを閉鎖してしまうとマリッシュまで利用できなくなってしまうという致命的なリスクがあります。

なぜなら、facebookとマリッシュの間で性別やプロフィール画像といった必要最低限の情報を共有しているからです。つまり、マリッシュにログインするには再登録するしかないのです。

もう一度facebookのアカウントを取り直す、もしくは携帯やGmailなどのメールアドレスを使ってマリッシュに再登録しましょう。

ただし、再登録するには一定期間を空ける必要がある上、今までやり取りしたメッセージ履歴もリセットされてしまうので注意が必要です。

一方、携帯やGmailなどのメールアドレスを使ってマリッシュに登録している、もしくはfacebookをやめていないのにログインできないという場合は、「動作確認済みのブラウザ」を使用していない可能性があります。

ヘルプページに一覧表が掲載されていますので使用しているスマホやタブレット、PCなどが対応しているか確認してみましょう。

加えて、「Cookie」や「JavaScript」が無効になっているのもログインできない原因です。有効に切り替えてから、もう一度ログインしてみましょう。

ログインパスワードを忘れたときの対応方法

意外と多いのが、ログインパスワードを忘れてしまうケースです。そんな時は、トライアンドエラーを繰り返すよりパスワードを再発行してもらうのが解決への近道になります。

ログインページの中央にある「パスワードをお忘れの方」というボタンをタップします。次の画面に切り替わったら、登録時に使ったメールアドレスを入力しましょう。

続いて「パスワード再発行」をタップすると指定したメールアドレスに新しいパスワードが記載されたメールが届きます。あとは、再発行されたパスワードでログインするだけ。再発行されたパスワードは、忘れないようにメモしておいて下さいね。

安全にマリッシュを使う方法

マリッシュをオンライン表示と非表示にする際のメリットやデメリットについて見てきましたが、安全にマリッシュを使う方法には、どのようなものがあるのか細かく見て行きましょう。

安全にマリッシュを使う方法1:個人情報は開示しない

婚活アプリで出会ったカップルには、知り合ってから結婚までの期間が短いという傾向が見られます。

特にマリッシュはバツイチをはじめシンママやシンパパの利用率が高く、条件が似ている結婚相手を探している人にとっては効率的で便利なツールと言えるでしょう。

とはいえ、マッチングが成立したばかりの相手に自宅の住所や職場の会社名などの個人情報をむやみに教えるのは考えモノ。

知らない人同士を結びつけるツールだからこそ、「自宅までストーキングされる」「つきまとわれて実家に身を寄せる」などのリスクが全くないとは言い切れません。

もちろん結婚したい男女が利用するためのアプリですから、いつかは自然の流れで個人情報も開示することになるでしょう。ですが、安全性を考えるなら自分の身は自分で守るのが鉄則。

お互いの人柄を深く理解して信用できる相手だと確信が持てるまでは、トラブルに繋がるような個人情報は明かさない方が賢明です。

例えば、具体的な住所ではなく地域や最寄りの駅を、会社名ではなく職業を教える程度にしておきましょう。詳しい個人情報を開示するのは、具体的な結婚話が浮上してからでも遅くはありません。

安全にマリッシュを使う方法2:ブロック機能を利用する

どんなに好条件の異性が集まっている婚活アプリでも、安全に使えなければストレスを感じてしまいますよね。

事実、もっと付き合いを深めたいと思える相手と出会えることもあれば、逆に速やかに接触を断ちたいと感じる相手と出会ってしまうのも婚活アプリならではの特徴。

それは、婚活アプリの中でも会員の身元確認がしっかりしていると評判のマリッシュも例外ではありません。

もし、マリッシュ上で「もしかしてつきまとわれているかも…」「メッセージの送信が多すぎてちょっと怖いかも…」と不安を抱えているなら、「ブロック機能」を使ってみるのも有効な手段です。

ブロック機能は特定の相手に対して自分の情報を検索させないようにする仕組みになっていますので、たとえ相手から検索されても結果に反映されません。

つまり、まるで退会したように見せかけることができるのです。ログイン状態のみを隠すオンライン非表示だけでは物足りないという時に活躍してくれます。

ブロック機能を設定したい時は、まず相手の詳細プロフィールを開きましょう。あとは表示されている「ブロック」ボタンをタップするだけの2ステップで完了です。

もちろん、ブロックした相手以外には影響しませんので安心して新しい出会いに専念できますよ。

安全にマリッシュを使う方法3:あんしん電話の利用

マリッシュ上でマッチングが成立した後は、メッセージのやり取りがスタートします。

その後は、自然の流れで「そろそろ会ってみましょうか」という展開になるのが一般的ですが、中には活字や画像情報だけでは「相手の人物像がイメージできない」「会うべきかどうか判断できない」という人も少なくありません。

