婚活サイトのトラブル事前回避!危険人物を見極め対処する方法まとめ

1751view

2019.01.11

目次

婚活サイトのトラブル?一昔前より気軽に参加できるようになったとはいえ、婚活サイトの会員に危険人物が潜んでいるのも事実。

婚活サイトのトラブル

特に、結婚までのタイムリミットに焦っているアラフォー女性は、トラブルに巻き込まれやすい絶好のターゲットだと指摘する専門家も少なくありません。

そこで今回は、悪徳業者や結婚詐欺などが目的で近づいてくる危険人物の見極め方法や対処法についてご紹介します。

悪徳業者を撃退!お金目的で近づいてくる男性

悪徳業者は、婚活サイトに潜んでいる代表的な危険人物です。

その手法は実に種類が多く、他サイトまたはアプリへ誘導させる「なりすましユーザー」や販売目的の「マルチ商法」、「投資」や「宗教」の勧誘、「個人情報の収集」などあの手この手で女性を利用して利益を得ようとしています。

もちろん、婚活サイトの運営会社でも相応の対策は講じています。会員から苦情の申し出があれば事実確認のうえ除名処分にする、あまりに悪質な場合はユーザー名を公表する婚活サイトもあるほどです。

とはいえ、会員の中から悪徳業者を100%シャットアウトするのは簡単ではありません。逆に手軽に登録できるという婚活サイトのメリットを逆手に取られ、新しいアカウントやユーザー名で再登録されてしまうのです。

悪徳業者かどうかを見極めるには、相手の特徴や行動パターンがヒントになります。悪徳業者の目的は、婚活サイトで知り合った女性を利用して自分のビジネスに役立てることです。

そのため、手法の違いに関わらず共通した特徴が3つあります。第一の特徴は、初対面で信用を得るために他人やイラストではなく自分の写真を使っており、アラフォー女性に好まれやすい正統派のイケメン男性が多いという点です。

第二に、経済面も含めてプロフィールが魅力的。第三に、SNSや電話番号など女性の連絡先を知り合ってすぐに聞いてくる傾向があります。

悪徳業者とのトラブルを避けるためには、3つの対処方法が有効です。悪徳業者は相手をその気にさせるプロですから、女性に好意を示していると勘違いさせる能力に長けています。

だからと言って、むやみに個人情報を教えてはいけません。特に、「声が聞いてみたい」「プレゼントを贈りたい」などのフレーズには要注意。個人情報を聞き出そうと狙っているのかもしれません。

もちろん、たとえアプリを使った無料通話であっても警戒した方が良いでしょう。小さなYESを積み重ねて少しずつ要求をエスカレートさせていく手法は、悪徳業者の常套手段です。

また、他サイトへ誘導させようとする悪徳業者はかなりの高確率でブログやホームページのURLを送ってきます。うっかりクリックしただけで、身に覚えのない高額請求が届いたりウィルス感染によってネット銀行の暗証番号が流出したり。

「このアプリ便利だよ!」と紹介されてダウンロードした女性の中には、翌月にシステム利用料を請求されたというケースも少なくありません。

お金にまつわる話題を避けるのも、トラブル回避に欠かせないポイントです。特にマルチ商法や投資の勧誘を得意とする悪徳業者は、営業スキルが高く褒め上手なのが特徴。

「サービス残業で忙しかった」「資格の取得でスキルアップしたい」という何気ない会話をビジネスとリンスさせて勧誘してくるのです。

結婚詐欺師を撃退!結婚したいアラフォー女性をカモにする男性

婚活サイトの危険人物と聞くと、真っ先に結婚詐欺師を連想する女性も多いでしょう。特に、アラフォー女性は20代や30代よりも貯蓄額が多く安定した仕事に就いているのが特徴。

中には、すでにマンションを購入している女性もいるほどです。つまり、結婚詐欺師にとっては絶好のカモであり成功した時の成果が大きい狙い目と言えるのです。

しかも、婚活サイトに登録しているアラフォー女性は相手の男性に騙されたという事実を恥ずかしがり、泣き寝入りする傾向にあります。

確かに、妊娠や出産を考えると1日でも早く忘れて次の相手を探したくなるのも当然ですが、騙そうとしている相手にとって好都合なのは間違いありません。

結婚というエサで女性を釣ってお金を引き出そうとしている男性にとって、結婚に焦っているアラフォー女性ほど美味しいターゲットは居ないでしょう。

知り合った男性が結婚詐欺師かどうかを見極めるには、3つの特徴に着目するのが最初のステップです。最も特徴的なのが「会話の巧みさ」ですが、甘い言葉を囁くというよりはあくまで聞き上手で、気遣いが細やかなのも女性に好かれる理由でしょう。

