婚活サイトで出会った人と連絡先交換、ベストなタイミングは?

375view

2018.12.25

目次

婚活サイトで連絡先交換?婚活サイトで異性とやり取りを始めると、いずれは携帯電話の番号など、個人的な連絡先の交換の話が出てくる場合が多いです。

連絡先交換のタイミング

でも、「うまくいかなかったときのことを考えると、ちょっと怖い」としり込みする人もいるでしょう。しかしアラフォー女性の婚活においては、いつ個人的な連絡先を交換するかでその後の展開も左右されます。

実際、どのタイミングでお互いの連絡先交換を切り出すのがいいのか、ケースごとに説明しましょう。

タイミングその1・一定期間やり取りしたら

婚活サイトの多くは、Webページや専用のアプリを通じて、メッセージをやり取りできる仕様になっています。マッチングをしたのちは、これらの機能を通じて個別に連絡を取りあう仕組みです。

マッチングしてから日がたたないうちは、婚活サイトを通じてやり取りをする人がほとんどでしょう。

しかし、やり取りを始めてから1~2週間経過するころにはどちらからともなく「メールで連絡を取り合いませんか?」と切り出すケースも多いです。

実際にいつから婚活サイト外でのやり取りに移行するかは人それぞれですが、「お互いの趣味」や「デートで行ってみたいところ」など、具体的な話が出てきたら、移行するチャンスです。

そのとき、どういう言い方でやり取りの方法を変えるのを切り出すかは、状況に応じて考えましょう。「もっと仲良くなりたいから」など、前向きな言い方で切り出すのはおすすめです。

特に、「デートで行ってみたいところ」の話題が出ていた場合は、「一緒に行ってみたいから、デートの計画を立てませんか?」と切り出し、連絡先を聞く方法もあります。

チケットの手配やお店の予約など、細かいやり取りが必須になるため、頻繁に連絡を取ったほうがいいからです。

また、婚活サイトのアプリによっては、スマートフォンとの相性次第でメッセージが届いていることがわかりにくい場合もあります。

そのような場合は「返事が来たらすぐに見たいから」というのも効果的でしょう。大切なのは、「もっとあなたとやり取りをしたい」というプラスの気持ちを打ち出すことです。

「自分のことを気にかけてくれているんだな」という気持ちが伝われば、連絡先の交換にも前向きに応じてくれる人は少なくありません。

もちろん、連絡先の交換をしたいと思うなら、その前にお互いに「自分はどんな人間なのか」を積極的に伝える必要はあります。

どんな人間かわからない相手に、自分の連絡先を伝えるのはなかなかハードルが高いからです。例文としては「あなたのことがもっと知りたいし、自分のことももっとお話ししたいです。

すぐに連絡がとれるようにしたいから、連絡先教えていただけますか?」などがいいでしょう。

タイミングその2・実際に会う予定が決まったら

もちろん、「会ったこともない人に自分の個人情報を渡すのは怖い」と、連絡先を交換するのに消極的な人もいます。婚活サイトがきっかけで、ストーカーや強姦などの性犯罪が起きていると報道されているのも事実なので、仕方ありません。

そのような心理的抵抗を感じている相手に対しては、実際に会う予定が固まるまで、無理に連絡先の交換を求めるのはやめましょう。

もちろん、男性の方から「お会いするのでしたら、連絡先を教えます」というように、先にアプローチがあった場合は、教えてかまいません。

しかし、やり取りを重ねていくうちに、実際に会ってみる予定が固まった場合は別です。実際に会ってみるということは、相手に対する心理的な抵抗感が薄れてきているのも事実なので、連絡先を交換する絶好のチャンスとも言えます。

そこで、連絡先を交換する際は、「待ち合わせるときに連絡が取れないと不便だから」など、連絡先を交換したい理由をはっきり示しましょう。そして、自分から先に連絡先を教えることをお勧めします。

なお、携帯電話など、簡単に交換ができない情報を教えることに抵抗がある相手の場合は、フリーメールのメールアドレスなど、比較的簡単に交換ができる情報を教えてもらうよう、アプローチを変えるのもおすすめです。

例文としては、「お会いできるのはうれしいです。でも、万が一はぐれてしまったら困るから、フリーメールでいいので、すぐに連絡がつく連絡先、教えてもらえますか?私の連絡先は次の通りです」などが考えられます。

タイミングその3・実際に会ってから

実際に会う予定が固まったとしても、「連絡先はお会いしてからにしたい」という人も中にはいます。こういう場合でも無理強いはやはり禁物です。

その場合、「どこで何時に待ち合わせするか」「どんな格好で来る予定か」「遅れた場合、どこに連絡してくれればいいか」を綿密にすり合わせましょう。

せっかくデートの約束までこぎつけても、実際に会うことができなければ、それまでの努力も水の泡です。もちろん、お互いに婚活アプリのメッセージがすぐに開ける状態にした方がいいのは言うまでもありません。

そして、実際に会って話が弾んだ場合、連絡先の交換を切り出してみるのをおすすめします。

事前に連絡先の交換をするのを渋っていた相手であっても、実際に会ってみて「この人となら、今後もやり取りしたい」と思ってくれたなら、連絡先交換に応じてくれるケースは多いです。