だからと言って、まだ一度も会ったことがない人に携帯電話の番号やLINEのIDを教えるのは気が進まない…という人も多いでしょう。そんな時に便利なのが、マッチングが成立しているカップル向けに提供されている「あんしん電話」という機能です。

自分の個人情報を公開しなくても使える上、おしゃべりができる音声通話で相手の声を聞くことで「話す前より相手のイメージが沸いてきた」「不安が消えて直接会う勇気が持てた」という人も珍しくありません。

ただし、費用については性別によって条件が異なります。女性は無料なのに対して、男性は1分につき1Pのポイントが発生するのが難点。あんしん電話で会話をする時は、男性の料金負担にもさり気なく配慮してあげましょう。

安全にマリッシュを使う方法4:相手がfacebook認証か確認

マリッシュに登録する場合、facebookのアカウントもしくはメールアドレスの2種類から選べる仕組みになっています。注目点は、facebookが基本的に実名で利用する信頼性の高いSNSだという点です。

言い換えれば、facebookのアカウントを持っている人は100%とはいかないまでも、実名を明かしている分だけ信頼性が高い人物だと判断できます。

だからこそ、いくらでも匿名で創作できるメールアドレスで登録している人よりもfacebook認証で登録している人の方が、安全性の面で格段に高く評価されているのでしょう。

マリッシュを安全に使いこなしたい、できるだけ信用できる人とマッチングしたいと思っているなら相手のプロフィールをチェックしてみましょう。

プロフィールに「f」の文字が表示されていれば、facebook認証で登録している人だと一目で分かります。ちなみに、facebook認証の人だけをターゲットに搾るには「f」のキーワードでプロフィールを検索するのが近道ですよ。

安全にマリッシュを使う方法5:メイン写真は顔写真以外に

プロフィールに掲載するメイン写真は、顔写真に限定されている訳ではありません。事実、ペットや風景だけでなく食べモノをメイン写真として掲載している人もいるほどです。

とはいえ、人は見た目より中身が肝心とは分かっていても全く容姿を気にしない人が少ないのも事実。できれば性格や結婚観に加えて見た目も好みに近い方が好ましいと思うのも当然かもしれません。

何より、素顔の写真を載せている人の方が人物像をイメージしやすいのでインパクトが強く印象に残りやすいのが大きなメリットと言えるでしょう。そのため、顔写真の方が興味を持ってくれる人も「いいね」を送ってくれる人も多いようです。

ですが、人気よりも安全性を優先するなら別問題。全ての会員に公開されるプロフィールのメイン写真から身元がバレてしまったり、職場の人に気づかれてしまったり…思わぬトラブルに発展しかねません。

だからこそ、リスクの低い顔写真以外の写真を設定しておく方が無難なのです。とりあえず、身元が分からないように当たり障りのない写真を掲載しておきましょう。

顔写真を見せるのは、マッチングが成立した後でも遅くはありません。マッチングが成立したカップルだけが使えるメッセージ機能を利用すれば特定の相手だけに顔写真を公開できるので、余計なトラブルも避けられますよ。

安全にマリッシュを使う方法6:SNSのニックネームと同じにしない

マリッシュが婚活アプリの中でも安全性が高いと評価されているのは、徹底した年齢確認と実名制というアドバンテージが魅力のfacebook認証を取り入れつつ、ニックネームを設定することで一定の匿名性も兼ね備えているから。

もちろん、全会員に向けて実名を公開する必要はありません。だからと言って、他のSNSと同じニックネームを登録するのは考えモノです。

なぜなら、ニックネームという共通点から身元がバレてしまう可能性があるからです。つまり、マリッシュとSNSで同じニックネームを使用するということは、せっかくの匿名性を台無しにするようなもの。

もし、結婚相手は見つけたいけど婚活していることを誰にも知られたくないと思っているなら、日常的に使っているSNSとは全く別のニックネームを登録しておいた方が安全ですよ。

安全にマリッシュを使う方法7:あしあとをOFFにする

自分のプロフィールを見てみると、知らない人の「あしあと」が残っていることがあります。これは、誰かが自分に興味を持ってくれた証拠。その反面、自分が誰かのプロフィールを見た時も同じように閲覧記録が残ってしまいます。

ここで問題となるのが、あしあとが持つもう一つの意味。プロフィールを見ただけであしあとが残ってしまい、相手から「あしあとありがとう」や「いいね」を返信されるとマッチングが成立してしまうのです。

もちろん、自分が気に入った人から返信されてマッチングが成立した場合はラッキーですが、厄介なケースがあるのも事実。

もし、プロフィールをチェックした結果「結婚観が合わなかった」もしくは「イメージと違っていた」という人から返信されてマッチングが成立してしまったらトラブルに繋がり兼ねません。