2つ目の特徴は、「警戒心を抱かせない」という点です。まるで姉や妹に囲まれて育ったかのように女性の扱いに慣れている、もしくはルックスが平凡で良い人という形容詞がぴったり当てはまる詐欺師も珍しくありません。

「女性の理想的な相手を演じている」という点も結婚詐欺師に欠かせないスキルです。20代の女性であれば、見た目や将来性を重視して相手を選ぶでしょうが、アラフォー女性の婚活はより現実的。

そのため、プロフィールが完璧なのはもちろん人畜無害というアピールポイントを武器に近づいて来るのです。

結婚詐欺師とのトラブルを避けるには、「お金」と「急いでいる」という2つのキーワードにアンテナを張るのが効果的な方法です。相手は、ようやく出会えた理想の男性と別れたくないという女性の心理を巧みに利用してきます。

もちろんストレートに要求されるケースはまずありませんが、「〇〇までにお金が必要になった」と匂わせてきたら怪しいと思った方が良いでしょう。ただし、結婚詐欺はれっきとした犯罪行為です。

よほど自分のテクニックに自信があれば別ですが、ほとんどの人は名前や職業を偽っています。つまり、会員登録の段階で公的書類の提出を義務づけている婚活サイトを選べば簡単に防げるリスクと言えるでしょう。

サクラを撃退!サイト側に雇われている男性

一般会員の中には、サクラと呼ばれる運営会社のスタッフや専門に雇われたアルバイトが紛れ込んでいるケースがあります。中には、サクラは婚活サイトの危険人物に含まれないという意見もありますが、これは100%誤解です。

サクラは会員のフリをしながら会員数の水増しやサイトの印象操作などを狙っています。確かに、会員数が少なく活気のない婚活サイトは魅力的とは言えないでしょう。ですが、サクラの最終的な目的は利益にほかなりません。

つまり、一般会員がサイトを利用する期間を長引かせ、より多くの利用料を支払うように仕向けているのです。

そのため、運営側に雇われたサクラは医者や弁護士といったステータスを装ったり芸能人やマスコミ関係者だと匂わせたりしながら、一般会員の気を引こうとします。

その反面、女性に連絡先を交換しようと持ちかけられるとヤンワリと断ったり会う約束をドタキャンしたりと、親密な関係に発展するのを避けようとします。

その結果、結婚はおろか本格的な付き合いに発展することもなく、ただただ何ヵ月も無駄な利用料を払わされてしまうのです。そんなサクラとのトラブルを避けるには、あらかじめ期限を決めておく方法が効果的です。

たとえどんなに雰囲気が盛り上がっているように感じても、当たり障りのないやりとりだけが続くようならサクラだと見極めて、他の男性に切り替えた方が無難でしょう。

身体目当てを撃退!結婚する気はないけどエッチはしたい男性

婚活サイトの危険人物として特に厄介なのが、女性の身体を目当てに近づいてくる男性でしょう。真剣な付き合いとの見極めが難しいうえ、結婚に辿り着けなかったからといって感情的にクレームを突き付ける訳にもいきません。

たとえクレームをつけたとしても、交際が破局しただけと主張されたり他の女性を好きになったと言われたり、言い訳はいくらでも通用します。

そもそも、身体の関係は付き合いの延長線上にあるうえ、婚活サイトは結婚を前提とした出会いの場です。犯罪行為ならともかく、結婚を目指す35~40代前半の女性が身体の関係を100%避けて通るのは無理があります。

ちなみに、身体目当ての男性の中には既婚者が独身を装って参加しているケースもあります。100%男性側に非があるとはいえ、相手の奥さんにとっては二人とも同罪。逆上して怒鳴り込まれるリスクもあるのです。

相手の男性が結婚を前提に大人の関係を求めているだけなのか、それとも単純に身体だけが目的で近づいてきたのか。この違いを見極めてトラブルを避ける方法は、3つのヒントから見えてきます。

結婚や恋愛より身体の関係を求めている男性は、女性や恋愛に対して照れや抵抗感がありません。むしろ女性慣れしていてボキャブラリーも豊富。婚活サイトを利用しなくても、いくらでも結婚相手が見つかるだろうという印象です。

また、初対面でも平気でボディタッチをしてくるのも見逃せないポイントです。一見マナーを守っているだけにも思えますが、回数が多い場合は警戒した方が良いでしょう。

そんな男性が夜のデートに誘ってきたら要注意。夜のデートは、具体的な結婚プランが会話にのぼってからでも遅くはありません。

婚活サイトで危険人物に狙われやすい女性の特徴3つ!

