婚活サイトの名前は本名よりニックネーム!男性に教えるタイミング

412view

2018.12.29

目次

婚活サイトで本名のタイミング?婚活サイトでは大半の方がアカウント名にニックネームを使用しています。

しかし活動の中で出会った男性とニックネームで呼び合うのは少し恥ずかしいような気がしますし、いつまでも互いの本名を知らないままでいることは二人の関係にマイナスに働きそうです。

本名を教えるタイミング

では、本名を公開するのはどういったタイミングが良いのでしょうか。本名を公開することのリスクを踏まえて紹介していきます。

本名を教えることのリスクとは

婚活サイトを利用する場合に最初に悩むのがアカウント名を本名にするかニックネームにするかでしょう。

本名である方が誠実な印象を持ってもらえるように思えますが、誰が見ているか解らない場所に本名を公開するのは、気が引けるのではないでしょうか。

もしかすると、その婚活サイトはあなたの知人も利用しているかもしれません。あなたが婚活サイトを利用していることを一方的に知られてしまうのは気分が悪いでしょう。

また本名を使用することによって、登録情報や写真が悪用されてしまう恐れもあります。これらのことを考えると、アカウント名には本名よりもニックネームを使用するのが良いと言えるでしょう。

アカウント名をニックネームで登録した場合、サイト内で出会った男性にも本名を教えないまま活動するべきなのでしょうか。それともアプローチがあった時点ですぐに本名を公開するべきなのでしょうか。

答えは「ある程度の信頼関係が築かれるまで本名は公開しない」です。アプローチをかけてきたのは一般男性を装った悪徳業者かもしれません。

悪徳業者でなかったとしても一般の男性に本名を公開することには大きなリスクが伴います。婚活サイトで出会った男性に本名を公開することのデメリットについて詳しく記述していきます。

あなたが何らかのSNSを利用しているのであれば、本名を教えることはそのSNSを相手男性に公開することに繋がります。

あなたが相手男性がどのような人物なのか気になるのと同様に、相手もあなたがどのような女性なのか知りたいと思っています。

本名が解れば検索することが出来る為、本名を知った相手男性はすぐにあなたのSNSを探すでしょう。あなたがどのような経歴で現在どのような生活をしているのかが相手に全て伝わることになります。

知り合って間もない男性に個人情報を広く公開するのには危険が伴います。

あなたと相手男性の間に共通の知り合いが居る可能性もあります。その場合相手男性がSNS上であなたの経歴や生活を詳しく知ることによって、共通の知人が居ることに気づくかもしれません。

そしてそれに気付いた男性はそれを気にしてあなたから遠ざかっていく可能性があります。またはそんなことは一切気にせず、共通の知人に婚活サイトであなたと知り合ったことを伝えてしまうかもしれません。

知らぬ間に相手が遠ざかっていくのも、知人に婚活サイトの利用を知られるのも気持ちのいいものではないでしょう。またSNS上のあなたを基準に、あなたがどのような女性なのかを断定されてしまう可能性もあります。

もしもあなたのSNSの利用が異性を意識したものでないのならば、お付き合いを意識している男性に見られたくないものがたくさんあるでしょう。

しかし相手男性はSNS上の全ての情報を知ることになります。もしかするとSNS上のあなたを見てあなたへの好意が膨らむかもしれません。逆にSNS上のあなたを見てあなたに幻滅する可能性もあります。

本名を知ることで得られる情報はSNS上のものに限りません。インターネット上の検索エンジンであなたの名前を入力すれば、様々な情報が出てくる可能性があります。

学生時代の部活やサークルのアルバム、習い事や部活等での受賞歴、メディアに出演したことがあればその写真や動画がヒットするでしょう。

知り合って間もない男性に自分の過去が洗い浚い知られてしまうのは気持ちの良いことではありません。出来れば知られたくない過去もあるでしょう。

また一方的に知られてしまうことはストーカー行為にも繋がりかねません。あなたは全くアクションをとっていないのに、あなたの情報に触れることであなたと接触していると錯覚するかもしれません。

