アラフォー女性は婚活に注意!パーティーやサイトに潜む詐欺師の手口

1641view

2018.12.23

目次

婚活サイトの詐欺?婚活サイトやマッチングアプリなどの登場で、今や婚活は手軽なものになっています。実際に数多くのカップルが結婚に至っていますが、同時に婚活詐欺の被害も増加しているので注意が必要です。

婚活詐欺

特に婚活に熱が入っているアラフォー女性などは被害に合いやすい傾向にあります。女性の焦りにつけこむ詐欺師の手口を知って、詐欺被害に合わないように婚活をしましょう。

なぜアラフォー女性は婚活詐欺に狙われるのか

婚活詐欺は結婚に対して強い思い入れがある女性ほど被害に遭いやすいと言われます。特に女性で婚活パーティーなどへ意欲的に参加するにはそれなりの収入が必要です。

中には数百万円かけて婚活する女性もいる訳ですから、詐欺師にとっては婚活パーティーや結婚相談所などはターゲットの宝庫と言えるでしょう。

中でもアラフォーになるまで結婚できなかった女性で婚活に多額の現金をかけられる人は結婚願望が異常に強いケースが少なくありません。

高額な手数料をかけるのだから絶対に理想の男性と結婚したい、自分と釣り合う男性じゃないとパートナーにはなりたくないなど金額に見合う相手を探すようになります。

そもそも婚期を逃がしアラフォーとなった現状において、高いレベルの結婚願望を持っている状態が詐欺師を呼び寄せると言っても過言ではありません。

お金をたくさんつぎ込めば魅力的で地位のある男性と巡り合えるはずと考えているなら、今すぐに婚活している自分の現状や立場を冷静に振り返ると良いでしょう。

高すぎる理想や欲深さは詐欺師から見れば、お金をだまし取るのに必要な条件とも言えます。

婚活で詐欺被害に遭う女性の多くは社会的地位がそれほど高くはなく、年収が1千万円以下か5百万円以下のケースが多いようです。

働く女性としてはそれなりの年収と言えますが、会社などに管理されながら働いている立場の人と言えるでしょう。

自ら考え行動すると言った部分ではあまり長けていないタイプであり、年齢を重ね周囲が次々に結婚していくのを見ていると将来や結婚に対する不安が膨らんでしまいがちです。

加えて、アラフォーになるまで結婚できない自分は周囲の既婚女性よりもハイスペックな男性を手にしなければと思い込む傾向も見られます。

そのようなアラフォー女性の自分に対する使命感やプレッシャーが、詐欺師のねつ造されたプロフィールを生み出すのです。医師や弁護士、実業家などの男性と結婚したいと女性が考えるのは普通と言えます。

しかし、そのような社会的地位が極めて高い男性が能力がそれほど高くはないアラフォー女性と婚活パーティーで出会う可能性は低いと言わざるを得ません。

結婚に焦ってしまうと冷静になれば判断できる当然のことも判断できず、騙されやすい状態を自分で作ってしまう結果につながるのです。

婚活詐欺の手口を知って被害を避けよう

理想の男性を演じた詐欺師は結婚に執着している女性に近付こうとします。勿論プロフィールに書かれている名前や職業、趣味に至るまで嘘だらけと言って良いでしょう。

詐欺師だとは気付かずにお付き合いを始めてしまうのはある程度仕方がない部分もあるかもしれません。しかし、結婚の話が出始める頃になると、女性が持つ貯金に対して興味を持つ素振りが見られるようになります。

この時点で危険な人物であると気付けば被害を未然に防げますが、結婚できそうな状況で相手を信じ切っているためについ貯金額などを口にしてしまうと詐欺師は次の手口に出ます。

親の借金を返さなければ結婚できない、仕事で大きなミスをしてしまい今すぐまとまったお金が必要だなどの話を女性へ持ちかけるのです。

詐欺師はターゲットになる女性に対してお金を貸して欲しいとは言いません。この人にお金を貸してあげても良い、トラブルの手助けになりたいなどと女性に思わせるように誘導するのです。

実際に詐欺被害に遭った女性は、結婚の約束をした相手だからと疑いもせずにお金を貸したケースも多いようです。

更に、詐欺師はターゲットから少しずつ借金を重ねていく傾向にあります。数十万程度のお金を繰り返し出させますが、当然返金はしません。

女性が疑いを持ったとしても、結婚式の準備や二人で暮らす部屋探しに必要だと言われると断れなくなる場合も多いのです。

そして、それ以上お金を出させるのが困難になってきた頃合いで距離を取り始め、お金は返すと言い残し姿を消してしまいます。

いつか迎えに来るからと言って去ることもあるため、詐欺被害者の中には騙されたと分かっていながらも、詐欺師がいつか自分のもとへ帰って来ると信じ続けているケースもあるのです。

詐欺師の振る舞いや話術は女性を容易く信じ込ませる力があります。また、ターゲットとなる女性が男性経験の少ないタイプや男性に弱いタイプであることも見抜いて近付く場合も多いです。

特に男性経験が少なく、アラフォーになるまで過ごしてきた女性は男性の嘘を見抜けない傾向にあり、加えて若い頃から真面目に過ごし、男性と付き合う機会もなかったことから貯金も多めであることが多いです。

自分が騙されやすいタイプと自覚するのも大切ですが、やはりお金を出させようとする男性に注意するに越したことはありません。この人にお金を出せば結婚できるなどと女性に考えさせる男性は詐欺師と疑いを持ちましょう。

詐欺師は婚活サイトにも潜んでいる!

