マリッシュにサクラはいるの?噂の根拠と怪しい会員の見分け方

224view

2019.03.15

目次

マリッシュと言えば婚活や恋活に便利なマッチングアプリです。自分の好きな時にお相手探しができ、また様々な条件を設定して探せるので、理想の相手に出会いやすいというメリットがあります。

マリッシュにサクラ

ただ、便利な反面、サクラや業者の存在が気になる所です。これらの存在はネットでの出会いにおいて切り離す事が出来ない問題で、デメリットの1つでもあります。

今回はマリッシュにもサクラや業者はいるのか、また引っかからずに婚活に成功するためにはどうすれば良いのかについて調べてみました。

サクラの定義とは?雇い主はサービスの運営会社

マッチングアプリなど出会い系を利用する時に、一番気になるのがサクラの存在です。サクラに引っかかる事などないと自信がある人もいるかもしれませんが、早く良い人と出会いたいと焦っている時には冷静な判断が出来ず、サクラの罠にはまってしまう事もあるのです。

そもそもサクラとは、運営側が儲けるためにあらかじめ仕込んでおいた人員の事で、いわゆる「やらせ」と同じ事です。出会いを求めて登録しても、良い相手が見つからなければ早々に退会するというのは、ごく自然な流れです。

しかし、運営する側にとっては、課金される事なく退会されては全く儲けになりません。そこで会員の流出を避けるため、魅力的な人員を配置して会員を繋ぎとめるというのがサクラの役割なのです。

サクラの雇い主はそのサービスの運営会社で、サイトによってサクラのタイプも異なります。単に男女の出会いを目的にしているようなサイトであれば、すぐに会っても良いような雰囲気をちらつかせたり、若さやルックスをアピールしたりする傾向にあります。

一方、出会い系の中でも真面目な出会いを目的にしている婚活サイトでは、見た目はもちろん、結婚相手として魅力的な年収や職業をプロフィールに記載して活動している事も考えられます。

どちらのタイプにしても、不自然なほど条件が良いと感じられる人はサクラの可能性が高くなります。

業者の定義とは?雇い主は関係ない組織

サクラと同様に厄介なのが業者の存在です。こちらは運営会社が雇っている訳ではなく、全く別の組織や個人が関与して活動しています。出会い系の中に業者が入り込む理由は、まず他のサイトに誘導するためです。

誘われるがまま指定されたサイトをクリックして登録してしまうと、いきなり高額なお金を請求されるというケースはよくあるトラブルです。

ある程度慣れてくると、魅力的な話がきた場合は「たぶん業者だろう」と無視出来るようになりますが、まだマッチングアプリを始めたばかりの人は業者か会員かの区別が出来ず、軽い気持ちでクリックしてしまいます。そして、後になって事の重大さに気付く事になるのです。

また個人情報を盗むために紛れ込んでいる業者もいます。婚活アプリで理想の相手に巡り合うと、思わずテンションが上がってしまい、つい余計な事まで相手に教えてしまう事があります。

将来的に自分がお付き合いするかもしれない相手だから問題無しと思いきや、実は結婚相手を探している会員ではなく悪徳業者という可能性もあるのです。

業者であれば、あっという間にその教えた情報が闇市場に拡散される事になりますが、個人情報の行き先は誰にもわかりません。時には犯罪行為に使われる可能性もゼロでは無いのです。

マリッシュにサクラはいない!安全対策がしっかりしている

婚活マッチングアプリとして人気のあるマリッシュにも、万が一サクラが紛れているようでは安心して活動出来ません。ただ、この点に関しては、マリッシュは心配する必要がありません。

マリッシュにサクラがいないと断言出来る理由は、まずその明確な料金形態です。これは女性は完全無料で、男性は定額料金になっています。つまりイケメンや条件の良い人員を送り込んでも、女性は元々無料で利用できるので課金する必要はありません。

外部から紛れ込むにしても、月額料金まで支払って活動するにはコストがかかり過ぎるのです。基本的にサクラが多く絡んでくるのは従量制のサービスが多く、定額料金制のサービスは避ける傾向にあります。

