婚活サイトで出会ってから付き合うまで期間と流れを男性心理で考える

628view

2019.01.08

目次

婚活サイトで付き合うまで?第三者を介したお見合いと違って、自分のペースで婚活を進められるのが婚活サイトの便利な点です。ただ、お付き合いをする際には、男性側のペースに女性も合わせなければなりません。

付き合うまでの男性心理

付き合うまでの期間や流れを男性がどう考えているかは、女性にとっても気になるところですよね。ここでは、婚活サイトで出会った2人が付き合うまでの期間や流れを、男性心理から考察していきます。

男性は付き合うまでの期間をどう考えている?

婚活サイトで出会った女性と男性が実際に付き合うまでの期間は、平均2カ月から3カ月前後と言われています。

婚活パーティーや結婚相談所などのほかの婚活サービスを利用した場合も、だいたいこのくらいの期間を経て女性と交際を始める男性が多いようです。

婚活サイトを利用する場合、男性としてもまずは相手のことをよく知ってから本格的な付き合いを始めたいというのが本音です。2カ月から3カ月といった期間は、男性にとっても女性の情報を得るのに必要な時間になっているわけです。

ちなみに、本格的に付き合うまでのデートの回数は、平均2、3回ほど。婚活サイトを利用している女性にも、「2回目や3回目のデートで相手から交際を申し込まれた」というパターンが多く、比較的短い期間で決断をするのが男性の傾向のようです。

できるだけ早く結婚をしたい男性にとって、交際期間をいたずらに引き延ばすのはいろいろな面でデメリットが大きくなります。例えば、毎回のデートの費用を負担しなければならないと、経済的な負担が生じてきます。

このような状況を避けるためにも、2カ月から3カ月の間にしっかりと相手の見極めをして、決断を下したいというのが一般的な男性の心理です。

概して、女性よりも熱しやすく冷めやすいところがあるのが男性の傾向です。そのためか、お目当ての女性が見つかった場合には余り時間をおかずに交際を申し込む男性も多く見られます。

1回目や2回目のデートで、「付き合ってください」と言われたときには、相手の男性からかなり気に入られている可能性が高いでしょう。

本気で結婚を考えている男性は、女性との1回ごとのやり取りから最大限の情報を得て、判断を下しています。男性の気持ち次第では、付き合うまでの平均的な期間よりも短い間に交際がスタートすることもあるわけです。

ただ、男性としても「結婚を焦っている」と女性から思われるのは避けたいところ。精神的な余裕をアピールするために、デートやメッセージ交換のペースを落とす男性もいます。

男性の心理は、その都度相手の状況を見ながら判断していくのがベストでしょう。

付き合うまでのステップ1「相手の絞り込み」

婚活サイトで男性が婚活をするときには、プロフィールなどから好みの女性を絞り込むのが最初のステップです。女性の場合も、婚活サイトに公開されている男性の職業や年収、家族構成などをチェックして相手を絞り込んでいる人が多いのではないでしょうか。

男性も、必要に応じてサイトの検索機能などを使って、女性の絞り込みを行っています。男性の場合は、このような絞り込みをする際の基準が女性とは少し異なることが多いです。

例えば、多くの女性が重視している相手の年収や職業は男性にとってはさほど重要でない場合もあります。

男性が最初にチェックするのは、やはり女性の容姿です。例えば、プロフィールに掲載されている顔写真は男性にとってはとくに重要なチェックポイントになってきます。

また、年齢も多くの男性がチェックしているポイントです。婚活市場では自分よりも5歳程度年下の女性を好む男性が多いという説があります。

自分の年齢とのバランスを考えつつも、できるだけ若い女性を探したいのが多くの男性の本音と言えるでしょう。婚活サイトのように膨大な数の会員から相手をピックアップできるときには、とくにこのような条件にこだわる男性が増える傾向があります。

ただ、男性は容姿や年齢以外のポイントもしっかりと見ています。プロフィールに掲載されている自己紹介のメッセージや趣味、仕事のジャンルなどから、自分と合いそうな相手かどうかを判断するところは男性も女性と同じです。