インターネットやスマホの普及が婚活に新たなスタイルを与えています。婚活サイトや婚活アプリが出会いとなって結婚する人も増えていますが、かつては出会い系などと言われ、抵抗感を持つ人も少なくはありませんでした。

しかし、現在ではリーズナブルにいつでも婚活できる場として、より多くの人に使われているサービスになっています。ただし、手軽さの裏には危険も伴います。

婚活サイト等では新たな婚活詐欺師の出現が見られているのです。今までの結婚詐欺師と言えば、年齢層が若い結婚適齢期の青年などが多かったと言われますが、婚活サイトに潜む詐欺師は幅広い年齢で既婚者も多くいます。

ターゲットとなる女性と一度も面会せずにお金を取り上げるケースもあり、すでに個人での犯罪ではなく集団の詐欺業者として行動している場合もあるのです。

婚活サイトで知り合った男性が詐欺師であるかを判断する材料は幾つかあります。まず、SNSのアイコン写真が飛びぬけて容姿が優れたタイプであることです。

当然女性からの人気は高く、そのような男性からメッセージを貰ったとしたら多くの女性が嬉しくなるでしょう。IDを相手に教えなければ大丈夫だと考えているなら、詐欺被害に遭う可能性があると注意した方が良いです。

詐欺師は女性が喜ぶ言葉でメッセージを重ね始めます。運命の人だと感じているなど少し考えれば薄っぺらいセリフに聞こえる言葉も、アイコン写真と合わせれば甘い口説き文句になってしまいます。

そして、口説き文句に女性が飽き始める頃、詐欺師は次の手口に移ります。いきなり不幸な過去を語り出し、母子家庭で苦労させたから母親には優しくしたいなどの不幸自慢や家族を大切にしている雰囲気を出して女性の心を掴もうとするのです。

生い立ちに不幸があると言うのは、詐欺師に良く見られる特徴なのであまり親しくもないのに過去を語り出す男性には注意しましょう。

この時点で詐欺師だと疑いを持たずにメッセージのやり取りを重ねていると、スマホが壊れてしまったために他の連絡先を教えると言ってURLが送信されてきます。

詐欺業者の場合は文字化けなどを演出してスマホが本当に壊れたと女性に思わせる手口を使うので嘘を見極めるのは難しいです。

当然ですが、URLをクリックしてはいけません。

多くのケースでは日記ブログにつながり、不幸な日常をけなげに乗り越えている姿などが見られますが、そのブログから巧妙に有料サイトへ誘導されてしまい、多額の金銭を騙し取られてしまうのです。

そもそもハンサムな男性や美人な女性が婚活サイトに登録する可能性はほぼないでしょう。モテる人は出会いに困ることはないからです。

例えば、詐欺師ではないにせよ、真面目に結婚を考えている男性か疑わしいと思うようにすれば被害を防げます。

婚活で知り合った男性が詐欺師だと疑いを持ったら

せっかく理想の男性と知り合ったのに詐欺師かもしれないと疑うのは誰でも悲しいものです。しかし、詐欺被害に遭ってしまえばもっと悲しい状況になりますから、結婚に焦っていたとしても対処するようにしましょう。

とは言え、詐欺師ではなかったケースを考えて最初は男性に極力気付かれないように男性のことを調査します。婚活サイトに登録している男性であれば、その婚活サイトやメッセージで送られてきたURLなどをネットで検索してみましょう。

同じ手口で騙された人が見つかれば、その男性は詐欺師だと分かります。また、詐欺師の中には女性の両親へ結婚の挨拶をする者もいます。

真剣過ぎて疑いを持てない場合も多いでしょうが、婚活で知り合った赤の他人であると考えるのも詐欺被害を未然に防ぐのに必要です。

両親に会わせて欲しいと頼まれたら、こちらも男性の両親に会いたいと伝えましょう。理由をつけて断られた場合は詐欺師である可能性が高いです。

既にお金を要求され、男性に貸してしまっている女性は思い切って次の要求を断り、男性の反応を見る方法もあります。

しつこく借金を迫ったり、暴力を振ったりする場合は詐欺師でなくてもパートナーを大切に思う気がない男性と判断して間違いありません。

詐欺がばれたと思って男性が逃げるケースもあるため、被害があればすぐに警察へ通報するのが大切です。また、多くの詐欺師は証拠を残したくない傾向にあります。

婚活で知り合った男性が写真は嫌いだからと全く写真を撮らせない場合は疑いを持つと良いでしょう。写真嫌いのみで詐欺師かの判断はできませんが、男性の行動に違和感がないかを観察してみるのも良い方法です。

婚活で詐欺に遭わないために

アラフォーの女性が婚活詐欺に遭うのは、理想の高さや結婚への強い執着によって詐欺師に騙しやすいと感じさせてしまうからと言えます。婚活で出会った男性にはとにかくお金を貸さないことが大切です。

どんなに信じていても結婚できないと言われても焦らず、断るべきことは断る姿勢を見せましょう。婚活は人生で大切な転機です。結婚と言う夢を叶えるためにも、慎重にパートナーを見つけましょう。

婚活詐欺

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る