これが現実!婚活しているアラフォーの本音はどうなっているの?

892view

2018.07.22

アラフォーとはいったい何?

流行語にもなった!

婚活している人の中でも、使われるフレーズとしてアラフォーがあります。アラ○○という言葉がかつて流行して、今現在完全に定着している印象がありますよね。では、アラフォーとは改めてどのような意味なのでしょうか?アラフォーは、アラウンドフォーティーの略となります。アラウンドは、日本語に訳せば周辺という意味になりますし、フォーティーは40歳という意味になります。

この二つを組み合わせて、40歳前後の年齢の方の事をアラフォーと呼んでいるのです。人生の中でも、40歳前後となると既に家庭を持っていてお子様がいる夫婦であれば、人生設計もしっかり考えなければならない時期です。また、未婚の方であれば、結婚適齢期を考えれば一刻も早く結婚したいものです!よって、アラフォーというタイミングは、大きなターニングポイントになり得るものなのです。

いつできた用語なの?

では、アラフォーとはいったいいつできた言葉なのでしょうか?歴史としては非常に浅く、2008年に流行した言葉です。当時は、アラフォーと共にアラサ―も大流行しました。ただ、本流としてはアラフォーの方が一般的に使用されることが多いのです。この言葉が流行したきっかけが、当時放映されていたドラマ「Around 40~注文の多いオンナたち~」です。

主人公が40歳女性であり、この年代特有の悩みに切り込んだストーリーで、大ヒットを記録しました。また、このドラマを略したフレーズとして、アラフォーが誕生しました。

アラフォーは何歳まで?

アラフォーは、あくまでも「40歳前後の年齢の女性」という漠然としたものしかなく、正確に何歳から何歳までという定義はありません。ただ、世間一般的な認識としては、37歳あたりから44歳までをアラフォーと認識されている方が多くいらっしゃいます。また、アラフォーはドラマの影響もあって、女性向けに利用される言葉であることも覚えておきましょう。

未婚のアラフォーの本音とは?

結婚願望は強い!

では、アラフォーは実際に結婚したいと考えている方は多いものなのでしょうか?まずは、世間のトレンドから言えば、年々晩婚化が進んでいるという事実があります。平均初婚年齢がすでに30歳近くまで到達する勢いとなっているのです。また、生涯未婚という方も増えています。

更にいえば、異性との交際経験がないという方も増加中です!このように、結婚に対して消極的になっている印象がありますが、そんな中でもアラフォーの結婚願望は強いのが事実です。それは、様々な要因があって結婚したいと考えるようになるのです。

アラフォーの結婚願望が強い理由は?

妊娠と出産を考えて早く結婚したい!

人間の本能として、子孫を残したいと思うのは当然のことと言えます。その中で、老化と共に男女ともに生殖機能が低下してしまうのは事実です。特に、女性の場合は年齢を重ねるごとに妊娠する確率が低下してしまいます。その一つのボーダーラインとして、40歳前後があります。

特に、40歳を超えると極端に低下するので、一刻も早く伴侶を見つけたいと思うのはうなずけます。また、妊娠・出産というだけでなく、高齢で結婚することで子育ても大変です。子育ては非常に体力のいるものです。その点でも、早めに対応した方がよいと考えて結婚したい!という願望を抱くのです。

訳あり感が出てしまう!?

アラフォーでまだ独身でいると、周囲からはどこか穿った目で見られてしまうのも事実です。特に怖いのが、良からぬイメージを付けられてしまう点です。例えば、容姿端麗なのにまだアラフォーで独身のままだと、何か理由があってあえて独身なんだろうな…というイメージを持たれてしまいがちです。噂が噂を呼び、まったく根拠のないデマまで出回ってしまうものです!よって、それを避けるためにも早く結婚したいと考えている方も多いのです。

容姿の衰えも気になってしまう!

女性の場合、一つのターニングポイントとしてアラサ―から美容をより意識していかなければなりません。若い時であれば、多少化粧などしなくても良かったのに…とお嘆きの方も多いことでしょう。また、アラフォーともなれば更にシミ、シワなどが目立ってきてしまいます。よって、美容を考えても、早めに結婚相手を見つけて結婚しておきたい!と思っているのです。

これは女性だけでなく、男性でも同様です。特に、男性の場合は頭髪が年齢と共に薄くなってくる問題があります。髪があるとないとでは、見た目が大きく変わってしまいます!よって、男女問わずすぐにでも結婚したいという願望が強くなります。

アラフォーが婚活する上でのポイントは?

マッチングサービスなどを利用して!

独身のアラフォーと言っても、様々な立場の方がいます。例えば、若い時からとにかく結婚したい!と思っていて、何度もチャレンジしても失敗してきた方もいれば、仕事に没頭しすぎて恋愛をしておらず、気づいたらアラフォーになったという方もいます。

どんな立場であるにせよ、まずはアラフォーである自分を受け入れてくれるパートナーを探さなければなりません。そこでより簡単に自分を受け入れてくれる人を見つけることができるのが、マッチングサービスです。マッチングサービスでは、自分の中での結婚相手に望む項目を伝えておきます。

そして、相手方も同様に希望する項目がリクエストされます。そして、お互いのニーズがマッチするかどうかをチェックして、マッチングすると紹介を受けることができます。よって、より精度の高い婚活をできるとあって大好評を博しています。もちろん、サービス料などがかかりますが、他の婚活サービスよりも便利な印象があります。

高望みは厳禁!

マッチングサービスを利用する場合でも、利用せず婚活をする場合でも、とにかく高望みは厳禁です!既に人間として隙もない相手を探していると、既に既婚であり入る余地が無い…ということにもなります。逆に、あまりにいい加減な相手で妥協するのも、後々で後悔することになりかねません。

例えば、多少頼りない異性であっても、自分が育てて一人前にする!くらいのスタンスで婚活すると、良い相手を見つけることができるのです。マッチングサービスを利用する上でも、自分の希望にあまりに多くの項目を入れるのではなく、最低限これだけは望みたい!という項目のみにするのが良いでしょう。

ファッションは落ち着いたスタイルのものが良い!

では、実際に婚活して相手と会うことになった場合、どのようなファッションが良いのでしょうか?少しでも若く見せたいと思って、無理したファッションをしたり、女性の場合は気合を入れてメイクをしようと考えがちです。ただ、これは相手からすれば背伸びしすぎ!という印象を持ちかねません。

ファッションとしては、別に無理する必要はなく普段のスタイルで臨めば良いのです。ただ、普段着でジャージなどのラフなスタイルを実践している方は、男性であればジャケパンスタイル、女性の場合もブラウスとスカートなどのフォーマルに近いファッションがおすすめです。

がつがつし過ぎないこと!

実際に会って会話などを楽しんで、お互いの良さをアピールしたいところですが、ここで注意したいのはあまりがつがつと行かない事です。積極的に行くのは決して悪いことではないのですが、過度に攻めすぎると相手からすれば面食らうことになりかねません。あくまでもナチュラルな姿勢で臨むようにしてください。

例えば、相手が年下であれば尚更で、フレンドリーで近寄りやすい雰囲気で接することをお勧めします。これにより、相手も自分の懐に飛び込んでくれて、より親身になって会話できるものです。また、過度に年上感は出さず、同年代と話しているように心がけましょう。ただ、相手の年代に合わせた会話をするのも重要な要素となります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る