男性が結婚相手を探す場合、「居心地のよさ」は大切なポイントになってきます。趣味が同じだったり休日の過ごし方が似ていたりすれば、「自然体で付き合える相手」としてその女性との交際を考える男性も少なくありません。

男性にとっても、ポジティブな結婚生活がイメージできるかどうかが最終的に判断の分かれめになるわけです。

このような男性の心理を考えると、アラフォー女性もプロフィール欄には正直に自分の趣味や興味があることなどを書いたほうがよいかもしれませんね。意外な趣味が2人の接点になることも十分に考えられます。

付き合うまでのステップ2「メッセージのコミュニケーション」

プロフィールを見て選んだ相手に「いいね」を送って自分の存在をアピールしたり、メッセージで簡単な自己紹介を行ったりするのが次のステップです。

どのような方法で男性が相手にコンタクトをとるかは、利用しているサービスや契約中のコースによっても多少異なります。例えば、無料会員になっている男性は、メッセージ機能などは使えないことがあります。

こういった男性は、気に入ったことを伝える「いいね」などを送って女性からの反応を待つケースが多いです。婚活サイトに登録している男性には、「いきなりメッセージを送るのはちょっと」と考えている慎重な男性もいます。

サクラの女性や詐欺に引っかからないためにも、相手への最初のコンタクトは順を追って行う男性が少なくありません。婚活サイトによく設けられているメッセージ機能は、男性にとっても女性を知るためのツールになってくれます。

相手が思い描いていたイメージ通りかどうかや女性のリアクションなどは、このようなツールである程度チェックができます。本気で結婚相手を探している男性の場合、メッセージの文面などから女性の社会性やマナーもチェックしているケースがほとんどです。

例えば、相手の都合を考えた常識的な判断ができるかどうかは、重要なチェックポイントの1つです。

相手の女性から自分がどう思われているかは、男性にとっても気になる問題です。何回かメッセージを交換すると、女性側の気持ちも少しずつわかってくることがあります。

例えば、メッセージを送っても反応がなかったり、素っ気ない文面だったりする場合には、女性から余り気に入られていないと判断できるでしょう。こういったときには、それ以上相手に近づくのをやめられます。

メッセージだけのやり取りであれば、万が一相手から拒否されても痛手は少なくなりますよね。付き合う前に行うメッセージ交換は、男性にとって自分を守るための1つの方法にもなっているわけです。

付き合うまでのステップ3「デート」

メッセージで相手からの反応がよければ、頃合いを見てデートに誘ってみるのが一般的な男性の婚活の流れです。デートの誘いは、もちろん女性側からするケースもあります。

話題にしていたお店や観光スポットなどにさりげなく誘う、などは、お決まりの初デートの誘い方。男性にとっても、このような初デートは女性とより距離を縮めるチャンスです。

相手の女性を気に入っているときには、よい印象を与えようと初デートで張り切る男性も多く見られます。

相手と直接顔を合わせるデートは、メッセージではわからなかったいろいろな情報が得られる場でもあります。例えば、相手の雰囲気や会話が弾むかどうかなどは、デートで男性がチェックしている点です。

会話の内容やデート中の女性の行動などは、自分との相性を知るうえでも役立つ情報になってくれます。また、デートをすると相手の女性の金銭感覚もわかってくることが多いです。

当日のファッションはもちろんですが、注文したメニューやショッピングで立ち寄ったお店から、お金の使い方をチェックしている男性もいます。

デートをしてからますます相手への思い入れが強くなった場合、男性にとっては次の約束をどう取り付けるかが1つの課題になってきます。

今後も引き続き会いたいときには、初デートの帰りなどに次のデートの話題をだす男性も多いでしょう。いったん特定の女性が気になりだすと、競争心が湧いてくるのが男性心理です。

ほかの男性にお目当ての女性をとられないように、頻繁にメッセージを送ってくるようになる男性もいるかもしれませんね。デートの際に携帯電話の番号やメールアドレスを教えているときには、婚活サイトを通さずに直接連絡をしてくるケースもあるでしょう。