また、マリッシュは、再婚を希望している利用者も多く、パートナー探しに真剣な会員が多いです。サクラに対する安全対策もしっかり取られており、24時間365日体制でサイトの開始と会員のサポートが行われています。

不正な登録者がいるとすぐに排除される仕組みになっており、なおかつ会員自身が怪しいと思われる会員の違反報告が出来るようになっています。

つまり、マリッシュの運営側が会員の数を増やそうとサクラを雇ったところで、会員がサクラの存在を見破れば、何の得にもならず撤退させる事になります。

このような意味の無い事をする必要はなく、元々会員が安心して活動出来るよう徹底的に安全性を追求しているサイトですから、マリッシュ自体がサクラを仕込んでいる事は無いと言い切れるのです。

業者や遊び目的の人はいる?残念ながら可能性はある

サクラの存在はほぼゼロと言えますが、業者や遊び目的の会員が紛れ込んでいる可能性はあります。24時間365日体制の監視や、会員による違反報告で見つけ出す事は出来ますが、全ての業者を探し出すのは大変な作業です。

また、マリッシュはメールアドレスさえあれば誰でも簡単に登録出来るので、業者も入り込みやすいサイトと言えます。

ちなみに、登録する際は、運転免許証やパスポート、健康保険証など公的な身分証の画像を送付するか、あるいはクレジットの決済で年齢確認が行われますが、これだけでは業者が入り込むのを防ぐ事は出来ません。

一般の登録者と同じように業者もごく自然にユーザー登録を行って紛れ込んでいるので、100%排除する事は難しいのです。

そして、もう一つ気を付けたい存在が、遊び目的で登録している会員です。本来なら独身・再婚希望者をターゲットにしたサイトですが、中には既婚者が紛れ込んでいる可能性もあります。

本人確認書類を見ても真剣にお相手探しをしている会員なのか見極めるのは難しく、相手の話術ですっかり信じてしまうケースもあります。

こちらも完全に排除するのは厳しいのが現実で、マリッシュは安全性の高いマッチングアプリではあるけれど、業者や遊び目的の会員がいる可能性はゼロではない事を頭に入れて活動していく必要があります。

怪しい会員の見分け方

業者や遊び人など本来の婚活目的ではない会員がいるとすると怪しい会員の見分け方がなければ、騙されてしまいますよね?ですので、危険人物を見分ける方法について考えて行きましょう。

怪しい会員の見分け方1:プロフィール写真が格好良すぎる

マリッシュのような出会い系で知り合うケースは、学校や職場での出会いとは違い、相手の事を全く知らない状態から始まります。相手の情報はプロフィールと写真のみになっているので、やはりルックスの良い人は人気が高くなる傾向にあります。

もちろんルックスを重視してお相手探しをするのは自由です。そして、その写真の相手が真面目な出会いを探している会員なら全く問題はありません。ただ、勧誘目的で入り込んだ業者が魅力的なプロフィール写真で気を引こうとする可能性もあるので注意が必要になります。

怪しい会員の見分け方は、プロフィール写真がまるで芸能人のように容姿が整っている事です。冷静に考えると、芸能人のようなイケメン、または美女が出会い系に登録してお相手を探している事はまず考えられません。

「なぜこんなに素敵な人が?」と感じるほど魅力的な会員に遭遇した際は、少し冷静になって判断しなければいけません。ちなみに、男性会員向けには水着や露出の多い女性、女性会員向けにはモデルや俳優のようなルックスの良い男性の写真で誘い出そうとする事が多いです。

怪しい会員の見分け方2:プロフィール画像を検索してみる

プロフィール写真を見て凄くカッコいい、または可愛いと感じる相手がいるとテンションが上がります。それと同時に何故この人が出会い系で活動する必要があるのか?という疑問もわいてきます。

写真の雰囲気が素人が撮影した感じがしない、プロの技が施されたような不自然さを感じた時は要注意です。その写真が本当に本人のものか不安な時は簡単にチェックする方法があります。