この場合の例文としては、「またお会いしたいので、連絡先教えていただけますか?」とストレートに話すのがいいでしょう。

しかし、ここまでしても連絡先を教えてくれない場合も中にはあります。状況にもよりますが、「この人とはご縁がなかったのかもしれない」と思い、次に進む覚悟も必要です。

婚活をはじめとする出会いは、タイミングに左右される部分も大きいので、落ち込むよりは、前向きな気持ちを持ちつづけましょう。

タイミングその4・やり取りを始めてすぐ

婚活サイトのアプリの仕様や、お互いが使っているスマートフォン・パソコンの環境によっては、アプリを動かすと、スマートフォン・パソコン自体がフリーズしてしまうこともあり得ます。

そういう場合、再インストールが必要になったり、そもそも再インストール自体ができなったりすることもあるのです。

また、スマートフォン・パソコンは精密機器である以上、いつ壊れるかなんて誰にもわかりません。運が悪いと、やり取りを始めてすぐにスマートフォン・パソコンが故障してしまうのもあり得るのです。

そうなってしまった場合、やり取りをスムーズに続けられず、そのままフェードアウトしてしまう、あまりにもったいない結果も考えられるでしょう。

こうならないためには、やり取りを始めてすぐに、お互いのメールアドレスや携帯電話を交換しておくと効果的です。ただし、この方法をとる場合は、どちらか一方だけが教えるというのはおすすめできません。

できれば二人同時に交換するのが望ましいでしょう。

例文としては、「どうも私のパソコン(スマートフォン)では婚活サイトのアプリがうまく動かないみたいです。メッセージがみられないのは悲しいので、連絡先教えていただけますか?」と書いてみるといいでしょう。

ポイントはあくまで「あなたからの連絡を逃さないようにしたい」という気持ちを打ち出すことです。

もちろん、いきなり連絡先を交換することに嫌悪感を示す人もいます。そのような人に対しては「なぜ、連絡先を交換しようと思うのか」について、理由を含めて説明する必要があります。

「悪用をするわけではないこと、機械の故障で連絡が取れないという事態を避けたいこと」を丁寧に説明すれば、応じてくれる場合も多いです。

しかし、理由を説明しても、心理的な抵抗からなかなか教えてくれない人もいます。そういう人に対しては、無料で作成できるメールアドレスを連絡用に作ってもらうなどの代案を示しましょう。

それでも無理なら、深入りはしないのをおすすめします。

タイミングその5・ブログのURLを教える方法もある

もしあなたが、「連絡先を聞かれる側」だった場合、メールアドレスや携帯電話の番号を教える代わりに、考えることのできる1つの方法があります。 それはブログのURLを教えることです。

ブログには、メッセージ機能がついていることが多いので、そこからメッセージを送ってもらうことで、やり取りもできます。

また、Webページの内容にもよりますが、ポジティブな内容の多いページだったら、相手に対しても自分の人となりを理解してもらうきっかけになるはずです。

一方、ネガティブな内容の多いページだったら、教えない方が無難かもしれません。内容によっては、相手の心証を害し、実際にデートをするどころか、やり取りそのものを中断されてしまう恐れもあります。

とはいえ、「どうしても会ったことがない人に連絡先を教えるのは苦手」という場合、こういう方法もあると覚えておきましょう。

おかしいと思ったらブロックも視野に入れる

そして、婚活サイトを通じて知り合った相手と連絡先を交換する場合、一つ注意しなければならないことがあります。 婚活サイトを利用する人は、その多くが真剣に結婚相手を探している人です。

しかし、独身証明書の提出を義務付けていないサイトでは、まれに既婚者が会員登録をしている場合もあります。やり取りをしていておかしいと思ったら、その相手とは連絡先を交換せず、ブロックしましょう。

逆に、実際にデートするまでに至ったのに、連絡先の交換を申し出ても応じてくれない場合も、注意が必要です。安易に深入りしてしまうと、不貞行為を疑われてしまうリスクも生じます。

たしかに、結婚するためには、積極的に行動するのは大切ですが、「どう考えても結婚できない相手」とのやり取りで消耗する必要はありません。

アラフォーと言われる年代で婚活をする場合、結婚を急ぐ事情がある場合も多いため、冷静な判断がしにくくなる人もいます。

しかし、どんな状況であっても、「自分にとって何が一番幸せか」を考え、一歩一歩着実に行動していくのをおすすめします。

婚活サイトの相手の連絡先交換はタイミングが大事!例文にとらわれず柔軟な判断を!

婚活サイト経由で知り合った相手と連絡先交換の際に慌てないためにも、ある程度の例文は考えておいたほうがよさそうです。しかし、お互いが連絡先を知りたい、と思えたときに教えるのが一番であるのは言うまでもありません。

もちろん、その時にとっさに気が利いた言い方が浮かばないときは、自分が書いているブログのURLだけでも教えておくと、まったく連絡がつかないという事態は避けられるでしょう。

連絡先交換のタイミング

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る