婚活パーティーでメモの取り方!失敗しないコツとチェックリスト

742view

2018.12.29

目次

婚活パーティーでメモ?これまで何度も婚活パーティーに参加してきたのに、いつも失敗してばかりいた人は、メモの取り方が間違っていた可能性があります。

メモの取り方

メモの取り方を間違えてしまうと、ミスマッチが起きてしまい、自分の好きな相手と交際を始めることができません。メモの取り方一つで、婚活の成功率が大きく変わってくるので注意しましょう。

ここでは、失敗しないメモの取り方のコツについて紹介します。

大規模な婚活パーティーにはメモが必要不可欠

一言で婚活パーティーといっても様々な種類があるので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。真剣に結婚を考えているアラフォー女性であれば、同世代や少し年上の男性が参加している婚活パーティーに参加してみましょう。

若い女性ばかりが参加している婚活パーティーだと、勝率が低くなってしまうので、最初から勝率の高い婚活パーティーに参加したほうが、時間を無駄使いせずにすみます。

婚活パーティーには様々な規模がありますが、真剣に結婚を考えているのであれば、大手主催の大規模なパーティを選びましょう。

小規模なパーティーだと、異性の数が少なく、出会いのチャンスも生まれません。都市部であれば、20人以上の大人数パーティが開催されることが多いので、そのようなパーティーを利用したほうが出会いのチャンスも多くなります。

ただし、大人数が参加する婚活パーティーとなると、短時間で様々な異性と出会うことになるため、メモを取らないと誰が誰だかわからなくなってしまいます。

参加人数が少ない小規模な婚活パーティーなら、メモを取る必要もありませんが、20人以上を超える大規模なパーティーになると、相手と話す時間やメモを取る時間が少なくなるので要注意です。

人数が多いパーティーに参加するときは、必ずメモを取るようにしましょう。

人間の記憶は曖昧なので、新しい情報がどんどん入ってくると、前の情報を忘れてしまいます。自己紹介が終わると、誰と何を話したのか覚えていないということもあるので気をつけなければなりません。

「良い人との出会いがあればいいな」などと軽い気持ちで婚活パーティーに参加すると、痛い目に合うので注意しましょう。

婚活パーティーは記憶力が勝負になるので、軽い気持ちで参加すると、出会いまで至ることができません。メモを取る積極的な気持ちを持つことによって、初めて出会いを引き寄せることができます。

せっかく婚活パーティーに参加したのに、誰と話したか忘れてしまってはもったいないので、メモを取ることが必要不可欠です。自己紹介とフリートークをするときは、相手の特徴を忘れないように、きちんとメモしておきましょう。

メモを取ることは失礼ではない

婚活パーティーに参加した際に失敗しない最大のコツは、人目を気にせず積極的に動くことです。

「メモを取るのが恥ずかしいから」という理由で男性と会話していては、良い出会いを自ら逃してしまいます。婚活パーティーに参加する前に、「メモを取ることは悪いことではない」という認識をしっかり持ちましょう。

気になる異性を見つけたら、自分から話しかける積極性も必要です。女性の場合、男性からのアプローチを待っている人が多いですが、これでは出会いをゲットすることができません。

婚活パーティーでは男性のほうも緊張しているので、自分から話しかけて、気になる男性と距離を縮めておくことが大事です。

モテる女性の場合、フリートークの際に興味のない男性から話しかけられて、本命の相手と話せないことがしばしばあります。出会いを逃さないためにも、相手のアクションを待つのではなく、こちらから動くようにしましょう。

婚活パーティーではメモする時間があまりに短いため、あらかじめ戦略を立てておく必要があります。「当日なんとかなる」という気持ちでは失敗しやすいので、何をメモすべきか事前に決めておきましょう。

「後にもっと良い人が現れるかも」という安易な気持ちで、メモを取らずにいるのも禁物です。もう少し話してみたいと思った相手の番号をメモしておけば、出会いを逃すこともありません。

