婚活サイトで会うタイミングを期間と状況から徹底解説!誘い方も重要

540view

2019.01.08

目次

婚活サイトで会うタイミング?日頃なかなか出会いがないという人に出会いの場を提供してくれる「婚活サイト」。婚活サイトをうまく利用して結婚をしたカップルも多く見られます。

婚活サイトで会うタイミング

しかし、オンライン上だけでなく、実際に会わないことにはお付き合いに発展しませんね。ここでは、婚活サイトで出会った相手とどれくらいのタイミングで会えばいいのかを、期間や状況などを踏まえて紹介します。

実際に会う男性の基準を決めておこう

婚活サイトでは、気軽に男性と出会うことができるというメリットがあります。婚活サイトには結婚相談所のような堅苦しさはなく、自分の気になる相手と気楽にメッセージの交換をして、お互いのことを知ることができます。

その一方で、サイト上で知り合った知らない男性と実際に会うことに対して、ハードルが高いと感じる女性も多いでしょう。実際に、男性に比べて女性のほうが、実際に会うまでの期間を長く考えている慎重な人が多いようです。

まずは、メッセージのやり取りを通して相手のことを知る期間が必要です。

婚活サイトを利用して気になる相手ができた場合、数回メールをやり取りしてみて本当にその人と会いたいかを考えてみましょう。メールだけでは本当に相手のことを深く知ることはできません。

実際に対面で話してみることで、波長が合う合わない、雰囲気が好き苦手などを判断することができるのです。

メールではあまり盛り上がらなくても、会ってみると意外と話しやすい、またその反対にメールではいろいろ話せたのに、対面してみると案外つまらなかったというケースもあるでしょう。

気になる人とは、積極的に会うことで出会いの確率が高まりますが、自分なりのルールを決めておくことも大切です。

たとえば、「気になる人全員と会ってみる」というのも一つの方法です。これは、気になる相手の数が5人以内など少ない場合に有効です。候補者の数がある程度絞られているのであれば、積極的に会ってみましょう。

また、「プロフィールが好印象であれば会ってみる」のもいいですね。アラフォー女性ともなると、結婚相手に求める条件が高くなる傾向にあります。

年収や職業、趣味、容姿など人それぞれですが、自分の希望する条件にマッチしているのであればぜひ会ってみたいものです。はじめから相手の条件がわかっていることが、婚活サイトを利用するメリットともいえます。

他には、「電話で一度話してみて好印象であれば会ってみる」という人もいます。メールからはわからない話す声のトーンで、相手のことが判断できる可能性もあります。

電話が苦手な人もいるので一概にはいえませんが、会うのはハードルが高いため、一度声だけでも聞いておくと安心材料になりますね。婚活サイトで電話番号などのような個人情報を入手するためには、お互いに連絡先を交換する必要があります。

直接会わずしてたくさんの出会いがあり、自分が気になる人とだけ会うことができる効率の良さが婚活サイトを利用するメリットといえるでしょう。

会うタイミングはどれくらい経ってから?

婚活サイトで知り合った男性の場合、どれくらいのタイミングで会えばいいのかは悩みどころです。まずは、サイト上でメッセージのやり取りを数回行って相手の性格や趣味などを知り、気になる要素が多ければ期待は膨らみますね。

しかし、会うタイミングを間違えてしまうと、せっかくのチャンスをなくしてしまうことにもなりかねません。なるべく早く相手に会って結婚へこぎつけたいという人もいれば、メールでじっくりと相手のことを見極めたいという慎重派の人もいるでしょう。

人によって婚活のペースも異なるため、相手に合わせて話を切り出すことが重要です。自分の都合で押し切ってしまうと、相手にあまり良い印象を与えることができないものです。

また、数回のメッセージのやり取りだけで会いたい気持ちを伝えてしまうと、「他の男性にも同じように声をかけているのではないか」と思われてしまう可能性もあるので注意しましょう。