それは使用されているプロフィール画像をネット上で画像検索にかけてみるという方法です。

Google画像検索の方法は、調べたい画像をクリックし、検索窓にドラッグ&ドロップする事で、同一の画像や類似画像が表示されるようになっています。

業者などが成りすましている場合は、他人のブログやSNS、フリー素材から転載事している場合が少なくありません。そのため、もし画像検索で同じ写真が出てきた場合は、業者である可能性が非常に高いと言えるでしょう。
▶google画像検索

怪しい会員の見分け方3:プロフィール内容があっさりしすぎ

怪しい会員の見分け方として、プロフィールもチェックしておきたいポイントです。ネットでの出会いの場合、自分の事を相手に知ってもらうには、写真とプロフィールしか手段がありません。

特に婚活中で真剣に相手を探しているなら、少しでも良さをアピールするためにプロフィールも真面目に書き込むのが普通です。

ちなみに、マリッシュには学歴や職業はもちろん、これまでの結婚歴、子供の有無、結婚に対する思いなど、一般的な条件以外にも詳しく自分の情報を設定出来るようになっています。

しかし、業者の場合は、そもそも結婚相手を探している訳ではないので、プロフィールの設定も適当になってしまいます。まともなのは身長や体型ぐらいの情報で、学歴や職業は曖昧な表現になっている事が多いです。

掲載されている写真は自信満々の表情であるのに対し、プロフィールには相手が欲しいと思う情報が無ければ、怪しいと言わざるを得ません。こういったケースは個人的にやり取りが始まった後でも同じで、詳しい情報について聞いても適当に流される可能性が高いです。

怪しい会員の見分け方4:プロフィールがハイスペック

あっさりし過ぎたプロフィールも怪しいですが、逆にハイスペックなプロフィールも簡単には信頼出来ません。男性会員は年齢や容姿を重視する事が多いですが、女性は相手の年収や職業などを重要視するため、その女性の思いを利用して業者がねつ造している可能性があります。

ハイスペックな男性会員を見つけると冷静に判断出来なくなるかもしれませんが、スペックが良すぎるのに独身という時点で、まず怪しいと思わなければいけません。

女性会員を騙すためにハイスペックなプロフィールにねつ造している場合は、整った容姿に加え、高い年収に身長など女性が好みやすい条件でアピールしています。

また、近年は趣味を重視して結婚相手を探す女性も多いので、趣味も女性ウケの良いものを狙って書き込んでいる事があります。

ハイスペックな条件に仕立て上げて活動しているのは、婚活詐欺やネットワークビジネスなどお金目的、あるいは既婚者であるものの浮気や遊び目的で会員登録している事が考えられます。

怪しい会員の見分け方5:自己PRがなれなれしすぎる

プロフィールでは詳しい自分の条件以外に、自分の良さをアピールするため自己PR出来るようになっています。

あまりにもかしこまった文面では堅い印象を受けますが、真面目である事は感じ取れます。逆に敬語や丁寧語が使われておらず、なれなれしい口調の文章には違和感を感じてしまうものです。

本気でお相手探しをしているなら、相手に不快な気持ちになって欲しくないと、自己PR1つにしても時間をかけて考えるのが普通ですが、いかにも思いつきで考えたような適当な文面では真剣さが感じられません。

また、マッチング成立後、個人的にやり取りが始まってからは、さらに距離の近さを感じさせるメッセージを送ってくる人もいます。

もちろん普通の会員の中にも、早く距離を縮めたいと敬語からタメ口へと変わっていくタイプの人もいますが、最初から友達だったかのようになれなれしく言葉をかけてくる人は、出会い系の利用に慣れている事が考えられます。

さらに、真面目な出会いであるにも関わらず、下ネタを言ってくるような人も本気度が低く要注意人物と言えます。

怪しい会員の見分け方6:すぐに会いたいと書いてある

マッチングアプリでの出会いは、マッチングした後に何度かメッセージのやり取りをします。「どんな人なのかな?」「早く実物を見てみたい」と思う人もいますが、メッセージの中から相手の姿が垣間見える事もあるので、何度かメッセージの交換をするのも大事な過程なのです。