しかも、自分にその気がないことを相手は気付いていませんので、期待に胸を膨らませているはずです。

興味のない相手とマッチングが成立するのは避けたい、あしあとを残さずに思う存分プロフィールをチェックしたいという場合はあしあと機能をOFFにしておきましょう。

安全にマリッシュを使う方法8:line交換をしたい人に注意

安全性を確保したいなら、本格的な付き合いが始まるまではマリッシュ上だけの付き合いに限定しておいた方が賢明です。

マリッシュには、マッチングが成立した相手と安全に交流を深められるようにメッセージやあんしん電話など十分な機能が用意されています。

にも関わらず、あえてマリッシュ以外の方法を持ちかけてくる人がいるのです。特に、マッチングが成立してすぐに「lineを交換しませんか」と誘ってくる人には要注意。

このようなタイプには、結婚よりも女性と遊びたいと思っている人をはじめセールスや宗教の勧誘、有料サイトへアクセスさせようと誘導する詐欺まがいのケースが多いのです。

結婚へ向けての話し合いが具体的に始まった、もしくは相手を心から信用できるようになるまでは徹底してline交換を避けるのが、下心を抱いて近づいてくる人をシャットアウトするコツですよ。

安全にマリッシュを使う方法9:勧誘には乗らない

マリッシュに限ったことではありませんが、婚活アプリに登録している人の中から100%要注意人物を取り除くことは不可能に近いと言っても良いでしょう。

もちろん、マリッシュでも安全対策の一環としてサイトの監視を行っているようですが、まるで「いたちごっこ」のようなモノ。特に厄介なのがビジネス目的の業者で、手口を巧妙に進化させているのが実情です。

中には、同業他社に乗り替えさせようと誘ってきたり自作のブログに有料サイトのURLを貼ってアクセスさせようとしたりする悪質なタイプもいて、まさにあの手この手で勧誘してきます。

どんなに好みの相手だったとしても、婚活アプリで知り合った人からの勧誘には乗らないのが鉄則です。

確かに、ビジネス目的で勧誘してくる人は人当たりが良くセールストークに長けていますので、思わず誘いに乗ってしまいそうになるかもしれません。

ですが、それでは相手の思うツボです。そもそも、結婚相手を探すのが目的であれば他のサイトやサービスに勧誘する必要はないはずです。

婚活の目的は果たせない相手だと見切りをつけた上で、二度と接触してこないようにブロックしておきましょう。また、他の会員が被害に遭わないようにマリッシュに違反報告をしておくのも有効な手段です。

マリッシュをスムーズに使う方法

安全にマリッシュを使う方法について見てきましたが、続いては、さらに一歩進んで、マリッシュをスムーズに使う方法について考えて行きましょう。

マリッシュをスムーズに使う方法1:プロフ検索

マリッシュをスムーズに使いこなすには、使用が認められている機能の役割と効果を理解するのが近道です。中でも、基本的な機能の代表格と言えるのが「プロフィール検索」です。

自分の条件に合っている人だけを一覧で表示できるのが特徴で、初心者だけでなく経験豊富な人も使っています。

ですが、プロフィール検索は条件が絞れる便利なツールではあるものの、年齢をはじめ職業や居住地など結婚相手に求める条件は多肢にわたるのが常。

検索する条件によっては最後まで見きれないほど大量の人がヒットしたり、逆に該当人数が少なすぎて物足りなかったりと、コツが掴めるまでは思うような結果が出せない人も少なくありません。

だからこそ、最初にすべきなのは自分が相手に求める結婚条件をリストにすることです。マリッシュのプロフィールを設定しながら考えるのもおすすめの方法です。

続いて、結婚条件の中で「これだけは外せない」という条件を筆頭に優先順位をつけておきましょう。

その上で、優先順位の高い方から一つずつ条件を増やしていったり変更したりしながら検索するのが、プロフィール検索をスムーズに使いこなすコツですよ。

マリッシュをスムーズに使う方法2:グループへの加入

婚活アプリを利用する目的はあくまで結婚相手を見つけることですから、最終的には1対1でのやり取りになります。

ですが、なかなかマッチングが成立しない人やプロフィール検索に手間取ってしまい条件の合う相手が見つからないという人も少なくありません。そんな時に便利なのが「グループ作成/参加」という機能です。

グループに参加すると価値観をはじめ物事に対する考え方や趣味趣向、結婚観など自分と似ている人と知り合えるという大きなメリットが得られます。

特に、マリッシュを始めたばかりで1対1でのやり取りに不安を感じている人や引っ込み思案な人などに人気で、「グループ検索」という機能で絞り込むことも可能です。

ただし、どんなに複数の条件がマッチしていてもグループの人数が少ないほど選べる相手の選択肢が限定されるのが難点。

もちろん、限られた人数の中でお互いに気に入った人と出会えればラッキーですが、あまりにも人数が少なくて期待したような出会いに恵まれなければ、可能性を求めて他のグループに加入し直した方が良いでしょう。

