婚活サイトでかわいい女性はメイクで化けてる?写真に騙されない方法

691view

2018.12.29

目次

婚活サイトでかわいい?婚活サイトに登録しているかわいい写真の女性はメイクが上手で実物とまったく違うことも少なくありませんし、女性だけでなく男性も写真と実物がまるで別人なんてこともあります。

可愛い写真はメイクで化けてる

こうした写真に釣られて、実際に会ってみても婚活は上手くいく可能性は低いですよね。そこで、今回は写真に騙されないためのポイントなど婚活サイトの写真について役立つ情報を紹介していきます。

少なからず婚活サイトの写真と実物には差があるものと心得ましょう

婚活サイトで知り合った人と実際に会って「騙された!」という気持ちにならないためには、まず婚活サイトに掲載されているプロフィール写真は少なからず実物とは違うということを頭に入れておきましょう。

人に良く見られたい気持ちは誰しも少なからず持っているはずですし、特に女性の場合にはメイクを変えるだけでまるで別人のように印象がガラッと変わることもあります。

また、男性の場合でも髪型が変わるだけで印象が違ってきます。もちろん、実物とあまりにもかけ離れた写真を見抜くことも大切ですが、写真と実物のちょっとした違いに過剰反応してしまうようでは婚活を成功させるのは難しくなるでしょう。

写真に騙されないためにはここに注目しましょう

婚活サイにはプリクラの写真を掲載している人もいます。

プリクラの場合は目や口などがわかりやすく加工されるので「実物とは違うかもしれない」と考えることもできますが、フォトスタジオなどプロによって加工された写真や写真加工アプリを使っている場合は、実物と写真が大きく異なる可能性があるのかどうか判断するのが難しいです。

また、メイクの上手な女性であれば実物とは似ても似つかない写真を婚活サイトに掲載している場合もあります。しかし、このような写真でも騙されないために注目すべきポイントがあります。

角度に注意する

最も信用できるのは顔を真正面から撮った写真です。しかし、婚活サイトには横顔や斜め上の角度から撮った写真を載せている人も少なくありません。

これは横顔や斜め上の角度の写真の方が正面の写真に比べてごまかしが利くためですが、特に上目遣いで斜め上から撮った写真は可愛さがアピールできるだけでなく小顔効果があるなど、写真写りを良くするための定番の手法なので注意しましょう。

アップの写真

アップの写真は顔のパーツが分かりやすいので実物に近そうに見えるかもしれませんが、実は注意すべき写真のひとつです。

というのもアップの写真は顔の輪郭が見えないため、太っていたり顔が大きかったりする人がよく使う写真の撮り方だからです。また、アップにすることで目を大きく見せる効果もあります。

顔全体が写っていない

顔の一部しか載せていない人や顔の一部を手で隠した写真を載せている人は、自分の顔の中で自信がある部分のみを見せ、自信がない部分は隠している可能性が高いです。

写真が妙に明るい

顔に照明を当てると肌に透明感が出てきれいに見える効果があります。そのため、テレビに出ている女優さんなどは下からかなり明るいライトを当てていることも少なくありません。

もし、婚活サイトの写真を見て不自然に明るい場合には疑ってみた方がいいかもしれません。

全身が写った写真

遠目から全身を撮った写真でスタイルの良さをアピールする人もいますが、顔がわかりづらいようにあえて遠目から写真を撮っている可能性もあります。

写真が1枚しか掲載されていない

婚活サイトの多くはプロフィール写真以外にも複数の写真を載せることが可能ですが、それにもかかわらず1枚の写真しか載せていない人は「奇跡の1枚」とでも言えるような選りすぐりの1枚を載せている可能性があります。

しかし、複数の写真を掲載しているからと言って、どれも似たような構図の写真ばかりでは信用できません。

例えば1枚目の写真は顔だけだとすれば、2枚目は上半身全体が写っている写真、3枚目は髪型の違う写真など、写真のバリエーションが豊富なほど実物とのギャップが少なくなると言えるでしょう。