しかし、会員の中にはこの暗黙のルールを無視して、すぐに会いたい、LINE交換したいとアピールしてくる人もいます。

マッチングしてすぐに個人情報や連絡先を聞いてくるタイプは業者である事が多く、連絡先の交換や会う事を持ちかけてくるタイプは遊び目的で登録している会員が多いです。

ちなみに、マリッシュでは、マッチング直後のメッセージを送る時に電話番号やLINEなど、個人的な連絡先を教え合うのは禁止されています。

何通目のメッセージで聞いて良いのかという事も特に決められていませんが、まだ2~3通の段階で誘われた場合も断った方が賢明です。

もしかすると相手から「真面目過ぎる」とか「もっと楽に考えて」など巧みにそそのかされるかもしれませんが、本当に自分に対して真剣な思いを持ってくれている相手なら、こちらのペースに合わせてくれるはずです。

しっかりと信頼関係を築き、自分が「この人なら大丈夫」と確信を持てた時こそが、LINEの交換、または会うタイミングとなるのです。

怪しい会員の見分け方7:facebook認証の有無

怪しい会員かどうかを見極める方法として、facebook認証されているかも大きな判断材料となります。マリッシュの場合は最初に会員登録する際、メールアドレスかfacebook認証の2通りから選べるようになっています。

普段からfacebookをしておらず、メールアドレスで登録している人も多いので、会員全員をチェックできる方法ではありません。また、メールアドレスで登録している人でも真面目に婚活に励んでいる人も多いので、一概にメールアドレスだからダメとは判断出来ません。

しかし、逆に考えると、facebook認証で登録している人なら業者や遊び目的である可能性は限りなく少なくなります。

そもそもfacebookは本名での登録が原則となっているので、業者が一件ずつfacebookのアカウントを用意するのは手間がかかり、メールアドレスの方が手っ取り早いのです。

ちなみに、facebook認証によってマリッシュに登録している場合は、プロフィール画像の右上に「f」というマークがつく仕組みになっています。

アプローチをしてくる人、または自分が好意を持っている相手の中に信頼できるのか不安な人がいる場合は、このfマークを見つけられると要注意人物である可能性のリスクを少し減らせる事が出来ます。

もちろん業者の中にはマメなタイプがいて、facebook認証で登録している事もあるので、100%大丈夫とまでは言い切れません。

要注意!利用規約で禁止されている内容とは?

マリッシュの利用規約には、いくつか禁止されている事が記されています。具体的には、まず「既婚者の会員登録とコンテンツの利用」です。元々シングルマザーやシングルファーザーの再婚に力を入れているアプリですが、既婚者が利用する事は一切禁止されています。

プロフィール設定画面には結婚歴という項目があるのですが、独身(未婚)・独身(離婚)・独身(死別)から選べるようになっており、当然既婚という選択はありません。離婚調停中や別居中なら大丈夫かと迷うところですが、こちらも完全に離婚するまで登録は認められていません。

次に、「公序良俗に反する行為やコンテンツの閲覧者に不快感を与える行為」があります。

これは、売春や暴力等いわゆる社会秩序を乱す行為、また性描写や残酷な表現、差別表現、犯罪を誘発する表現などの事で、これらに関するメッセージが確認された場合はもちろん削除されます。

そして、大量のデータ転送や、不正な連続アクセスなどサーバーに負担をかける行為も「マリッシュのサービスの運営を妨げる行為」と見なされ禁止されています。

さらに、「第三者のなりすまし」は、いわゆるサクラや悪徳業者の事で、違反報告を受けた場合は強制退会させられる事になります。

怪しい会員を見つけた場合の対処法

では、アナタが怪しい会員を見つけた場合には、どうすれば良いのでしょうか?そのような場合の対処法について考えて行きましょう。

怪しい会員を見つけた場合の対処法1:ブロック

マリッシュで活動している時、もしかするとサクラや業者、明らかに遊び目的で登録しているような要注意人物に遭遇するかもしれません。

自分の中では相手に対して明らかに怪しいと思っており、これ以上は接触したくないと考えていても、何度もしつこくメッセージが送られてくる事もあります。

こういった時の対処法として、まずブロック機能を使うという方法があります。ブロック機能とは、自分と相手の画面にお互いを表示しないという設定で、相手側には退会済みと表示されるようになります。

