婚活パーティーのカップリング成功率を上げる方法!成婚率も低いの?

427view

2018.12.29

目次

婚活パーティーの成功率?婚活パーティーをきっかけにした結婚率は、約5~10%ほどといわれています。成婚率を高めるには、婚活パーティーでカップルになる成功率を高めることが先決です。

婚活パーティのカップリング

そこでここでは、婚活パーティーで出会って付き合う方法についてまとめてみました。カップリング成功率アップするにはどうすればよいか、チェックしてみてください。

婚活サービスを通じて結婚した人は増加傾向

婚活パーティーで知り合って結婚した人の数は、大体5~10%ほどと見る説があります。アバウトな数字で、しかも割合的に多いようには見えません。

婚活の手段として大きな期待が寄せられている割には、せいぜい10人に1人くらいの成婚率なのかとガッカリする人もいるでしょう。

婚活パーティーに参加さえすれば結婚できる可能性があると頼りにしている人にとっては、5~10%のうちの1人に入れないかもしれないと焦るかもしれません。

だからといって、婚活そのものに意味がないように考えるのは間違いです。そもそも、結婚したいという意欲をなくしてしまえば結婚の可能性は縮小していきます。結婚したいという意志から、婚活はスタートするのです。

実は、婚活サービスを通じて結婚に至った人の割合は増えています。ある調査によると、2013年には4.3%だった割合が2016年には11.3%に高まっているとの結果です。

3年で、2倍以上の成婚率がアップしている事実は見逃せません。婚活パーティーも婚活サービスの一種ですから、婚活パーティーを通じて結婚している人の割合は増加傾向にあると見てよいでしょう。

調査データはあくまでも過去の結果ですから、これからもあまり期待できないなどと見込む必要はありません。また、自分が成婚した人になればよいわけです。

結婚につながる確率は低いと思って婚活パーティーに出るより、結婚できるかもしれないと期待してパーティーに出たほうが楽しいでしょう。成婚率を高めるも低めるも、自分次第です。

結婚に至ったきっかけは、誰もが正直に公言しているとは限りません。むしろ事実とは異なるきっかけを公言する人も多く、婚活パーティーは成婚のきっかけとして隠される傾向があります。

となると、婚活パーティーを通じて結婚した人の割合も、実際はもっと高い可能性が出てきます。いずれにしても結婚のきっかけとなった人がいるのですから、チャンスに賭けてみるのが正解です。

婚活パーティーでのカップリング成功率

成婚までいかなかったとしても、婚活パーティーでの出会いが付き合うきっかけになった人は少なくありません。実際、何度も婚活パーティーに出て何人もの男性と付き合ったという女性もいます。

アラフォー女性にとって、異性との出会いの場になるだけでなく、交際に至るきっかけになるチャンスは見逃せないのではないでしょうか。

婚活パーティーを通じてどのくらいのカップルが成立しているかという割合は、全体的には把握できません。婚活パーティーとひと口にいっても、内容も参加者もそれぞれ異なります。

多数のカップルが成立している婚活パーティーもあれば、ほとんどカップルが成立しないカップルもあるのが実際です。なるべくカップリング成功率の高い婚活パーティーを選んだほうが、波に乗りやすいでしょう。

婚活パーティーで出会った人と付き合ったことがある女性の中には、一度のパーティー参加で複数の異性と知り合って同時進行で交際を始めてみる人もいます。

二股というと聞こえが悪いかもしれませんが、婚活では同時進行で複数の男性と付き合うケースが珍しくありません。浮気と違って、複数の男性との交際は認められている節があります。

お見合いでは複数の候補を検討することもあると考えると、納得がいくことです。ただ、婚活パーティーに一度出ただけで何人もの男性と交際を始められる人ばかりではありません。

婚活パーティーを通じて交際に発展させるには、何度もパーティーに参加したほうが確率が高まります。

実際、婚活パーティーで出会った男性と付き合ったことがあるという女性には、何度も婚活パーティーに出ているケースが目立ちます。

一度参加してみてカップルになれなかった、楽しめなかったと感じても、異なるタイプの企画に参加してみればチャンスが増えるでしょう。

一番の目標は、結婚につながる相手と出会って付き合うことです。婚活パーティーに参加するたびにカップルになる必要はなく、パーティーに参加するうちに結婚できる人とカップルになれればよいのです。

婚活パーティーに出てカップルになれなくても、次のパーティーにチャンスがあると期待してください。

結婚相手の条件は低いほうがカップリングしやすい?

