婚活サイトと結婚相談所の違いを徹底比較!併用すると成功率は?

1597view

2018.12.29

目次

婚活サイトと結婚相談所の違い?婚活する方法はいくつかありますが、代表的なものは婚活サイトと結婚相談所ですよね。しかし、両者の違いはいったいどこにあるのでしょうか。

婚活サイトと結婚相談所の違い

そこで今回は、婚活サイトと結婚相談所の特徴やそれぞれの違いを比較しました。婚活サイトと結婚相談所を併用するメリットについてもご紹介します。婚活中の方、これから婚活する方の参考になれば幸いです。

婚活サイトとは?

婚活サイトは、インターネットやアプリを使って、理想のパートナー探しができるサービスです。インターネットにアクセスできる環境さえあれば、時間や場所に関係なく、スマートフォンやパソコンを使って気軽に婚活ができます。

登録だけなら無料という婚活サイトもたくさんありますし、月々の利用料金が安いのが特徴です。婚活サイトに登録すると、そのサイトに登録している会員の情報を閲覧できるようになります。

例えば、年収や職業といったプロフィール、顔写真、自己PR、相手に求める条件など、利用する婚活サイトによって内容は異なりますが、そういったプロフィールから条件に合致する相手を探していくシステムです。

気になる人が見つかったら、その相手宛てにメッセージを送信し、返事が届くとマッチング成功となります。

その後、メッセージのやり取りを続けるうちに「直接会って話しをしてみたい」という気持ちが高まれば、実際にデートをするという流れです。

気になる人が複数いたとしても、メッセージのやり取りは自由ですし、デートをするのも自由です。婚活サイトでは、あくまでも出会いの場を提供しているのであって、どのように婚活を進めていくのかは、すべて自己責任となります。

自分のペースで婚活ができますし、料金の負担も大きくはないので、婚活初心者でも気軽に始めやすいでしょう。

結婚相談所とは?

結婚相談所では、結婚または結婚を前提とした交際を目的に、パートナー探しから出会いのセッティング、結婚に関するカウンセリングまで、トータルで婚活をサポートしてくれます。

インターネットや電話などで、条件にマッチした相手を紹介してくれる結婚相談所もありますが、基本的には結婚相談所のスタッフと面談を行ってから活動していくことになります。

「コンシェルジュ」「アドバイザー」と呼ばれる婚活のプロが常駐しており、恋愛や結婚に関する悩みを聞いてくれたり、プロの視点から的確なアドバイスをくれたりします。このようにサポートが充実している点が、結婚相談所の特徴です。

結婚相談所での紹介方法は、「対面仲介型」と「データマッチング型」の大きく2種類に分けられます。対面仲介型では、仲介人が間に入って、人の手でマッチングを行ってお見合いをセッティングします。

一方、データマッチング型は、専用のサイトを使ってマッチングを行います。結婚相談所の入会時に作成したプロフィールを基に、お互いの希望条件にマッチした人がいた場合は、お見合いを申し込むという流れです。

自分からお見合いを申し込むのではなく、相手から申し込まれるケースも考えられますが、お互いに了承しないことにはお見合いは成立しません。

結婚相談所ならではの特徴として、交際には2つの段階が設けられています。同時に複数の人と交際できる「仮交際」と、本命とのみ真剣に交際する「本交際」です。

仮交際は、自分にマッチした結婚相手を探している段階であり、そのうち「結婚を前提に真剣にお付き合いをしたい」と思える特定の相手が定まったら、本交際へと発展します。

いわゆる、一般的な彼氏・彼女の関係を、結婚相談所では「本交際」と呼ぶのです。最終的に結婚することが決まったら、結婚相談所を退会することになります。

どんな人が登録しているの?

