アラフォーが陥りがちな婚活あるある!一体どこが問題なの?

1041view

2018.07.22

アラフォーになっても結婚をあきらめたくない!

男は仕事に出て女は家を守るなんて価値観はすでに過去のものになり、女性の社会進出も激しい現代社会においては、結婚というものも以前とは価値観が変化してきた感があります。いい年になっても結婚できていない人は社会的には信頼されにくいというようなことも今ではなくなり、恋愛や家庭については様々な価値観が許容され、自分の好きなように生きることが許されている時代です。

結婚することが人生の全てではない、という今の時代の流れに合わせるように、晩婚化が進んで結婚適齢期も上がり、30代後半から40代前半のアラフォー世代の独身者も珍しくもないという昨今ですが、それでも結婚したいと思っている方はもちろんいます。若い頃は結婚なんてする必要がないと何もしてこなくても、年齢を重ねるにつれて1人に寂しさを感じることは少なくありません。

老後の生活などもある程度は見えてくる時期、パートナーの存在や子供について考える機会も増え、今からでも結婚したいと考える人は多いものです。また、若い頃から結婚について考えてはきたけれど、具体的な成果を得られずにアラフォー世代まで独り身で来てしまったという方もいれば、昔は結婚していたけれど理由あって離婚してしまい、今は新たなパートナーを探しているという方も。

とにかく色々な方が色々な理由でアラフォーでの婚活を行っているのです。しかし適齢期を過ぎたアラフォー世代の婚活は、難度も相応に高いものです。その気はあって行動に移しても、中々良い結果を得られなくて落ち込んでしまうことも少なくありません。

自分だけが上手くいかないと悲観してしまいそうになりますが、実はアラフォー世代の誰しもが同じように苦しんでいるものなのです。本日は、そんなアラフォーの婚活にありがちな失敗談と、それを防ぐための対策についてお話していきます。あるあるネタだからと共感したり笑ったりしているだけではいい結果をつかむことはできません。しっかりと分析をし、今後の自分の婚活に役立てていきましょう。

アラフォーの婚活あるある(女性編)

HP上で相手のプロフィールを確認し、直接コンタクトを申請するタイプの婚活サイトに登録していたアラフォー女性の体験談にこんなものがあります。人柄重視と書かれていた男性数名にコンタクトを申請したものの、すべて断られてしまったとのいうのです。結局こんなことを書いている男性でも若い人を選んでしまうのだと落ち込んでしまったそうです。まず年齢という点は非常に大きいものです。

離婚して再婚相手を探しているという方ももちろんいますが、実際に婚活をしている多くのアラフォー女性は1度も結婚をしていない方ばかり。残念なことではありますが、若いときに結婚に対して何もしてこなかったという事実は消せないもので、相手にもそのままの形で伝わってしまいます。年齢による市場価値の低下は、考えている以上に大きなもの。

スタートから非常に大きく出遅れていることは言い訳のしようがない事実なのです。そして男性が若い女性を求めることも無理のないことです。例えば年上好きというような個人的な志向はあっても、基本的に若い女性を求めてしまうのは生物として逆らえない、仕方のないことと捉えるしかありません。とにかく、この年齢というハンデは自分が考えている以上に重たいということを意識しなければなりません。

次にアラフォー女性が陥りがちなミスは、自分と釣り合っていない条件を求めすぎることです。先ほどもご説明した通り、年齢による市場価値の低下は非常に大きなものです。そこを理解せずに理想ばかりを高く掲げても、誰も興味を持ってはくれません。上述したケースにおいても、断られた女性側の条件が厳しすぎた結果、男性達に見限られたという可能性もあるのです。

特に、若い頃に男性から好かれていたようなタイプの女性はこのパターンに非常に陥りやすく、当時の感覚で理想高く条件を釣り上げてしまった結果、見向きもされずに上手くいかないことが多いようです。また男性の目線から見た場合、若い女性よりもアラフォー女性の方が理想を高く持っているように感じられることが非常に多いです。

ただでさえ年齢という点で大きく差をつけられているにもかかわらず、条件面でも劣っていてはまず勝ち目はないといえるでしょう。婚活で最初にするべきことは、自分が年齢という面で非常に不利な立場であるという事を理解し、相手に求める条件について、世間の平均的な収入や生活水準などをしっかりと把握したうえで見直す事です。

しっかりと現実に即した条件を設定しなければいつまでたっても結婚はできません。そのうえで、どんな相手とも謙虚な姿勢でやり取りをするよう心掛ければ、あなたの魅力をしっかりとわかってもらうことができるでしょう。

アラフォーの婚活あるある(男性編)

アラフォー男性が婚活で陥りがちなミスは、若い女性にこだわりすぎてしまうとこです。男性の場合、アラフォーでも女性に比べればやや結婚するための難度は低いといえます。しかし、だからといって理想を高く持ちすぎてはうまくいくものもうまくいきません。結婚において若い女性を探してしまうのは無理のないところではあります。

子供を作るという点を考えても、生物としてなんらおかしいことはありません。実際にアラフォー男性で若い女性と結婚している人も少なくありませんが、かといって誰しもが若い女性に興味を持ってもらえるわけではないのです。そのような相手に気に入られるには自分自身が何らかの魅力を備えていなければなりません。わかりやすい例が収入でしょうか。

収入にひかれてアラフォー男性と結婚する若い女性は少なくありませんが、その収入はアラフォー男性なら誰でも得られるというものではありません。中途半端な額ではなく、明確に強みといえるだけの飛びぬけた金額が必要です。そしてそれはもう年齢とは何ら関係のないその人個人の魅力なのです。そのような自分ならではの飛び抜けた強みがない場合、極端に若い女性ばかりに候補を絞るのは得策ではありません。

婚活の場というのは大抵、釣り合いの取れている年齢の相手を希望している人がほとんどで、年齢が上がっていくほどその傾向が強まります。あまり若さにこだわりすぎず、別の判断基準を設けて婚活を行う方が良いでしょう。女性編でもお話ししましたが、年齢というのは思った以上に大きなハンデになるものです。それは男性の場合でも基本的に変わらないものですので、自覚をもって妥協できるところは妥協していきましょう。

マッチングサービスをうまく使おう

ここまでアラフォーの婚活におけるありがちな失敗とその対策についてお話してきましたが、実際に婚活を行うのであればその場所についても考える必要があります。1番メジャーなのは結婚相談所ですが、1つのサービスに頼りすぎるのが不安であれば、複数のサービスを並行して使用するのも悪くはありません。

おすすめはマッチングサービスです。マッチングサービスはいわゆる出会い系サイトとは違い、結婚に対する本気度の高い人が多く登録していることが最大の特徴です。遊びやお試しでの登録がしづらいシステムになっていることがほとんどの為、恋愛や結婚に対して真剣に向き合っている人との出会いをサポートしてくれます。

自分の魅力をしっかりアピールできる人、自分から積極的にコミュニケーションを取りに行ける人には非常にマッチしているサービスですので、是非ともうまく活用し、良いパートナーとの出会いを手に入れましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る