逆に、グループの参加人数が多ければ多いほど選べる相手の選択肢が増えていきます。つまり、より多くの人とマッチングを成立させるには人数の多いグループを選ぶのがコツなのです。

グループを検索する時の条件が多いほど参加人数の少ないグループが、少ないほど参加人数の多いグループがヒットする傾向が見られます。

そのため、外せない条件を優先しつつ優先順位の低い条件を一つずつ除外しながらグループを選ぶのも一つの方法ですよ。

マリッシュをスムーズに使う方法3:自分からもいいねをする

マリッシュのシステムでは、お互いに「いいね」を送り合うことでマッチングが成立したとみなされます。

もちろん、ただ待っているだけで次から次へと「いいね」が送られてくるような人なら、後は自分が気に入った人を選ぶだけですから苦労はありません。

ですが、そんなラッキーな人はごく稀なケース。特に女性にありがちなケースですが、待っているだけでは中々「いいね」をもらえない人が多いようです。

一方、たとえ女性であっても積極的に自分から「いいね」を送っている人は、それなりの成果が出ています。そもそも、婚活アプリを利用している人は性別に関わらず結婚を目的にしているのですから恥ずかしがる必要はありません。

ただし、「いいね」が欲しいからと言って手当たり次第に送信するような手法はおすすめできません。

あくまで自分の結婚条件に合っているかどうかを見極めたうえで送らなければ、全く興味の持てない人から返信されて時間をロスしてしまう可能性が高いのです。

また、お互いの住んでいる場所が離れすぎているのも考えモノでしょう。マリッシュ上でやり取りするだけなら問題ありませんが、結婚へ向けて付き合うようになるとデートの障害に成り兼ねません。

マッチングが成立した後のリアルな付き合いを想定しつつ条件の合う人に狙いを定めて「いいね」を送り、返信が届くのを待ってみましょう。

マリッシュをスムーズに使う方法4:利用者の傾向を把握する

どんなに成功率が高い婚活アプリでも、自分の希望と利用者の傾向がマッチしていなければ効果が半減するのは当然でしょう。だからこそ、スムーズなマッチングを目指すには利用者の傾向を把握しておくべきなのです。

ちなみに、マリッシュにはバツイチをはじめシンママやシンパパなどの利用率が高いという傾向が見られます。加えて、30代以降のアラフォー世代が多いのも特徴の一つです。

そのため、初婚や20代の結婚相手にこだわりが強い人にとっては条件の厳しい婚活アプリと言えるでしょう。

一方、子連れで再婚を目指している人や相手に子供がいても負担にならないという人にとっては、実に貴重でありがたい婚活アプリと判断できます。

マッチングリストが溜まったら?非表示機能で対応

マリッシュの利用方法は、その人の経験値によって変化していく傾向が見られます。

使い始めの初期は「いいね」を集めてとにかくマッチングの成立に心血を注いでいたという人も、数カ月たって慣れてくると特定の相手を見定めて関係を深めることに熱中しているようです。

ここで問題となるのが、慣れてきた頃に気づく溜まり溜まったマッチングリストの山。中には、マッチングリストの管理に手間取っているうちに最も優先すべき第一候補との付き合いが疎かになってしまう人も少なくありません。

そんな時におすすめなのが「非表示」という機能です。

使い始めの頃にマッチングが成立した相手は思い入れが深いモノですが、うっかりタイミングを逃してしまい、接触を断てずにズルズルと友達関係が続いているケースも珍しくありません。

結婚相手を探していたはずが、これでは本末店頭です。だからこそ、マッチングリストが溜まっていると気付いた時が整理する絶好のタイミングなのです。

非表示機能を使ってリストに表示できるプロフィールを制限してみましょう。マッチングリストが管理しやすくなる分、本命の相手を絞りやすくなりますよ。

オンライン非表示以外で安全に使える方法を検討しよう

オンライン非表示には、会員全員に自分の行動パターンが知られるのを防ぎつつ接触を断ちたい相手をさり気なく遠ざけられるというメリットがあります。

だからこそ、マリッシュを安全に利用するために欠かせない便利ツールとも呼ばれているのでしょう。その反面、婚活への熱意が相手に伝わりづらく結果的に「いいね」をもらえる可能性が低下するのが難点。

ログイン履歴が表示されないのですから、休止中と勘違いされたり見つけてもらいにくくなったりするのも当然かもしれません。

そんな時は、オンライン非表示だけにこだわらずブロック機能やあしあとをOFFにするなど、他の機能も検討してみましょう。マリッシュなら、たとえオンライン非表示を使わなくとも複数の方法を組み合わせることで、十分な安全性が期待できますよ。

マリッシュオンライン非表示

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る