これは逆の立場でも同じことがいえますね。相手のことをあまり知らないうちに会おうと誘われたら、「女慣れしている人」という印象を持ってしまうかもしれません。

婚活サイトで出会った異性と実際に会うタイミングとしては、出会って2週間〜1カ月後くらいが理想的と考えている人が多いようです。

メールの頻度にもよりますが、2週間〜1カ月程度連絡を取り合っていると、相手のおおよその性格や趣味などがわかってくることに加え、相手の生活リズムなども知ることができ予定が組みやすくなるでしょう。

たとえば、メッセージの交換を1〜2日で1往復しているケースでは、10〜20日程度で10往復のやり取りとなりますね。もし会ってみたいと感じたら、それくらいのタイミングで誘ってみるのがいいでしょう。

少しは相手のことを知ることができているため、それほど不安にならずに会うことができるはずです。メッセージの交換をしている間に、少しずつ会うための調整を行うのがポイントです。

メッセージで表面的な話しかしていない状況でいきなりデートに誘っても、相手には早すぎると思われる可能性が高くなります。相手のことをよく知らないうちにデートしても、会話がまったく弾まないということにもなりかねません。

一方、メッセージでは深い話をしているのにいつまでも会おうとしないと、「本当に婚活する意思があるのだろうか」と思われてしまいます。

会うまでのタイミングには個人差がありますが、相手のことが少しわかってきたと感じたら、2週間〜1カ月を目安に早めに会うようにしましょう。

女性からデートに誘ってもいいの?

アラフォー女性ともなると、自分から男性をデートに誘うことで、「結婚に焦っていると思われるのではないか」「重いと感じられるのではないか」などと考えすぎてしまいますね。

中には、過去の恋愛の失敗で臆病になり、積極的に行動できないという女性もいるでしょう。しかし、婚活を成功させるためには、気になる相手と実際に会ってお互いのことを知ることが第一歩となります。

男性の中にも恋愛に消極的な人がおり、女性から誘ってもらいたいと考えている人も多いようです。いつまでも相手から誘われることを待っていては、時間だけが過ぎていってしまうでしょう。

婚活を成功させるためにも、自分から積極的に行動に出ることは大切なのです。

また、女性から誘われて嫌な気分になる男性はほとんどいないでしょう。デートをするかどうかは別として、自分に好意を持ってもらえるという状況には喜ぶ男性が多いはずです。

特に、これまで女性とお付き合いをした経験が少ない男性や、受身の男性であればあるほど、女性からのアプローチを喜ぶ傾向にあります。

メールのやり取りなどから相手が奥手なタイプだと判断したら、女性からリードしてあげると展開が早く進む可能性があります。お互いに気になっているが、どちらからもアプローチしなければカップリングはできません。

女性だから待つほうが印象がいいのではないだろうかといった固定観念は捨てて、自分から積極的に行動を起こしましょう。

婚活サイトのメリットとして、たくさんの人と出会ってやり取りできる点が挙げられますが、同じように相手の男性も複数名の女性とやり取りしている可能性があります。

もちろん、本当に気に入った相手一人と関係を深めていく人もいますが、ほとんどの人は時間を有効に使うためにも同時進行で何人かの人とコミュニケーションをとっているでしょう。

相手の中で、自分が何番目くらいに位置しているのかはわかりませんね。もし2番手や3番手の場合は、誘われるまでに時間がかかる、もしくは誘われないということもあるでしょう。

誘いを待っていたばかりにチャンスを逃してしまったということがないよう、自分からデートに誘うことも大切です。

誘うときのポイントは?

