婚活サイトでタメ口のメッセージをいきなり送る男!良いタイミング?

1438view

2019.01.09

目次

婚活サイトでタメ口?婚活サイトを使っていると、最初からタメ口でメッセージを送る男性に会うことがあります。このような男性にどう対応したらいいか、迷っている人もいるでしょう。

いきなりタメ口

ただ、ずっと敬語で会話していても相手との距離が縮まらないので、どこかのタイミングで敬語からタメ口に切り替える必要があります。

ここでは、婚活サイトでタメ口に切り替えるベストタイミングを紹介します。

男性が最初からタメ口を使う理由は?

基本的に婚活サイトでは、メッセージをやり取りして異性との関係を深めていくことになるため、言葉使いがとても重要になります。

言葉使いを間違えてしまうだけで、相手を不愉快な気持ちにさせてしまい、連絡が途切れてしまうこともあるので注意しなければなりません。

婚活サイトを利用するときに一番注意すべきはタメ口です。通常の恋愛と異なり、婚活サイトでは見ず知らずの他人同士がメッセージを交換し合うので、最初からタメ口を使うのは避けたほうが無難です。

ネット上でもきちんと礼儀をわきまえるようにしましょう。

婚活サイトで活動していると、最初からタメ口のメッセージを送る男性がいますが、これはマナー違反です。タメ口で話しかけてくる理由は人それぞれですが、敬語を知らない人だったり、常識に欠けている可能性があるので要注意です。

初対面の相手に対して、いきなりタメ口を使う人と付き合ってしまうと、無用なトラブルに巻き込まれる可能性があるので気をつけなければなりません。本気で結婚相手を探しているのであれば、まともに敬語を使えない男性を相手にするのは避けましょう。

最初からタメ口を使った男性の中には、年下の女性を萎縮させないために、あえて敬語を避ける人もいます。このような男性は、恋愛ノウハウやマニュアル本を鵜呑みにしている可能性があります。

確かにタメ口で話しかけたほうが相手との距離を縮める上で効果的ですが、真剣に結婚相手を探す場には、そのようなノウハウは適していません。初対面の相手にはきちんと敬語で話しかけるべきです。

恋愛ノウハウを鵜呑みにしている男性には、ただ単に婚活や恋愛慣れしていないだけの人もいますが、遊び目的の人が多いので注意しなければなりません。

このような男性とメッセージのやり取りを続けても、連絡先の交換を迫られるだけなので避けたほうが無難です。

真面目な婚活を望んでいるアラフォー女性であれば、最初からタメ口のメッセージを送ってくる男性は無視して、敬語を使える男性と付き合うようにしましょう。

女性も初対面でのタメ口はNG

婚活サイトを利用するときは、女性もタメ口の使い方に注意しなければなりません。タメ口の使い方を間違えるだけで出会いのチャンスを逃してしまうこともあるので、安易な判断は禁物です。

ネット上のやり取りであっても、初対面の相手にはきちんと敬語を使うようにしましょう。

アラフォー女性の場合、婚活サイトで年下の男性に出会う機会が多くなりますが、相手が年下だからといって最初からタメ口のメッセージを送るのは禁物です。

本人に悪気はなくても、タメ口のメッセージを受け取った相手からは「馴れ馴れしい」「軽い人」と思われてしまいます。相手が自分よりだいぶ年下の男性であっても、親しくなるまでは敬語を使うほうが無難です。

早く仲良くなりたいからという気持ちで、最初からタメ口を使うのも禁物です。初対面の相手にタメ口を使われると、見下されている感じを受けたり、怖いと思う人もいるので、決して良い印象にはなりません。

最初から無理にタメ口を使っても逆効果になるだけなので、まずは丁寧なやり取りを心がけましょう。

相手がノリの良さそうな人であっても、最初のメッセージでは必ず敬語を使うべきです。最初からタメ口を使う異性に好感を持つ人は少ないので、きちんと敬語で挨拶しましょう。

これまで婚活に失敗し続けてきた人は、タメ口の使い方に問題がなかったかどうか確認してみましょう。

婚活サイトで出会いのチャンスを得るには、最初のメッセージが肝心です。最初のメッセージの印象によって、このまま連絡を続けるかどうか判断する人が多いので、慎重に言葉を選ぶ必要があります。

