婚活サイトで素敵な男性となかなか会えないときはどうすればいい?

413view

2018.12.22

目次

婚活サイトでなかなか会えない?40代の女性が婚活サイトを使って婚活を進めるときの一番の悩みは、素敵な男性になかなか会えないことでしょう。

婚活サイトで中々会えない

また、やっと巡り会えた男性とはメッセージを交換するだけでデートにまで発展しないこともあり、悩みは尽きません。一方で、すぐに会う男性は本当に信頼していいのかという疑問もわいてきます。

婚活中の40代女性のブログを通して見える、「会えない」「なかなか会ってくれない」問題について、考えてみましょう。

素敵な男性はどこ?なぜ、なかなか会えないの?

40代ともなれば、結婚に対して真剣にならざるを得ません。出産のタイムリミットもせまってきますから、一日でも早く、結婚したい、するべきだという気持ちが強くなってくるのです。

実際、婚活に励む40代女性の皆さんのブログを見ると、結婚に対していかに真剣に向き合っているか、ひしひしと伝わってきます。

彼女たちが抱える一番の問題は「結婚したいと思えるような素敵な男性になかなか会えない」こと。もちろん、経済力もあり、人格的にも素晴らしい男性は、すでに結婚していることが多いということは事実です。

ですが、婚活サイトには結婚相手を探しているたくさんの男性がいます。事実、プロフィールを見ると、自分にふさわしいと思える男性も多いですよね。

たった1人の結婚相手が見つからないはずはありません。それなのに、なぜ、マッチングしないのでしょうか。一生懸命、真面目に婚活に励んでいるのに、思うように進んで行かない婚活に、女性たちはいらだちと焦りを隠せないのです。

しかし、原因・理由があるから結果が生まれるのが、この世界の法則。何かの問題のせいで出会えないのではないでしょうか。婚活サイトで結婚したいと思えるような男性と会えない理由を、改めて考えてみましょう。

会えない理由その1: プロフィール写真や文章が悪い

その人がどんな人間であるかというイメージは、第一印象に大きく左右されます。

現実社会の職場や学校などでは、たとえ、出会ったときの印象が悪くても、毎日顔を合わせているうちに次第に印象が修正されて、「案外いい人」となることもあります。

しかし、婚活サイトの場合はプロフィールから受けた印象が悪ければ、それっきり。ですから、自分のプロフィールを、もう一度見直しましょう。

婚活サイトでモノを言うのは、まず「プロフィール写真」です。恥ずかしいからといって、ピンぼけの写真を使ってはいないでしょうか。

人物が小さい写真や、ペットを抱いて下を向いた写真などもいけません。どんな顔の人かわからないからです。

反対に、顔が写っていればいいのだろうと言わんばかりに、就職のために履歴書に貼るような、リクルートスーツを着て無表情で写った写真を使うこともいけません。

写真で伝えたいのは、あなたの「顔」だけではありません。「雰囲気」や「人柄」こそ、伝えたいポイントなのです。できれば、自然な笑顔の写真を使いましょう。

服装は、派手過ぎないデザインで暖色系のものが好まれます。音楽やスポーツ観戦など、特に伝えたい趣味があれば、たとえば、サッカー場で撮った写真など、それがわかる写真でもいいでしょう。

ただし、そうすると、その趣味にまったく関心のない人からは、「除外」されてしまう可能性もありますから、あまりコアな趣味の場合は、前面に出さないほうがいいといえます。

次に大切なのは、プロフィールの文章です。簡単な文章になっていませんか。どんな人なのか、その人柄が伝わってくる文章、読んだ人に興味を抱かせるような文章にしましょう。

たとえば音楽鑑賞が趣味であれば、どのようなジャンルか書く、旅行が好きならば、どのような場所が好きかなどを書くといいでしょう。

ただし、ここでも写真のときと同じ注意が必要になります。それは、相手を限定してしまうような内容は出さない、ということです。

「クラシック音楽が大好き。特に〇〇〇交響楽団の演奏は素晴らしい」「海外旅行が好きで、年に2回は海外に行きます」などと書いてしまうと、「自分とは話が合わない」「お金がかかりそうな女性だ」と思わせてしまいます。

多くの男性の関心を引くためには、うまくぼかして書くことも大切です。

会えない理由その2:理想が高すぎる

大切な結婚ですから、相手の年収や学歴、家族構成など、いろいろと気になることがあるでしょう。しかし、「年収800万円以上、大卒、まあまあイケメンで、性格が良く、結婚経験なし」などと高い理想を掲げてはいませんか。

たしかに、婚活サイトの中には自分の理想に近い男性が何人も存在するでしょう。ですから、自分の理想に近い相手だけにメッセージを送り続ける女性もいます。

しかし、素敵な男性をねらうライバルはたくさんいるのです。あまり相手を絞り過ぎてはいけません。

高過ぎる理想のもとに厳しい条件をつけないことが、婚活を成功させるためには必要です。あれもこれも、と欲張ることが許されるのは20代前半くらいまでかもしれません。

40代の婚活では、「譲歩」も大切です。絶対に譲れない条件を1つか2つだけに絞り、そのほかのことは目をつぶりましょう。妥協も必要です。

たとえば年収は、理想より少し低くても生活できる程度の収入があればよいでしょう。容姿も、だれでも年齢を重ねれば衰えるのですから、ほどほどで手を打つことも大事です。このように考えていけば、条件は緩やかにできます。