婚活パーティーに次々に参加して、何人もの男性と交際する女性もいます。目的は多くの男性と交際することではないとはいえ、なかなかカップルになれない女性からすればなぜ自分は駄目なのだろうと悩むかもしれません。

そんなとき見直してみてほしいのが、結婚相手に求める条件です。婚活パーティーでカップルになれる確率が高い女性は、結婚相手に求める条件を高く設定しすぎない傾向があります。

実は結婚相手としての理想像は高いとしても、それは一旦脇に置いていろいろな男性と付き合ってみているのかもしれません。

タイプの異なる男性と交際してみると、異性に対する考え方が変わってきます。結婚への考えが変わってくることもあるほどです。

頭で考えた結婚相手の理想像は、実際の結婚生活に幸せをもたらしてくれるかどうかわかりません。そもそも男性との交際経験が少なければ、どんな男性と相性が良いかにも気付いていない可能性があります。

結婚は、交際時代とは違って共に生活をしていく家族です。楽しいことも苦しいことも、共に乗り越えていける相手を探す必要があります。

だからこそ、相性の合う人かどうか付き合ってみることが大切です。年収が高い人のほうが生活の支えになるでしょうが、もしも相手が財布を握って離さないような人なら経済的に恵まれた生活を送れるとは限りません。

年収が低めでも、財布を預けてくれる人のほうが家計を自由にやり繰りできます。条件だけに縛られて結婚相手候補を探していると、せっかく良い人と出会ってもチャンスを逃しかねません。

とはいえ、条件をゼロにするのではなく、どうしてもこれだけは譲れないという条件を1つか2つ持っておくのはいかがでしょうか。

その条件は、婚活パーティーで出会った人と付き合ってみるうちにハッキリしてくる可能性もあります。何度も婚活パーティーに参加するうちにカップリング率や成婚率がアップする理由は、こんなところにもありそうです。

なかなかカップルになれない、結婚相手にふさわしい人と交際できないと悩んでいる人は、婚活パーティーで探す相手の条件を見直してみませんか?

カップルになりやすい婚活パーティーでの行動

婚活パーティーでカップリング率を高めるのは、結婚率を高めることにもつながります。成功のコツの一つは、積極的に行動することです。

待ちの姿勢でいると、婚活パーティーでのチャンスは少なくなります。ただし、積極的になりすぎるのもマイナス印象になりがちです。

適度な積極行動で好印象を持たれるためには、NG行為をしていないか気を付けておくことも大切です。例えば、過剰に積極的な行動をすることもNG行為の一つ。

自慢話ばかりになったり、相手の話を聞いていないと判断されるような対応をしたりするのは禁物です。自分の話を聞いて受け答えしてくれていると気付くと、人は相手に好感を抱きます。

真面目で誠意のある印象にもなり、安らぎの家庭を作れるのではないかという期待にもつながるでしょう。

誰にでもニコニコと愛想よく接する態度は、プラスにもマイナスにもなり得ます。婚活パーティーではどちらかといえばプラスに働くことが多いものの、多くの人に目立つほど愛想を振りまきすぎるとアイドル気どりかと思われかねません。

婚活パーティーに参加する男性の意見では、どちらかといえば控えめにいつもニコニコしている人のほうが好感を持たれているようです。

当然のことながら、気に入らない相手に対して露骨に拒否反応を示す人も不人気です。婚活パーティーに参加した人全てに好感を持つ人は、まずいないでしょう。

誰にでも、苦手なタイプはいるものです。ただ、どこで誰が見ているかわかりませんから、苦手なタイプの人にも真面目な対応をするようにしておきましょう。

男女とも、結婚相手には寄り添い合えるものを求める部分があります。価値観や食事の好みなどが近いほうが気が合いやすいのですが、仮に違う部分が多くても相手に寄り添う気持ちは大切です。

合わない部分があるからすぐに切り捨てるというのでは、結婚の可能性がどんどん遠のいてしまいます。我慢ではなく、相手を知ることを大事にすると、歩み寄って仲良く暮らしていける夫婦になれるでしょう。