敬語を使うことに悪い印象を持つ人はいないので、最初のメッセージに敬語を用いれば、失敗することはありません。最初から相手の名前を呼び捨てにするのは失礼なので、必ず「さん付け」にしましょう。

最初のメッセージで敬語や丁寧語を使うようにすれば、相手に真面目で誠実な印象を与えることができます。真面目な恋愛目的だということを相手にアピールするためにも、相手と親しくなるまできちんと敬語を使い続けましょう。

婚活サイトには様々な年齢層の男性がいますが、相手が年上であっても年下であっても、また同い年であっても、初対面の場では敬意を払うことが大切です。

初対面で相手に与えた印象は、その後もずっと残り続けるので、相手に失礼のないように言葉使いに気をつけなければなりません。

特に年齢を重ねた女性の場合、婚活の場では大人としての常識や立ち振る舞いが求められます。これから婚活サイトを利用するときは、敬語からタメ口に切り替えるタイミングを慎重に見極めましょう。

敬語からタメ口の切り替え時期

初対面の異性に最初からタメ口を使うのは失礼ですが、ずっと敬語を使い続けるのも良くありません。

敬語は相手に丁寧な印象を与える一方で、相手と距離を置いているような印象も与えてしまうため、敬語を使ったままでいると、いつまで経っても相手と仲良くなることができません。

最初からタメ口で話しかけることも、ずっと敬語を使い続けることも、二人の関係性を進展させるにはマイナスにしかならないので注意が必要です。

婚活サイトで出会った異性と親しくなるには、どこかのタイミングで敬語からタメ口に切り替える必要があります。敬語からタメ口に切り替えるベストタイミングは人によって異なるので、相手の性格などを見ながら慎重に見極めましょう。

婚活サイトを利用している人の中には、相手と正式にお付き合いするまでタメ口を使わないと決めこんでいる人がいますが、これは得策とは言えません。

相手とメールやデートをする際に、終始敬語を使い続けていると、相手との距離が縮まらず、正式なお付き合いに発展しにくくなってしまいます。

敬語や丁寧語のままデートを重ねると、「今さらタメ口を使うのも変」という雰囲気ができあがってしまい、距離が縮まらないまま別れてしまうケースもあるので要注意です。

気になる男性との距離を縮めたいのであれば、なるべく早い段階でタメ口に切り替えましょう。

2回目のメッセージからタメ口に切り替えるのは早すぎるので、何回かメッセージをやり取りした後に、タメ口を少しずつ使い始めていきましょう。

今までずっと敬語でやり取りをしていたのに、いきなりタメ口だけのメッセージに変わると相手を驚かしてしまうので、少しずつタメ口の量を増やしていくのがポイントです。

例えば、相手のメッセージに相槌を打つ際に、敬語ではなく「そうだね」などとタメ口にしてみるのも一つの方法です。少しずつタメ口を増やしていけば、相手にマイナスな印象を与えることもなく、自然な流れで仲良くなることができます。

敬語半分、タメ口半分のメッセージを送り、相手と打ち解けてきたら、最終的にタメ口だけのメッセージに切り替えましょう。

相手との会話が盛り上がったタイミングでタメ口を使えば、敬語からうまく切り替えることができます。ただ会話が盛り上がっても、急に相手を呼び捨てにしたり、完全なタメ口で会話してはいけません。

基本的には敬語を使いながら、徐々にタメ口を増やしていくことが大事です。出会いを逃さないようにするためにも、焦らずに、きちんと段階を踏んでいきましょう。

きちんと段階を踏んでいけば、相手に不快感を与えることなく、自然と距離を縮めていくことができます。

婚活サイトは遊び相手を探す場ではなく、将来結婚する人と出会う場所なので、こちらも常識のある態度で接することが大切です。仲良くなることに焦ってしまうと、せっかくの出会いを逃してしまうことになるので注意しましょう。

男性が年上の場合は、男性のほうからタメ口に切り替えてくれるケースが多いので、相手のペースに任せれば大丈夫です。ただし、女性が年上の場合は、男性がタメ口で話しかけてくれるのを待っている可能性があるので注意が必要です。