失敗しないメモの取り方

婚活パーティーに慣れていないうちは、時間が許す限りたくさんメモを取ろうとして失敗しがちです。

メモを書くことに一生懸命になっていると、いつの間にかメモを取ることが目的になってしまい、相手との会話を楽しむことができなくなってしまいます。

婚活パーティーの本来の目的は、相手との会話と出会いを楽しむことなので、メモはあくまでツールとして利用すべきです。

婚活パーティーの出会いを逃さないためにも、事前にメモの取り方を把握しておきましょう。あらかじめメモを取るコツを把握しておけば、時間の使い方に余裕ができ、少ない時間で相手との会話を思う存分楽しむことができます。

メモを取る上で一番大事なことは、シンプルにわかりやすく書くことです。メモする時間は限られているので、細かな情報を記載せず、この人がいいかどうかだけでもメモしておきましょう。

単に丸印やバツ印をつけるだけでもかまいません。細かな情報はカップリングが成立したあとに聞き直せばいいので、婚活パーティーでは自分が相手に興味を持ったかどうかだけに意識を集中させましょう。

「好き」「タイプ」「結婚向き」などというように、相手と話した印象をシンプルな言葉でまとめれば、最後に提出するマッチングカードに記入する際も迷うことがありません。

婚活パーティーに参加する前に、自分なりのメモのルールを決めておくことも大事です。ルールなしで乱雑にメモしてしまうと、どれが誰の情報なのかが自分でもわからなくなってしまうので注意しなければなりません。

情報をしっかり整理させるためにも、事前に一人一人のメモのスペースを区切っておきましょう。例えば、1ページに1人分しか書かないなどとルールを決めておけば、短い時間で簡単に情報を整理することができます。

婚活パーティーに参加したからといって、全員分の情報をメモする必要はありません。婚活パーティーには様々な男性が参加しているので、中には自分と好みでない人も何人かいます。

会話しても特に何も感じない人であれば、メモを取らずにおきましょう。

効率よくメモを取りたいのであれば、あらかじめ自分が興味のある男性の数を絞っておくといいでしょう。最初に3~5人ほどマークしておき、その人の分だけメモするようにすれば、あとでメモを見直した時に情報を整理しやすくなります。

婚活パーティーに参加したら、まず最初に全体を見渡し、「この人と話してみたい」という人を探し出しておきましょう。事前に候補を絞っておけば、メモする内容も最小限に抑えることができます。

あらかじめチェックリストを作っておこう

婚活パーティーに出かける前に、あらかじめチェックリストを作っておくと、メモする時間を大幅に短縮できるとともに、情報を整理しやすくなります。

服装、髪色、性格、ルックスなどというように、自分が相手に希望する条件を事前にリスト化しておき、本番でそれぞれの項目に丸印やバツ印を記入していけば、あとでメモを見直したときに、どんな人と会話したのか一目でわかります。

年齢や職業、趣味などはプロフィールカードに記載されているので、あえてメモを取る必要はありません。相手の雰囲気や外見など、プロフィールカードにない情報をメモするようにしましょう。

事前にチェックリストを用意しておくことは、相手に質問する際にも役立ちます。チェックリストの順番通りに質問していけば、少ない時間で知りたいことを全部聞くことができるので、ミスマッチを防ぐことができます。

チェックする項目は人それぞれ異なりますが、洋服の色や柄は必ずメモしておきましょう。

大規模なパーティーの場合、全員と会話した後だと顔が思い出せなくなっていることがありますが、事前に洋服の色や柄をメモしておけば、すぐに思い出せるようになります。

顔を覚えるのが苦手な人は、洋服の色や柄で覚えるようにしましょう。会話がつながりそうなトピックを覚えておくことも大事です。

例えば、野球観戦が好きな相手であれば、それをメモしておき、次に会話する際に「野球観戦がお好きなんですよね。どの球団を応援しているのですか?」というように質問してみましょう。