あなたは全く好意を持っていないのに、相思相愛の関係だと思いこむかもしれません。ストーカー行為は「一方的に知り過ぎること」から始まるのです。

婚活の過程でストーカー行為に巻き込まれてしまうのであれば本末転倒です。自分が被害者にならない為にも、相手を加害者にしない為にも必要以上な情報の露出を控えましょう。

最悪なのは相手男性が悪質利用者であった場合です。もしもそうであった場合、本名から得たあなたの情報が悪用されるかもしれません。

写真や動画を様々なサイトに晒される可能性もあります。あなたの私生活を脅かしかねません。また相手が悪徳利用者でなかったとしても、どのような人物か解らない相手に自分の本名を公開することはストレスを生む行為であると言えます。

相手が最初から本名を名乗り、あなたも本名を名乗ることを打診されるかもしれません。その場合は「知り合ったばかりの方に本名を教えるのには抵抗があるので、すみません。」と丁重に断りましょう。

お付き合いに発展する前の段階で、本名を知る必要は全くありません。互いの本名を知るのは結婚を前提とした交際がスタートしてからで充分です。

それに思いやりのある男性であればあなたの気持ちを真摯に受け止めてくれます。それでも断ることに気が引けるのであれば下の名前だけ教えるのも良いかもしれません。

本名を教えるタイミング

知り合って間もない男性に本名を教えるのは、リスクの大きい行為です。しかし、あなたと相手男性の仲が深まっていく中で、いつまでも互いの本名を知らないままというのは少し不自然でしょう。

二人の仲が深まるということは互いに好意を抱いているということです。あなたは相手男性のことをもっと知りたいでしょうし、相手男性もあなたのことをもっと知りたいと思っている筈です。

タイミングを見極めて本名を教え合い、二人の仲をより一層深めるのも良いでしょう。

そこで問題になってくるのが、どのタイミングで本名を教え合うのかです。それまでニックネームで呼び合っていたのに、急に本名を教え合うことを提案するのは勇気がいることでしょう。

日頃の会話やメッセージのやり取りの中で、唐突に提案するのは少し不自然です。相手男性も「どうして急にそんなことを気にするのか。」と疑問に思ってしまいます。

本名公開の提案は二人の関係の発展やイベントに沿わせたタイミングで行うのが良いでしょう。本名を公開するのに適していると思われるタイミングを下記にまとめてみました。

  • サイト内のメッセージ機能から他のコミュニケーションアプリに移行するタイミングで公開する
  • 2回目のデートで公開する
  • お付き合いすることになったタイミングで公開する
  • SNSと本名を同時に公開する

以下ではこれらのタイミングについてそれぞれ深掘りしていきます。

サイト内のメッセージ機能から他のコミュニケーションアプリに移行するタイミングで公開する

サイト内でのメッセージ交換を重ねたら、他のコミュニケーションアプリに移行して連絡を取りやすくすることが婚活サイト利用者における一般的な展開パターンとなっています。

婚活サイト内のメッセージ機能よりも他のコミュニケーションアプリの方が連絡をとるのが簡単です。

またサイト内の機能を利用することは携帯電話の電池や通信利用量を大きく消費してしまう為、仲が深まった段階で他のコミュニケーションアプリに移行することは必然的と言えます。

こちらから移行を提案せずとも相手男性から提案してくるでしょう。

そのタイミングで本名の公開を提案してみてはいかがでしょうか。他のコミュニケーションアプリに移行するということは、互いに好意を抱いており仲が深まりつつあるということです。

またコミュニケーションアプリ内では本名を晒している可能性も充分ありますから、そのタイミングで本名を教え合うのは不自然な行為ではありません。

「LINE交換するんだからもういいでしょ。名前教え合おうよ。」と然も当たり前かのように打診してみましょう。

直接的に提案するのが恥ずかしい方は、自然な流れで本名の公開を促してみるのも良いかもしれません。コミュニケーションアプリのアカウント名をわざと本名にしておくのです。

そしてアプリ内でのやり取りの中で「あ、私名前で登録してた。本名ばれちゃったね。」と伝えましょう。相手男性は自分があなたの本名を知ったのだから、自分もあなたに本名を教えるべきだと考える筈です。