婚活サイトにはライバルが多いので、こちらがタメ口を使うことにためらっていると、ライバルに先を越されてしまいます。気になる異性との親密度をアップさせるためにも、早い段階で敬語からタメ口に切り替えましょう。

特に婚活は通常の恋愛よりもスピードが大切になるので、自分から積極的に行動する必要があります。

自然にタメ口に切り替えることができない場合は、「仲良くなりたいから敬語はやめませんか?」とストレートに切り出してみるといいでしょう。

「仲良くなりたい」と言われて嫌がる人はいないので、好感度も上がります。ある程度メッセージをやり取りしてから切り出せば、たいていの場合はOKしてくれるので、そこまで身構える必要はありません。

きちんと断りを入れからタメ口に切り替えれば、相手に丁寧な印象を与えることができます。事前に相手から同意を得られれば、タメ口に切り替えるタイミングに失敗することもありません。

遅くても2~3回目のデートまでにはタメ口に切り替えておきましょう。これ以上タイミングが遅れてしまうと、相手と敬語で話すのが普通になってしまい、恋人関係に発展させることができなくなってしまいます。

最初のデートは顔合わせ程度でかまいませんが、2回目以降のデートは、お互いのことを深く知っていく段階に入るため、タメ口で会話したほうがスムーズに仲良くなれます。

2回以上デートするということは、お互い相手に興味がないと実現しないことなので、思い切ってタメ口で話しかけてみましょう。

名前を呼び捨てにするタイミングに注意

タメ口に切り替えるときは、相手の呼び方にも注意する必要があります。

最初は「さん付け」で呼ぶのが無難ですが、いつまでも「さん付け」のままでは、よそよそしい雰囲気になってしまうので、どこかのタイミングで呼び捨てに切り替えなければなりません。

ただし、呼び捨てに切り替えるタイミングは、タメ口以上に細心の注意を払う必要があります。相手とタメ口で会話できるようになったからといって、名前まで呼び捨てにするのは禁物です。

相手の名前を呼び捨てにすることは、タメ口で話すよりもさらに踏み込む行為なので、慎重にタイミングを見極めなければなりません。

こちらから一方的に呼び捨てに切り替えてしまうのは失礼なので、相手の名前を呼び捨てにしたいときは、事前に相手に断りを入れておきましょう。

相手から了承を得るまでは、呼び捨てにしないほうが無難です。「いつも何て呼ばれているんですか?」と質問してから呼び捨てにすれば、相手の機嫌を損ねてしまう心配もありません。

相手の了承も得ずに強引に呼び捨てにしてしまうと、これまでの気遣いが水の泡になることもあるので要注意です。婚活サイトは友達作りの場ではなく、お互い本気で結婚相手を探す場所なので、名前の呼び捨てには特に注意しましょう。

呼び捨てじゃないと仲良くなれないというわけではないので、お付き合いするまでは無理に呼び捨てする必要はありません。

婚活サイトでは本名ではなくニックネームを使う人が多いですが、相手と本当に仲良くなりたいなら、ニックネームではなくお互いの本名で呼び合う必要があります。

相手の本名を教えてもらうことができたら、それ以降のメッセージでは本名で呼び合うようにしましょう。

婚活サイトで使っているニックネームは、あくまでもサイト内で使用するためのものに過ぎないので、ニックネームで呼び合っているうちは仲良くなることができません。

お互いのことを本名で呼び合ってこそ、特別な存在になることができるので、相手と本当に仲良くなりたいと思うのであれば、自分から本名を教えてあげましょう。

徐々にタメ口を増やしていこう

婚活サイトで最初からタメ口を使う男性には注意が必要です。そのような男性には遊び目的の人もいるので相手にしてはいけません。

ただ、親しくなってからも敬語を使い続けたままだと二人の関係を発展させることができないので、徐々にタメ口に切り替えていく必要があります。

急に完全なタメ口を使うのは失礼ですが、徐々にタメ口を増やしていけば自然な流れで仲良くなることができます。

いきなりタメ口

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る