真剣に結婚したいと願っているアラフォー女性にとって、婚活サイトに潜んでいる危険人物の存在は大きなリスク要因です。

もちろん、婚活サイトで知り合ってめでたく結婚したカップルも大勢いますが、その一方で悪徳業者や結婚詐欺師に狙われて精神的にも経済的にも大きな痛手を負った女性がいるのも事実。

中には、危険人物とのトラブルがトラウマになり、結婚そのものに前向きになれなくなったという女性も少なくありません。自分で自分の身を守るには、危険人物に狙われやすい女性のタイプを知っておくことも重要なスキルです。

そもそも、婚活サイトで暗躍している危険人物は女性のどこを見て騙しやすいと見極めているのでしょうか。

婚活サイトで危険人物に狙われやすい女性には、3つの特徴があげられます。特に、アラフォー女性にありがちなのが結婚への焦りが態度に出ている女性です。

確かに、女性の結婚適齢期は昔に比べて格段に高くなりましたが、妊娠や出産にタイムリミットがあるのは否定できません。結婚相手を1日でも早く見つけたいと焦るあまり男性を質問攻めにする女性は、一目で焦っていると気付かれてしまうでしょう。

また、周囲の意見に耳をかさなくなるのも焦っている女性の特徴です。冷静さを失っている女性は判断能力が低下している分、簡単に騙される傾向にあります。

2つ目のタイプは、真面目さが裏目に出ている女性です。真剣に結婚相手を探している男性が相手であれば大きなアピールポイントになりますし、相手を簡単に信じないのも思慮深い証拠でしょう。

ですが、真面目で一途な女性ほど盲目状態に陥りやすく、一度信じた相手はとことんまで信じ抜くのが難点。たとえ男性の怪しい素振りに疑問を感じても、気のせいだと自分に言い聞かせてしまうのです。

一見しっかり者に思われがちな真面目な女性ほど落し穴に落ちやすく、騙された後のダメージは計り知れません。相手の男性から何等かの決断を迫られたら、客観的に判断してくれる人にアドバイスを求めて賢く切り抜けましょう。

3つ目のタイプは、リアルな恋愛経験が少ない夢見がちな女性です。アラフォー女性は恋愛経験の少なさを相手に隠そうと虚勢を張りがちですが、その不自然な態度こそが逆効果。

女性の扱いに慣れている男性なら、簡単に見抜かれてしまうでしょう。

特に、結婚から子育てまでのプランを切々と語る女性は、騙そうとしている男性が求める2大要素がセットになった「恋愛経験の少ない真面目な女性」というカテゴリーにぴったりハマってしまいます。

ターゲットを定めた男性は、女性がガードを下げるまで様々な方法を駆使してアプローチを続けるでしょう。

リスク回避の鉄則!安心して使える婚活サイトの選び方

確かに、婚活サイトは手軽に始められる便利なツールですが、「危険人物に騙されたらどうしよう」という不安から利用に踏み出せない女性も多いようです。

特に、男性に騙された経験がある女性や始めてインターネットを使った婚活に挑戦する女性なら不安になるのも当然でしょう。

それなら、登録時に各種証明書の提出を義務づけている、もしくは連絡先を交換する前に相手の印象を確かめられる婚活パーティーを主催しているなど、低リスクの婚活サイトを選ぶのも一つの方法です。

自分で見極める方法を身に付けるのも大切ですが、婚活サイトの選び方を工夫するだけでもトラブル回避に役立ちますよ。

方法が分かれば安心!婚活サイトの危険人物を見極めてトラブル回避

安全な運営を目指す婚活サイトと危険人物との攻防は、まるで「イタチごっこ」のようなモノ。次から次へと新しい方法で攻略してくる危険人物を、全て排除するのは不可能でしょう。

だからと言って、手軽に始められて効率的に多くの男性と知り合える婚活サイトを諦める必要はありません。トラブル回避に必要なのは、男性の本心を見極めるスキルとサイト選びの工夫だけですよ。

婚活サイトのトラブル

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る