こちらから本名の公開を催促せずとも自分から教えてくれるでしょう。

2回目のデートで公開する

2回目のデートが提案に適したタイミングとして挙げられるのには大きな理由があります。メッセージのやり取りで良い関係を築けていても、実際に会うまではどんな男性なのか判断出来ないものです。

しかし対面することで「思っていた感じと違ったな。」「こういう人だったんだ。」と相手に対する印象が定まってくる為、相手に対する安心感も生まれてくるでしょう。

しかしここで注意しなければならないのが一回目のデートではなく二回目のデートで伝えるということです。二回目であることが重要なのです。

一回目のデートを介してあなたがその相手男性とお付き合いしたいと思ったとしても、相手男性はそう思っていない可能性があります。むしろ直接的な接触を介してあなたへの興味がなくなってしまうかもしれません。

もしそうなった場合、その先の発展は見込めません。にも関わらず、本名を公開し合うのは如何なものでしょうか。相手男性をより一層億劫な気分にさせてしまう他、今後赤の他人となる人物に本名を公開することになるのです。

あなたが相手にいくら好意を抱いたとしても、一回目のデートで本名を公開するのは得策ではありません。

一方、二回目のデートは本名を公開し合うのに絶好のタイミングだと言えるでしょう。二回目のデートがあるということは一回目のデートで相手男性があなたに好意を抱いたということを表しています。

今後のお付き合いが見込める男性なのです。本名を教え合うことは二人の距離をより一層縮めることにつながります。本名を公開し合うことを提案して一気に距離を縮めましょう。

もしかするとその行為が二人の本格的な交際の引き金になるかもしれません。

本格的な交際がスタートしたタイミングで公開する

婚活サイトで出会った男性との交際は結婚を意識した交際であると言えます。このタイミングでお互いの本名を公開しあうのは必須です。

相手の本名を知らないままの交際はあまりにも不自然ですし、結婚を意識しての交際ですから互いの素性を知り合う必要があります。

恥ずかしがることなく本名の公開を提案しましょう。もしもこのタイミングで相手が本名の公開を拒んだら要注意です。あなたとを遊び相手としてしか認識していない可能性があります。

もしくは知られては困る何かがあるのかもしれません。後者であったとしても、そのような状態であっては結婚出来る可能性は低いので、その男性とはきっぱりとお別れしましょう。

SNSと本名を同時に公開する

提案するのに少し勇気がいる方法ですが、もしかしたら急激な発展に繋がるかもしれないのが「SNSと本名の同時公開を提案すること」です。

消極的な男性であればその提案に違和感を感じてしまう可能性があります。もしかするとあなたが悪質な利用者であると思ってしまうかもしれません。

しかしSNSを公開し合うことで互いのことをより深く知ることが出来ますし、信頼関係も生まれます。その真意を誠実に伝えたうえで提案してみましょう。

「あなたの事もっと知りたいしあなたにも自分のこともっと知って欲しい。やってるSNSがあるなら名前と一緒に教えてくれないかな。もちろん私も教えるから。」と誠意を持って伝えましょう。

相手に逃げられてしまう可能性もありますが、成功すれば相手との距離を一気に縮めることが出来ます。またこの提案をすることには悪徳業者や遊びで利用している男性を排除出来るというメリットがあります。

悪徳利用者であれば公開出来るようなSNSは無いでしょうし、遊び目的の男性であれば素性を知られることを恐れSNSの公開を避けます。返信が途絶え、その後あなたにはアプローチしてこないでしょう。

本名の公開は更なる発展が見込めた時に行う

本名を教え合うことは、その男女の仲に大きな影響を与えます。タイミングを間違えれば悪い方向へ、適切なタイミングであれば良い方向へと二人の仲を導きます。

適切なタイミングとは「二人の関係に更なる発展が見込めた時」です。焦ることなくゆっくり相手との仲を深め、適切なタイミングで本名を公開し、更なる発展を望みましょう。

本名を教えるタイミング

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る