カップルになる前からそんな姿勢を重視できれば、カップルになれる確率も高まるはずです。

2~3度会ってみて納得できた人と付き合ってみる

理想の条件に合った人と出会いたいから婚活パーティーを利用するという人は、少なくないでしょう。しかし、実際に婚活パーティーに出てみると、理想のタイプの人ばかりが参加しているわけではないとわかります。

そこで婚活パーティーでは結婚相手は見つからないとあきらめてしまうと、アラフォー女性の結婚の可能性は一つ失われます。

まずは、婚活パーティーで異性と出会えるチャンスを大切にしてみてください。そもそも、婚活パーティーに出なければ得られない出会いもあります。しかも、多くの参加者の中から選ぶことができるのもメリットです。

タイプの人がいなかったで終わるのではなく、少し話してみて気が合った人とはもう少し話してみようと前向きになることをおすすめします。

婚活パーティーで仲良くなった人とは、デートに発展することもあります。相手から誘われることもありますし、自分から誘ってもOKです。

このとき、結婚を意識しすぎないことも大切です。最初から結婚を意識しすぎると、ハードルを高くしてしまうかもしれません。

出会いのチャンスを育むためには、ハードルをなるべく低めにしておつきあいするのが効果的です。男女関係を意識しすぎず、普通の人間関係と思って思いやり合いながら交際できることを目標にしてみてください。

デートは交際への第一歩、結婚への道しるべかもしれませんが、真面目なおつきあいをすることを優先させましょう。

2~3度会ってみてまだ会いたいと思う人とは、今後も良い交際ができる期待大です。結婚につながる可能性もありますから、さらに関係を大切に育むようにしましょう。

こうして誠意をもって交際することで、婚活パーティーが結婚のきっかけになっても公に堂々と宣言しやすくなります。意外なところで、デートの時間にも気を付けておくとよいでしょう。

夜にばかり会っていると、印象が偏ります。結婚生活は24時間の相手を知ることになるので、昼夜を問わずデートしていろいろな側面を見ておくことをおすすめします。

新たな一面を毎回知って、魅力が増すメリットになるかもしれません。自分の都合がなかなかつかなくても、夜にばかり会いたがることに不信感を抱く男性もいます。偏りのない印象を与えたほうが、カップルの成功率は高くなります。

前向きに婚活している人が好印象

婚活パーティーに期待して何度も参加しているのに、なかなか良い人に巡り会えないと悩んでしまう人もいるでしょう。カップルになれないことで、自信をなくしてしまうかもしれません。

しかし、そのままの落ち込みを次の婚活パーティーで態度に出してしまうのはおすすめできません。人には誰でもネガティブになる瞬間があって当然ですが、だからといって落ち込んでばかりいる人は魅力が半減してしまいます。

婚活パーティーは、知らない人同士が結婚相手を求めて集う場所です。自分の最大限の魅力を感じてもらう必要があり、一時的な落ち込みなど見せている場合ではありません。前向きな態度でいるほうが、プラスの印象になります。

そうはいっても、自信満々で無理して空元気を見せる必要はありません。良い人と出会えると、簡単な会話ができるだけでも気持ちが変わってきます。

そんなチャンスがあるのも、婚活パーティーの良さです。もちろん、自分自身が誰かを明るい気分にしてあげられる存在になるかもしれません。

貴重な余暇の時間を使って婚活パーティーに参加しているのですから、新鮮な気持ちで楽しむようにしましょう。婚活パーティーに限らず、婚活には前向きな気持ちを持ち続けていないと立ち向かえません。

あきらめてしまえば、それで終わりです。自分の気持ち次第で明るい未来を呼び込めるのですから、一度の婚活パーティーが残念な結果だったとしても上手に気持ちを切り替えてください。

結婚率・成婚率を高めるポイント!婚活パーティーで付き合う成功率を上げよう

婚活パーティーをきっかけに結婚している人は、出会った人と真面目に付き合う姿勢を大切にしています。思いやり合える相手とは、結婚率の高い出会いとなるでしょう。

婚活パーティーで成婚率を高めるためには、カップルとしての成功率を高めることが先決です。そのためには、出会った人との付き合いにハードルを下げてみることをおすすめします。

婚活パーティのカップリング

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る