ブロックされた相手は、ブロックした人について情報を検索出来なくなります。メッセージが送れなくなるのはもちろん、「いいね」もつけられずアプローチする事は不可能となるのです。

つまり一旦ブロックされると、そのブロックした人とは二度と連絡を取ることが出来なくなります。ブロックは相手のプロフィールから簡単に設定できるようになっており、自分のマイページからでないと解除出来ません。

何度も誘いのメッセージを受け、その度に無視しているだけでは、逆恨みされて怒りの矛先を向けられる可能性もゼロではありません。そういった意味でも、完全に相手の前から存在を消す事が出来るブロックは非常に便利な機能と言えます。

怪しい会員を見つけた場合の対処法2:違反報告

明らかに怪しいと思われる会員を見つけた時は、自分で違反報告をする事も出来ます。例えば、他のサービスに勧誘されたとか、しつこく個人情報を聞かれるなどは、明らかにマリッシュの本来の利用目的からかけ離れています。

自分が不快な思いを二度としないためにも、また他の会員が同じような被害に遭わないためにも、悪質なユーザーは積極的に通報して運営側に知らせた方が良いのです。この違反報告は、相手のプロフィール画像を開いて行います。

違反報告の画面を開くと、誹謗中傷や不正誘導、マナー・モラル違反、利用間違い、犯罪行為、個人情報の掲載、他人の画像掲載など様々な理由から選べるようになっています。

まずは、会員のどのような行為が違反しているのか理由を選び、それについての詳細情報を150字以内で記入していきます。全て入力し終えた後に違反報告のボタンを押すと、その情報は運営側に送られます。

違反報告された会員が退会させられるかどうかは、マリッシュの運営側の判断に委ねられます。もし、相手が業者であれば早期発見にも繋がり、今後の予防対策にもなるので非常に有効な対処法となります。

規約違反の会員は強制利用停止に!

会員からの違反報告によって、会員資格が無いと判断されると強制利用停止になります。また、強制利用停止の前段階として警告メールが送られる事もあります。

これはお相手への悪口、傷つける表現、さらには犯罪に関する事が記載されている場合で、警告メールが送られた後も改善しない様子であれば強制利用停止となります。

そして、規約違反によって強制利用停止となった会員は再入会する事も禁止されています。メールアドレスなど会員の個人情報を保持するなど徹底されているので、今後マリッシュでは活動する事が出来なくなるのです。

マリッシュにサクラはいない!怪しい会員に注意しよう

基本的にマリッシュにはサクラはいないと考えられています。ただ、要注意人物はサクラだけではありません。業者や遊び目的で入り込んでいる会員もおり、怪しい会員はゼロとは言い切れないのです。

特に出会い系でのお相手探しに慣れていない人の場合は、相手の甘い言葉にのせられて信じてしまうケースもあります。理想的な相手から声をかけられると嬉しくなってしまうものですが、少し冷静になってみて、相手の事が本当に信じられるかどうかを判断する必要があります。

プロフィール写真がまるで芸能人のような雰囲気、プロフィールがハイスペックすぎるといった人物は何らかの勧誘を目的にした業者かもしれません。

また、すぐに会いたがる、LINEの番号を聞いてくる、最初からなれなれしさを感じさせる人は、浮気相手を探している既婚者や遊び目的で登録している可能性が高くなります。

自由にお相手探しが出来る反面、マッチングした後は1対1の個人的なやり取りになり、誰かのアドバイスを聞きながら活動するわけでもありません。全て自分で判断してお付き合いを進めていく事になるので、相手を見極める力がとても大切になるのです。

もし、何らかの不審な点が見つかれば相手に遠慮する必要はありません。ブロック機能や違反報告をして2度と関わらないようにすれば、後になって騙されたと自分が傷つく事も無くなります。

マリッシュにサクラ

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る