会えない理由その3:ひかえめすぎる

自信がなく、遠慮がちになって自分をアピールすることができない人もいます。もっと、積極的になっていいのです。でなければ、何のために婚活サイトに登録したのでしょうか。

少しでも気になる人がいたら、どんどんメッセージを送ってみましょう。たとえマッチングしなくても落胆する必要はありません。

たまたま、相手との相性が悪かったのでしょう。もしかしたら、タイミング悪く、ちょうど相手が結婚相手を見つけたときだったのかもしれません。ですから気にせず、次の相手を探しましょう。

もし、相手とマッチングしたら、その後も積極的にメッセージを送ることが大切です。相手からの問いかけには丁寧に返事を返し、自分からも相手に質問をしましょう。

そして、メッセージの中で自分の長所をさりげなく見せておくといいのです。何もアピールすることがないと考えている人でも、料理はするでしょう。

毎日でなくても、簡単な料理しかできなくても構いません。「今夜は肉じゃがを作りました。ちょっと味付けが薄かったのが反省点でした」などと書いてみると男性の反応が違います。

実際に作れば、ウソではありませんからね。結婚したあとで少しずつ料理を練習して、上達していけばいいのです。

すぐに会う男性は、信じていいの?

メッセージを数回やりとりしただけで、「ぜひ、会ってください。ついては、〇月〇日はどうですか」などと、急いでデートの約束を取り付けようとする男性もいます。すぐに会う男性については、次の2つのタイプが考えられます。

1つ目は、「とりあえず、デートする女性を探している人」。結婚しようという気持ちは薄いけれども、女性とデートだけしたい男性です。

結婚に対してはいい加減な気持ちでいますから、あまりおすすめできる男性ではありません。しかし、このタイプの人は、デート慣れしていますから、話が上手で人を楽しませる能力があります。

つい楽しくなってしまい、相手の言うままにデートを繰り返し、深みにはまってしまいがちです。ですから、常に「本当に真面目な人なのかしら」という問いかけを、自分自身に投げかけることを忘れてはいけません。

2つ目は、「結婚を真剣に考えて焦っている人」。あなたとのメッセージ交換で「いい人」と直感したので、他に自分よりも良い人が現れる前に、とにかく話をしたいと思った人です。

こういうタイプの人は、気持ちに余裕がなくなりがちです。デートしたときは、会話の端々に焦りが感じられて楽しくないこともあります。あなたの目には、もしかすると、あまり魅力的に映らないかもしれません。

しかし、実は、こういう人は結婚相手としては悪くはありません。真面目な人に多く見られるタイプだからです。何より、真剣に結婚に向き合おうとしている点が評価されます。

ですから、あなたが見極めるべきことは、彼が必要としているのは「結婚」か、それとも「あなた」か、ということです。とにかく結婚したいだけで、相手は適当でいいと考えている人ならば、交際は避けるほうがいいかもしれません。

「この人となら、すぐ結婚したい」と、あなたに魅力を感じている人なら、交際を進めても大丈夫でしょう。

「今度会おうね」はウソ?なかなか会ってくれない男性

婚活サイトでメッセージを何度も交換し、いい人だなというイメージをお互いに抱いた場合は、ぜひデートしたいですよね。

しかし、「今度、会おうね」といつも言ってくれるものの、実際にはなかなか会ってくれない男性もいます。こういう男性は、どういう人で、いったい何を考えているのでしょうか。

まず、「本当に忙しい人」です。長時間労働をする人が珍しくない日本には、仕事が忙しくてデートの時間すら取れないという男性は一定数います。

しかし、この状態が続くようなら、結婚したとしても彼は仕事を優先する夫になるのは目に見えていますね。結局、この場合は、あなたがどう受け止めるかということがポイントになります。

「忙しそうだけれども、いい人だから私が支えてあげよう」と思えるなら交際を続けましょう。「こんなに忙しい人と結婚しても楽しくない」と思うなら、交際を続ける必要はないかもしれません。

次に「不器用な人」です。これまで勉強や仕事一筋に生きてきて、女性との交際の経験が少ない人に多く見られます。デートでどう振る舞えばいいのかわからず、不安が先に立ってなかなか誘うことができないのです。

つまり、良く言えば「慎重な人」で、悪く言えば「臆病な人」です。しかし、真面目なこのタイプの人は結婚相手としてはいいでしょう。

このような相手は、あなたからさりげなく誘ったらどうでしょうか。たとえば、映画やスポーツ観戦、音楽のライブなど、相手と同じ方向を向くレジャーが最適です。初対面でお互いに向き合うのは疲れそうでも、2人で何かを見ていればいいというのは気楽ですから、OKしてくれるでしょう。

さらに「不真面目な人」もいます。「いい加減な人」といってもいいでしょう。相手が自分を好きになってくれるのを見て楽しんでいるタイプの人です。

彼にとっては、「今度会おうね」は、「おやすみ」「またね」と同じくらいの軽い挨拶でしかありません。デートをセッティングしようとはしないのは、本当に会いたいわけではないからです。

ブログに見る婚活サイトで男性になかなか会えない理由。すぐに会う人、なかなか会ってくれない人への対処法

婚活に励む40代女性の前に立ちはだかる、理想の人に「なかなか会えない」問題。男性とマッチングできないときは、自分のプロフィールを見直すことや、求める条件を高くしすぎないこと、積極的になることが重要です。

しかし、マッチングしたあとも、すぐに会いたがる男性やなかなか会おうとしない男性という新たな問題が生まれることもあります。この場合は、その相手がどのような人か、よく見極めましょう。

婚活サイトで中々会えない

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る