デートで相手の女性が余り気に入らなかった場合は、男性も以後の連絡を控えるのが一般的です。ただ、余り露骨に連絡をやめると女性を傷つける恐れがあるため、連絡の回数を減らして徐々に距離を置いていく、などの方法をとる男性が多いようです。

1回のデートで今一つ判断がつかない場合は、とりあえず2回目、3回目のデートをして自分の気持ちを確かめようとする男性もいます。

付き合うまでのステップ4「交際の申し込み」

婚活サイトで出会った相手と結婚を前提にお付き合いを始める場合、折を見て女性に正式に交際の申し込みをしたいと考えている男性も少なくありません。

不特定多数の人が集まる婚活サイトは、女性にとっても男性との出会いが豊富な場です。そのため、相思相愛なのがある程度わかっていても、正式な申し込みをしていないと不安になる男性もいます。

交際を申し込んでOKが得られれば、女性が自分との結婚を前向きに考えていることがわかるため、男性としても安心ができるわけです。

婚活サイトの場合、カップルが正式に付き合い始めてから結婚へ至るまでの期間は概して短いです。交際の申し込みとほとんど同時にプロポーズをする男性もいるため、場合によっては結婚までとんとん拍子に話が進む可能性があります。

交際の申し込みをする時点では、OKが得られそうだと男性側がある程度自信をもっているケースも多いです。

すでに女性とよいムードになっていたり、結婚の話題がでていたりすることが多く、形式的な意思の確認の場合もあるのがこのような交際の申し込みです。

万が一女性から断られてしまったときには、男性の心理的なショックはかなり大きくなるかもしれませんね。

ただ、なかには断られるのを承知で交際の申し込みをする男性もいます。どうしても諦めきれない場合、イチかバチかの賭けのつもりで女性に申し込みをする、などは婚活サイトを利用している男性にもよくあるパターンです。

申し込みの際に男性が抱いている心理は、ケースバイケースと言えるでしょう。

曖昧な態度の男性に注意しよう

婚活サイトを利用している男性の活動の進め方や考え方は、必ずしも同じではありません。例えば、いろいろな女性と付き合ってから相手を選びたいと考えている男性は、複数の女性と同時進行で交際をするケースがあります。

この手の男性は、結婚したい相手を選ぶのにも少し時間がかかるのが常。さまざまな女性と会ってからでないと最終的な判断ができないことから、デートでよいムードになってもほかの男性のようにスムーズに交際に至らない状況が考えられます。

こういった男性の曖昧な態度に振り回されてしまうと、女性は時間を浪費することにもなりかねません。

男性の反応が曖昧なときには、さりげなく理由を聞いてみることもときに必要になるかもしれませんね。状況によっては、その男性との付き合いをいったん保留にしてほかの男性と新たに交際を始めたほうがよい場合もあります。

アラフォー女性にとって婚活に無駄な時間をかけることは、必ずしも得策ではありません。婚活サイトにはさまざまな男性が登録をしているため、1人の男性に執着しすぎると出会いのチャンスを逃してしまう場合もあります。

気に入った男性がいるときにも、メッセージの交換などを通じて男性の選択肢を増やしておくのが合理的な婚活の進め方です。

婚活サイトのサービスを利用する場合でも、正式に交際を始める前であればいろいろな男性とデートをしても大きな問題になるケースは少ないです。

サイトの豊富な出会いのチャンスを最大限に活用すれば、幸せな家庭を築けそうな男性と出会うことも不可能ではないでしょう。

男性心理をチェックしておけば婚活対策も万全

婚活サイトを利用している男性の心理を知っておくと、女性も自分の婚活をよりスムーズに進められるようになるでしょう。

一般的な婚活の流れがわかれば、相手の反応などが自分の予想と少し違っていても、余計な不安や戸惑いを感じることが少なくなりますよね。ご紹介したような内容を参考にして、上手に婚活を行っていきましょう。

付き合うまでの男性心理

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る