男性をデートに誘う場合は、いくつかの気をつけておきたいポイントがあります。まずは、相手が休日に何をして過ごしているのかをさらっと聞いてみましょう。

もし興味のある内容であれば、「楽しそう」「私もやってみたいな」などのように、誘いたいオーラを出すと効果的です。

いきなり「〇〇に一緒に出かけませんか?」と誘うよりも、やんわりと会いたい気持ちを伝えることで、相手の反応を窺うことができます。または、自分の行ってみたい場所を伝えるのもいいでしょう。

上手な誘い方のコツは、もしかして自分と一緒の時間を過ごしたいのかなと相手に思わせることです。

誘う際には、自分が本当に行きたい場所というよりは、相手の男性が興味を持ちそうな場所を選ぶことも大切です。甘いものに興味がない男性に、「新しくできたスイーツのお店に行ってみませんか」といっても、相手は気乗りしないでしょう。

メッセージや会話の流れから相手の興味を引き出し、「実は僕も気になってたんです」といわれたら完璧です。また、相手の予定を気にする気配りは欠かせません。

土日などであっても、仕事がたまっていて出かける余裕がなかったり、外出する気分ではなかったりする場合もあります。自分の都合だけでなく、きちんと相手の置かれた状況や気持ちを判断することで、気遣いのできる女性と思ってもらえます。

最初のデートであれば、時間が短めのお茶や食事がいいでしょう。お茶や食事だと、男性も気軽にOKしやすいのも特徴です。

もし相手と相性が合わないと思った場合でも安心ですし、好感触であれば「もっと話してみたい」「また会いたい」と思ってもらえる可能性も高くなります。

また、男性の好きなメニューがあるお店に誘うことで、デートに迷っている男性でも「とりあえず行ってみようかな」という気分になるかもしれません。

食事デートのメリットは相手の食の好みがわかる点です。食事やお酒の話題から、次のデートへつなげることもできますね。食べ方やマナー、店員への接し方などもチェックできるでしょう。

「今度お食事でも」といういい方だと、相手の男性は実際に誘われたのかどうか判断に迷うこともあります。誘うときには、具体的に自分の都合の良い日の候補をいくつか提案しましょう。

もちろん、相手の都合を聞くことを忘れてはいけません。男性は女性に比べ、長いメールのやり取りを苦手とする人が多いようです。

あらかじめこちら側から日程や時間などを提案することで、相手がYESと言いやすい状況をつくることがポイントです。

たとえば、「私は○日と○日が空いていますが、お仕事のご都合はいかがですか?できればお昼にお食事できればと思っているのですが」などのように誘うと、相手もデートのイメージがしやすいでしょう。

また、中には鈍感な男性もいるので、誘う際には相手に好意があることが伝わるようないい方をしましょう。たとえば、「〇〇さんともっとお話ししてみたいので」など、相手に会いたい気持ちをさりげなくメッセージや会話の中に含めると効果的です。

もし断られた場合は?

思い切って男性をデートに誘っても、断られる可能性もゼロではありません。断られる理由はさまざまですが、一度断られただけで諦めてしまうのはもったいないでしょう。

相手にとってまだ会うタイミングではなかった、ちょうど仕事が忙しかった、たまたま人と会う気分ではなかったなど、理由はいろいろ考えられます。

断られたことで、自分にまったく興味がないのかもしれないと決めつけるのは早いようです。相手から「あなたに会う気はありません」とはっきりいわれていないのであれば、少し時間を空けてからもう一度誘ってみましょう。

ただし、2度目、3度目の誘いも断られるようであれば、諦めて次へ進んだほうがいいかもしれません。たまたま相手の都合が悪かっただけだとしても、3度も断るのであれば相手から別の日程で誘いがあっても良さそうです。

3度目の誘いも断りの返事だけで終わってしまうようなら、脈なしの可能性は高くなるでしょう。可能性が低い相手にいつまでもこだわっていては、他の男性との出会いを逃してしまうことにもなります。

婚活サイトでは複数人の男性と同時進行でやり取りすることは問題ないので、時間を有効活用して婚活に励みましょう。

自分から行動して婚活を成功させよう

婚活サイトで出会った男性とどのタイミングで会うかは難しいものです。自分や相手の性格や状況などを考慮して、焦らず慎重に会うタイミングを決めましょう。

会いたいと思う男性ができたら、女性から積極的に誘っても問題ありません。むしろ、積極的に行動することで、男性とお付き合いできる可能性もぐんと上がるでしょう。

婚活サイトで会うタイミング

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る