まだまだある写真に騙されないためのテクニック

ここからは更にもう少し詳しく婚活サイトの写真に騙されないテクニックを紹介していきます。

顔から体型をチェックする方法

アップの写真は顔の輪郭をごまかすことができるため、太っている人である可能性が高いと説明しましたが、アップ写真以外にも写真から体型を見分ける方法があります。

まず、顔のパーツで注目すべきは頬から顎にかけてのラインです。目や鼻だけでは太っているかどうかというのは見分けるのが難しいですが、太っている人のほとんどは頬から顎のラインが弛んでいたり二重あごになっていたりします。

また、婚活サイトには口元に手を当てたプロフィール写真を見かけることが少なくありませんが、これは口を隠しているというよりもあごのラインを隠している場合が多いです。

顔を隠しているその指を見てみよう

あご以外にも体型が出やすいパーツが指です。顔の一部を手で隠している場合にはその指に注目しましょう。指がずんぐりとしている人は太っていると思って間違いありません。体型が気になる人は顎や指を注意して見てみると良いでしょう。

頬からあごにかけての影をチェック

頬からあごのラインに暗い色を入れることで輪郭が引き締まって小顔に見せる効果があります。

これはシェーディングと呼ばれるメイクの一種ですが、写真の場合かなり大胆にシェーディングをしても、それがシェーディングかどうか見分けづらいものです。

もし、ほほから顎のラインの印影に違和感を感じたらシェーディングで輪郭を隠している可能性が高いことを覚えておきましょう。

メイクに騙されないためには目元に注目

男性の中には濃いメイクが好きな人もいるでしょうが、メイクを取った時の顔がまるで別人であれば幻滅するに違いありません。では、メイクを見る時のポイントですが、とにかく目元をよく見てみることです。

まつ毛の量はもちろん、二重や涙袋などもメイクで簡単に作ることができますし、コンタクトレンズで黒目を大きく見せることだってできます。

メイクによる女性の変貌ぶりは男性の想像以上であることも少なくありません。すっぴんに幻滅したくない男性は目元を派手に持ったメイクの女性は避けた方が無難です。

加工された写真を見抜くポイント

婚活サイトの写真の中で最も騙される可能性が高いのがソフトやアプリを使って加工されたものです。しかも、加工の技術はどんどん進化しているので、ますます見分けることが難しくなっています。

しかし、簡単な加工などであれば騙されないように見抜くポイントがあります。

顔の影に注目

顔は鼻や目のくぼみなどによって複雑な影ができるため、写真でも立体感があります。しかし、加工された写真では影を忠実に再現することが難しいので、どこか顔全体が平板な印象になってしまいます。

最もわかりやすい例を挙げるならばプリクラです。プリクラの合成された目元を想像してみましょう。合成されたプリクラの画像に違和感があるのは目元が不自然に大きいだけでなく、印影がないこともその理由のひとつです。

輪郭が不自然

スタイルを良く見せたりするために体のラインなどの輪郭部分をレタッチした写真を掲載している人もいます。しかし、加工技術が低いと輪郭をいじることでどこか人工的な違和感が出てしまう場合もあります。

写真を見て妙なアンバランスさを感じるなどの違和感があれば輪郭が加工されている可能性があるかもしれません。

肌の色を見てみる

肌をきれいに見せるための加工もよく使われる手法のひとつです。あまりにも白すぎる肌はもちろん、全体的に平板で均質な肌の場合には加工されている可能性が高いです。

もし、写真が小さくてわかりづらい時には拡大してみると、ほくろや肌の赤み、光による明暗など細かな部分までチェックできます。

背景が歪んでないか確認する

レタッチで顔を小顔に見せたり面長な顔を修正したりすると背景が歪んでしまう場合があります。顔や体のラインの周りに妙な歪みがないかどうかチェックするのも大切です。

騙されそうな怪しい写真の人と実際に会うまでにしておきたいこと

婚活サイトの写真に騙されないためには怪しい写真の特徴を知っておくことが大切ですが、そうは言っても怪しい写真を載せている人はたくさん存在しますし、そんな写真を載せている人が気になることもあるでしょう。

それに、写真が疑わしいからといってすべてを避けていると婚活に消極的になってしまい、結婚のチャンスを自らの手で遠ざけてしまう可能性だってあります。

そこで、写真を盛っていそうな人と会う前にはお互いサイトに載せている以外の写真を数枚交換してみるのもひとつの手段です。

というのも、中にはただ恥ずかしいという理由や知人に婚活サイトを使っていることを知られたくないという理由で顔の一部を隠している人もいるなど、決して過剰に盛られた写真ばかりではないからです。