婚活サイトと結婚相談所では、登録している会員にどのような違いがみられるのでしょうか?まずは、会員数が圧倒的に異なります。結婚相談所に登録している総会員数は約50~60万人といわれており、大手の結婚相談所でも約6万人です。

一方で婚活サイトは、会員数が100万人を超える大手のサイトもあります。会員数だけで比較すると、婚活サイトの利用者が圧倒的に多いのですが、この数字を鵜吞みにしないように注意しましょう。

婚活サイトは料金がリーズナブルなので、同じ人物が複数のサイトに登録するケースも多いのです。登録だけしておいて、実際には婚活をしていない人がいる恐れもあります。

次に、会員の年齢層についてみていきましょう。婚活サイトの年齢層は、20代~30代前半の登録者が多いサイトもあれば、30代~40代が多いサイトもあり、サイトによってさまざまです。50代以上に特化した婚活サイトもあります。

一方、結婚相談所は、婚活サイトよりも若干高めの年齢層になり、20代後半から30代が多い傾向です。晩婚化の影響から、40代以上の登録者も少なくありません。

したがって、婚活サイトと結婚相談所の年齢層には顕著な違いはなく、各サイト・各相談所により異なるようです。

結婚に対する意識の程度も、婚活サイトと結婚相談所では大きな違いがみられます。婚活サイトは、リーズナブルな料金で誰でも気軽に利用しやすいとあって、結婚への意識があまり高くない人もいるようです。

一方、結婚相談所には、「高い料金を払ってでも理想の相手と結婚したい」と考える人が多く集まっており、それだけ結婚に対する意識も高いといえます。

このような意識の違いも影響して、婚活サイトよりも結婚相談所のほうが、成婚率は高い傾向にあります。

ほとんどの結婚相談所では、入会時に本人確認書類や独身証明書、収入証明書などの提出を求められます。相談所によっては審査基準に多少のばらつきがありますが、確かな身元をチェックしているという点では安心できますよね。

しかし、婚活サイトでは、結婚相談所のような審査を設けていないところがほとんどです。本人確認書類を提示しなければならない婚活サイトもありますが、それ以外の書類は不要である場合が多いので、信憑性に欠ける点は否めません。

どんな費用がかかる?

結婚相談所と婚活サイトを利用する際にかかる費用を比較してみましょう。婚活サイトでは、登録料と月会費がかかりますが、登録料に関しては無料としているサイトも多いです。

マッチングに成功して、メッセージのやり取りが始まってから有料になるケースが一般的です。婚活サイトの月会費の相場は、1ヶ月3千円くらいでしょう。

長期プランを設定しているサイトでは、さらにリーズナブルな料金で利用できる場合もあります。他にも、「女性は完全無料」という婚活サイトもあり、これは女性ならではの特権ですよね。

いずれにせよ、婚活サイトにかかる費用は、結婚相談所に比べてはるかに安いのがメリットともいえます。

結婚相談所では、登録費用が10~20万円くらい、月会費の目安が1~2万円ほどです。そして、お見合い1回につき5千円~1万円ほどかかり、さらには成婚時に「成婚料」がかかる場合もあります。

まず、入会の時点で高額な費用が発生しますが、その内訳は入会金やプロフィール作成代金、情報登録料などです。月会費は、活動の有無にかかわらず毎月固定でかかる費用で、パーティーへの参加費やセミナー代が含まれていない場合は別途費用が発生します。

お見合いをした際にかかる「お見合い料金」は、月会費には含まれていないケースが多いです。お見合い料金は、お見合いに成功してもしなくても毎回かかる料金なので、たくさんお見合いをすればその分費用がかさみます。

最後に、念願が叶って結婚が決まった場合も、成功報酬として「成婚料」が発生します。何をもって成婚とみなすかは、結婚相談所によってさまざまですので、事前に確認しておきましょう。

例えば、お互いの両親へ挨拶を済ませたとき、同棲を始めたとき、といった具合です。成婚料の目安は5~20万円くらいと、結婚相談所によって差が大きいことにも注意しましょう。

このように、結婚相談所を利用するにはいろいろな費用がかかりますし、その費用も高額になりやすいです。気軽に始めやすい婚活サイトに比べると、コスト面でのハードルは高いといえますね。

サポート体制の充実度は?

