婚活でアラフォーイケメンを狙うのはあり?地雷の可能性も?

728view

2018.07.22

アラフォーイケメンが未だに独身の理由

もしアラフォーイケメンがフリーだったら狙う?

婚活を進めていて、もしアラフォーのイケメンが目の前に現れたらどうしますか?自分には無理だと諦めるのか、それともガンガンアタックするのかは人それぞれでしょう。しかし、自分の好みのイケメンとお付き合いできるのであればそれに越したことはないのは本当の気持ちではないでしょうか。

どういう場合にアラフォーイケメンが出来上がるのか

イケメンがアラフォーになるまで売れ残っているというのは、何も考えなければ「ラッキー」です。誰だって芸能人のようなイケメンが独身でいれば思わずアタックしたくなります。しかし、イケメンが結婚もせずにアラフォーになっているのはなにか理由があるのではないかと勘ぐってしまうものです。どうやってアラフォーイケメンができあがるのか、理由を探ってみましょう。

アラフォーイケメンが未だに独身の理由

その1:結婚歴がある

結構あるのはすでに結婚を経験していて、再婚のためにイケメンが婚活しているケースです。若い頃に結婚したもののなにかしら折り合いがつかずに離婚、「1度結婚したし、しばらくいいか」なんて思っている間にそのままズルズルと時間だけ過ぎてしまったということが考えられます。一度結婚に失敗しているため、二度目の結婚にはかなり慎重になる傾向があります。

こういう人は「やっぱり結婚ていいものだよね」と思わせることが重要。若い頃より性格も落ち着いてきているでしょうし、1度失敗しているからこそ次の結婚生活に活かせる経験もある。ほかに要因がなければ「優良物件」であるといえるでしょう。

その2:自分の世界が強すぎる

自分の趣味や時間を大切にしすぎたために婚期を逃したという男性は少なくありません。こういう男性は自分の世界が非常に強く、他人に踏み込んでほしくない、自分の時間を守りたいという傾向があります。しかし、このままではいけないということで婚活をスタートするわけです。

この手の男性は1人の時間・空間を大切にしてあげる必要があります。結婚が趣味よりも優先順位が高くなればよいのですが、人の価値観を変えるというのは一朝一夕ではいきません。まずは相手を認めてあげることから始めるのが良いでしょう。

その3:長く付き合っていた彼女がいたが、別れた

カップルの中には10年以上でお付き合いしたにもかかわらず別れてしまうというケースもあります。なかには結納まで済ませて結婚式場まで選んでからギリギリのタイミングで破局、というカップルも。結婚するつもりでいたのに別れたのですから相当大きな理由があったはずです。

ここで重要なのがフッたのか、フラレたのか。どちら側にたったのかで心に負ったダメージはかなり変わってきます。フラれた場合は立ち直るのにもかなりの時間を要するでしょう。

その4:長男で実家の要求水準が高い

たとえば、男性が由緒正しい家柄の場合だとご両親の要求水準が高い可能性があります。「我が家に嫁いでくるのであれば、それ相応の女性でなければ」というようなことをいう家族がいることがあります。現代においては古い考え方ではありますが、地方ではそういう考え方をいまだに持っている家もあるのです。

長男であればその要求はさらに高くなります。仕事を辞めて家庭に入ってほしいなどといわれるケースもあり、結婚まで進むにはかなりの覚悟が必要になるといえるでしょう。

その5:ただの遊び人

とくに大きな理由がないイケメンの場合、いわゆるチャランポランな人生を送ってきた人である可能性が高いです。モテるから、遊び歩いていたから結婚することもなくアラフォーまで来てしまったということです。この手の男性は結婚という真面目な話になると、今までの生活を捨てることができずに結局破局、ずっと独身のままというケースが多いようです。

こういう男性は話せばなんとなく遊び人の雰囲気が出てますので、騙されて貴重な時間を無駄にするということは少ないでしょう。ただイケメンだという理由だけで付き合うのは辞めておいたが方が無難です。また、好き勝手に生きてきた男性はお金の使い方もルーズ。これまでの生活水準を改めることができるのであれば見込みがありますが、生活水準というのは1度上げると下げるのは一筋縄では行きません。

その6:若い女性しか狙っていない

結婚する女性は若ければ若いほどよい。という考え方でずっと来てしまった人もいます。歳が離れているのに無謀な願望を捨てきれず、婚期を逃し続けてしまう。普通の男性はある程度いくと夢を見るのを諦め現実に向き合うものですが、中には諦めきれずに年下ばかり狙っている男性もいます。

年の差婚などという言葉もあるように成功している事例も一定数ありますが、自分も同じようになれると信じてしまうといつの間にかアラフォー独身になってしまうのです。

もっと強烈な理由がある場合も

上記のような理由も見当たらないのにどうして結婚していないのだろう、という男性も稀にいます。こういう場合は実はゲイだった、というパターンも。バイセクシャルであればまだ希望はありますが、ゲイだとノーチャンスです。バイセクシャルの場合はその価値観を認めてあげることができれば、とくに問題なく結婚まで進むことができるでしょう。

また、貧乏でお金がない、極度のケチである場合もあります。「結婚は金がかかるからしない」「結婚して家族を養っていく自信がない」というような人もいるので、デートの際の振る舞いなどはしっかりチェックしておくべきでしょう。

その7:子供を作る気がない

子供が嫌い、または興味がないという男性もいます。もし自分が子供を欲しているのであればこれは大きな問題になるでしょう。ただ、特に理由もなく子供を欲しがっていない男性もいるのでしっかり相談してみたらあっけなく子供好きになってしまう男性もいます。ここはしっかりと理由を確認しておきたいところです。

また、自分も子供はとくに求めておらず、夫婦ふたりでいつまでも恋人のような関係でいるというのも1つの選択肢です。お互いの価値観が一致すればそのような結婚も素敵でしょう。

どれにも当てはまらない完璧男子がいたら

とくに理由も見当たらないのにアラフォーイケメンがいたら、それはラッキーと考えるべきです。ただし、イケメンでステータスも高い男性は自分と同クラスの女性を選ぶ傾向があります。自分に振り向いてくれるかはアタックしてみないとわかりませんが、ハードルは高いということを覚悟しておいたほうが良いでしょう。

ステータスが高いと、交友関係も自然とハイクラスなものになってきます。時には取引先の方と会食をするということもあるでしょう。こういう場に妻として同伴しても恥ずかしくないレベルの女性でないとハイクラスのイケメンの妻の座は射止めることが難しくなります。テーブルマナーはもちろんのこと、相手との会話に合わせながらしっかりと受け答えができる素養・知識を身につける必要があります。

結論:アラフォーのイケメンは狙ってもうまくいく可能性は低い

ここまで見てきたように、アラフォーのイケメンはただでさえ希少価値が高いのですが、理由を洗い出していくとうまく行きそうなケースは少なく、狭き門であることがわかるでしょう。仮にイケメンがいたとしても結婚までこぎつけられる可能性は高くはありません。

アラフォー男性のなかにはフツメンであっても心はイケメンな人、話が面白い人、一緒にいて心が落ち着く人など内面が素敵な男性はたくさんいます。レア度の高い男性に出会えるのをジッと待つよりも話してみて面白いと思える男性とお付き合いしてみたほうが結婚できる可能性は何倍も高いはずです。

たまに極度のイケメン好きという女性がいますが、それは夢物語です。結婚は一生続きます。顔が良くても性格が合わなければその後の人生はとてもつまらなく、苦痛なものになるでしょう。気が合う、幸せな家庭を築ける男性が本当の意味でのイケメンなのではないでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る