このような人でも個人同士のやりとりであれば顔全体がわかる画像を送ってくれるという可能性もあります。

婚活サイトで知り合った人に写真の交換を提案するのは少し勇気が必要かもしれませんが、容姿がよくわからないまま会って幻滅するくらいなら、あらかじめ容姿がわかりやすい写真を交換しておいた方が仮に容姿が好みではないという理由から会わなかったとしても、結果的にお互いにとって時間を無駄にせずに済むというメリットもあります。

では、実際に写真の交換を提案する際のポイントですが、丁寧に申し出ることはもちろん、まずは自分から写真を送ることを提案することも大切です。

具体的には「プロフィール写真を拝見したのですが、もしよければ別の角度からの写真を送っていただくことは可能でしょうか。

もちろん、承諾していただけるのであれば私の方から先に写真を送らせてもらいます」といった文言で交換を提案すると良いでしょう。

なお、自分の年齢を気にしているアラフォーの人などは特に効率的に婚活を進めていきたいと思っているかもしれませんが、さすがに最初から写真の交換を提案するのは失礼なので、ある程度親しくなってから写真交換を提案することが大切です。

次に写真を交換してからですが、もし相手が交換のリクエストを承諾してくれて写真を送信してくれた場合、多少自分の理想とは違っていたとしても一度会ってみるのも婚活を成功させるためのポイントです。

なぜなら、リクエストに応えて写真を送ってくれたということはそれだけでも相手からの誠実さが伺えますし、誠実な人は実際に会ってみると写真ではわからなかった雰囲気の良さが感じられるということも少なくありません。

しかし、送られてきた写真が自分の理想とかけ離れていた場合には、容姿のことには触れずにやんわりと相手を傷つけないようにお断りするのがマナーです。

そもそもメイクや加工によってかわいい写真を載せると婚活は上手くいくのか?

ここまで、婚活サイトで怪しい写真に騙されないための方法を紹介してきましたが、そもそも実物とはかけ離れた写真写りのよい写真を掲載することは婚活に対して効果があるのか気になる人も多いのはないでしょうか。

では、その効果についてですが結論から言えば写真を盛りすぎると婚活の成功率は下がります。

盛りすぎた写真が婚活の成功率を下げる理由ですが、やはり会った時に写真と実物のギャップに幻滅されることが大きな要因です。

確かに写真写りのよい写真を登録しておけば面食いの人などと実際に会える可能性が高くなるかもしれません。しかし、婚活の目的は異性に会うことではなく結婚することです。

初めて顔を合わせた時の第一印象が悪ければ、そこから挽回して親しい関係になることは難しいです。これではせっかくの出会いが結婚に結びつく可能性が低いだけでなく、いたずらに時間を浪費することにもなりかねません。

また、婚活サイトでメイクや加工アプリなどのテクニックを駆使して撮影されたかわいい写真を掲載していると、それだけで警戒心を抱かれてしまう可能性もあります。

もちろん、メイクや髪型などを研究して自分を可愛く見せるというのは恋愛や結婚において大切なことでもありますが、やりすぎてしまうとそれは結果的に相手を「騙す」ことにも繋がります。

つまり、実物とかけ離れた写真を載せていると「自分の容姿を偽ってでも結婚したい」という不誠実な気持ちを自らアピールしているようなものでもあります。

このように婚活サイトでは異性の怪しい画像に気をつけることも大切ですが、自分が載せている画像にも気をつけなければいけません。

写真に騙されずに婚活を成功させよう

婚活サイトの盛りすぎたまるで別人の写真に騙されてばかりいると「実際に会ってみても、そのたびに幻滅する」ということを繰り返してしまうでしょう。

そうならないためにもここまで説明してきた怪しい画像を見破る方法を駆使したり、事前に写真を交換したりすることが必要です。また、怪しい写真を見抜くと同時に自分の写真も実物とかけ離れていないかチェックすることもお忘れなく。

可愛い写真はメイクで化けてる

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る