サポート体制を比較すると、結婚相談所のほうが充実しているのは明らかでしょう。結婚相談所では、豊富な知識と経験を有する専任のアドバイザーがついて、手取り足取り成婚までのサポートをしてくれます。

恋愛経験に乏しく自分から行動するのが苦手という人でも、頼もしい味方がいつも支えてくれるので安心ですよね。自分の希望条件にマッチした相手を探してくれ、お見合いをセッティングしてくれ、結婚に関する悩みや不安などの相談にものってくれます。

仕事に忙しく自分で結婚相手を探す余裕がないという人でも、アドバイザーが代わりに探してくれるので便利に利用できます。

一方、婚活サイトでは、専任のアドバイザーはつきません。相手探しからメールのやり取り、デートの約束、本格的な付き合いに至るまで、すべて自分一人でやることになります。

恋愛に慣れている人なら、それぞれの過程を楽しみながら婚活に取り組めるかもしれませんが、内向的な性格であったり恋愛に消極的なタイプであったりすると、なかなかうまく事が進まない可能性もあります。

婚活サイトに登録してただ待っているだけでは、結婚はおろかデートさえできないでしょう。婚活サイトでは、自ら行動を起こさないことには、誰も代わりにはやってくれないのです。

手厚いサポートが魅力の結婚相談所ですが、アドバイザーとの相性によってはデメリットになることもあります。

希望とはかけ離れた相手を紹介されたり、半ば強引にお見合いをセッティングされたり、逆にストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

各結婚相談所によって特徴や強みが異なりますし、そこに在籍しているアドバイザーの性格やタイプもさまざまです。高い料金を払ってサービスを受けるからには、結婚相談所も慎重に選ぶ必要があります。

相性の良いアドバイザーに出会うことができれば、自分に最適な人を見極めて紹介してくれ、最短で結婚できる可能性があります。また、アドバイザーの存在は、婚活に対するモチベーションの維持にも繋がるのです。

婚活サイトと結婚相談所を併用するメリット

「とにかく費用をかけずに、自分のペースで結婚相手を探したい」という人には、婚活サイトがおすすめです。なるべく多くの人と知り合って、恋愛期間も大事に過ごしながら、最終的には結婚をしたいという人に向いています。

会員数が圧倒的に多いこともメリットのひとつで、結婚相談所よりも早く、理想のパートナーに出会えてしまう可能性も大いに期待できます。

また、いつでも自分の都合の良いときに婚活できることもメリットです。自己責任ですべて一人で進めなければならないという手間はありますが、恋愛の醍醐味は正にそこにあるのではないでしょうか。

「費用はかかってもいいから、スピード重視で結婚したい」という人には、結婚相談所がおすすめです。婚活サイトに比べると、確かに高額な費用がかかってしまいますが、その分手厚いサポートが受けられます。

婚活のプロがいろいろなアドバイスをしてくれるので、恋愛経験が少ないために自分一人で婚活することが難しい人に向いています。

結婚に対する意識が高い会員ばかりが集まっていることも、高い成婚率に繋がっています。また、入会時に独自の審査が行われる結婚相談所では、プロフィールの信頼性も高く、年収や学歴といったスペックを重視する人にもおすすめでしょう。

より高い成婚率を目指すのならば、婚活サイトと結婚相談所を併用するのがおすすめです。それぞれのデメリットを補うことができるので、真剣に結婚を考えているアラフォー女性にとっては最強の組み合わせでしょう。

圧倒的な会員数を誇る婚活サイトを利用することで、出会いの確率を劇的に増やすことができます。そして同時進行で、結婚相談所のアドバイザーからはスペック重視の相手を見極めて紹介してもらい、婚活のコツも教えてもらいましょう。

相性の良い結婚相談所にひとつだけ入会して、そこにプラスで婚活サイトに登録するのがベストな選択といえます。

婚活サイトと結婚相談所にはそれぞれメリット・デメリットがある

婚活サイトのメリットは、リーズナブルな料金で気軽に利用でき、会員数が多いことです。しかし、サポートがないため自分の力で行動しなければなりません。

反対に結婚相談所のメリットはサポートが充実していることですが、費用が高い点がデメリットです。婚活サイトと結婚相談所を併用することで、それぞれのいいとこどりができるので、成婚率アップに繋がります。

婚活サイトと結婚相談所の違い

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る