相手が好きなことをメモしておけば、会話を切り出すきっかけが生まれやすくなります。相手も「自分のことを覚えてくれているんだ」と思い、好印象が残ります。

婚活パーティーでは一人一人と会話する時間が限られているので、少しでも好印象を残す努力が必要です。相手について多くを覚える必要はないので、良いところや印象に残ったことを最低でも1つはメモしておきましょう。

メモ用紙は何でもかまいませんが、異性のプロフィールシートにメモをするのが無難です。たいていの婚活パーティーは、会場にメモ紙が用意されていますが、ない場合もあるので、メモ紙と筆記用具を忘れずに持参するようにしましょう。

相手に配慮しながらメモを取るコツ

相手の特徴をメモすることは大事ですが、相手に配慮しながらメモを取ることも大切です。会話そっちのけでメモを取るのに必死になっていると、相手に好印象を与えることができません。

逆に相手に悪い印象を与えてしまい、出会いを逃してしまうこともあるので要注意です。カップリングする機会を逃さないためにも、相手に配慮をしながらメモを取るコツを身につけておきましょう。

一番大事なことは、メモする内容を簡潔にすることです。相手の特徴をいちいち文章で書いていると、どうしても下を向く時間が長くなってしまい、イメージダウンにつながってしまいます。

どうでもよいことばかりメモをとるのではなく、大事な情報だけ簡潔にまとめましょう。

丸印などの記号で書くなどして、メモする量をおさえる工夫が大事です。記号であれば、相手の顔を見ながらメモすることも可能なので、相手に悪印象を与えてしまう心配がありません。

相手と目を合わせずに下を向きながら話すのは大変失礼なので、メモする量は最低限に抑えることが大事です。

メモは相手に見えないように取ることも大切です。メモしている内容が相手に見えてしまうと、不愉快な思いをさせてしまうことがあります。

失礼な内容を書かないようにするのがベストですが、何が失礼に当たるかは人によって異なるので、メモ用紙を相手から見えない場所に置いてから書くように心がけましょう。

婚活パーティーでメモを取ること自体は失礼ではありませんが、心配な場合は、相手と話す前にメモしていいか聞いておくといいでしょう。

「人が多すぎてわからないので、メモを取らせてください」というように、あらかじめ相手の了承を得ておけば、悪印象を与えることもありません。逆に、気を使える女性であることをアピールでき、好印象につながるでしょう。

恥ずかしがらずに実行しよう

婚活を成功させるコツは、実行力です。実際に自分でやってみないとわからないことがたくさんあるので、恥ずかしがったり遠慮せずに、まずは試してみましょう。

失敗を恐れていては、いつまで経っても前に進むことができず、自分の望みを叶えることもできません。実際に婚活パーティーに参加したことのある人の意見を参考に、どうすれば出会いをゲットできるのか考えてみましょう。

しっかり準備して婚活パーティーに臨めば、後悔することもなくなります。最初のうちは失敗が多くても、次第に慣れていき、コツをつかめるようになります。

大勢の人がいる前でアピールするのが苦手という人は、個室形式の婚活パーティーに参加してみるといいでしょう。

他の婚活パーティーと異なり、個室形式の婚活パーティーなら仕切りのある部屋で男性と一対一で会話することができるため、他人の目を気にする必要がありません。

リラックスした雰囲気で会話を楽しむことができるので、大勢の人がいる前で話をするのが苦手という人に最適です。

個室形式の婚活パーティーには基本的にフリータイムがないため、パーティーで一人だけ孤立してしまう心配もありません。個室形式の婚活パーティーに慣れたら、もっと大規模な婚活パーティーに参加してみるといいでしょう。

事前準備をしっかり行おう

初めて参加した婚活パーティーで失敗しないというのは難しいですが、事前にメモを取るコツを身につけておけば、失敗を減らすことができます。

ただし、メモを取ることばかりに集中してしまうと相手に失礼なので、メモする内容はなるべく簡潔にして、相手との会話を楽しみましょう。

しっかり準備してから婚活パーティーに参加すれば、気持ちに余裕を持つことができます。

メモの取り方

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る