婚活サイトで年収を盛る男性の嘘を見破る方法と低く言う逆サバの理由

1180view

2019.01.09

目次

婚活サイトで年収を盛る?多少、条件を盛るのは婚活サイトだとよくある話です。ただし、年収などの重要な部分を大げさに盛るのは立派な嘘です。

年収を盛る嘘を見抜く

また、年収をわざと少なく告げる「逆サバ」も婚活サイトでは見られる現象といえます。婚活で痛い目に遭わないためには、男性の嘘を見抜けるようになりましょう。この記事では、年収について男性がつく嘘を見破る方法と逆サバの理由を解説します。

年収で嘘をつく男性と親しくなってはいけない理由

婚活サイトにおいて、女性が見るべき男性の条件は年収だけではありません。交際に問題がない地域に住んでいるか、性格は合うかなどチェックポイントはたくさんあります。

その中で、年収を過剰に盛る男性には近づかないほうが無難です。なぜなら、スペックを偽る男性とは信頼関係を築きにくいからです。年収は、男性の頼りがいや将来性を見極めるために重要な条件です。

婚活をしている女性の中には、「最低でもこれくらいの年収は欲しい」と考えている人も多いでしょう。そんな項目で嘘をついているのだとしたら、ほかのプロフィールでも嘘を書いている可能性はあります。

健全で結婚前提の交際をする相手として、相応しいとはいえません。

また、「結婚してから失望する」のも大きな理由です。確かに、年収の高い男性は魅力的に見えます。しかし、それが嘘だった場合、結婚してから必ずバレます。

女性からすれば、伝え聞いていた年収レベルでの生活を夢見ていたのに、いきなり突き落とされたような気分になってしまうでしょう。

こうした裏切りに遭ったうえで、幸せな結婚生活を築くのは困難です。最初から、年収を偽っている男性を見抜く努力をしましょう。

そして、嘘の年収を書く男性は「生活が不安定」である確率が高めです。婚活サイトで正確でない年収を書いている男性がいたとき、必ずしも「まったくの嘘」とは限りません。

以前は本当に高収入があった男性もいるでしょう。また、自営業など収入が不規則的な男性は、見込みだけで年収を書くこともあります。

ただし逆をいえば、こういったタイプの男性たちは不安定な仕事で生計を立てていることを意味します。女性側に、予測がつかない経済状況でも一緒に歩んでいく覚悟があるなら、こうした男性たちと結婚しても後悔はしません。

しかし、収入についてストレスを感じない、安定した生活を望むならこのタイプとは近づかない方が無難です。

年収の嘘を見抜く方法1:プロフィールの矛盾を見抜く

婚活サイトで男性が年収を偽っているとき、見抜く方法はあります。まず、「プロフィールを徹底的に読み込む」ことを意識しましょう。

嘘の年収を書いているなら、高確率でプロフィールに矛盾点や不審点が発生しているはずです。高収入の男性のプロフィールは隅々まで調べて、本当かどうか確かめることが大切です。

たとえば、年収を「2000万円」など非常に高く書いている男性が職業を「会社員」としていたとします。もちろん、一流企業ともなれば、一社員の立場でも高収入をもらうことは可能でしょう。

しかし、こうした会社はごく一部ですし、本人も有能で何らかの役職についていなければ高収入を稼ぎ出すことはまず無理です。そうなると、詳しく職種や業界を聞かなければ、プロフィールを鵜呑みにできません。

高収入だけを見て、浮き足立たないように気をつけましょう。

また、住所などの情報も嘘を見抜く手がかりになります。高収入があるにもかかわらず、安いアパート暮らしをしているなどの矛盾点がないかをチェックしましょう。

趣味欄の情報も大切です。「動画を見ること」「寝ること」など、深みを感じられない趣味の人が高収入なのは考えにくいからです。

高収入の人は趣味に使うお金も多くなるうえ、交流している人脈も広くなります。プライベートが充実していなさそうな男性が高収入と書いていたなら注意しましょう。

さらに、プロフィールの書き方などからでも本人の能力を推測することは可能です。プロフィールの文章が稚拙だったり、内容が薄かったりする人は、そもそも「書くべき内容がない」といえるからです。

それなのに、年収だけ高いのは合理的なプロフィールではありません。どこかで嘘をついている確率が大です。本当に年収が高い人なら自己PRのため、なるべく豊富な情報を記載しようと努めます。

その結果、プロフィールは充実して、文章だけで人生が伝わるようになっているはずです。

年収の嘘を見抜く方法2:仕事内容について詳しく聞く

男性がプロフィールを嘘で塗り固めている場合、逆に矛盾点を見つけられなくなる場合もあります。こうしたタイプは婚活サイトだけでなく、実際にパーティーやお見合いで対面したときの会話で嘘を見抜きましょう。

とはいえ、「年収に間違いはありませんか」とストレートに聞いて、「いいえ」と答える男性はまずいません。また、もしも相手の年収が真実だった場合、たいへん失礼な行為にあたります。何気ない会話の中に、年収を予想できる質問を紛れ込ませましょう。

もっとも効率的なのは、仕事について深く聞くことです。気になる男性の仕事について詳しく知りたくなるのは自然な心理なので、特に失礼にもなりません。

そして、年収で嘘をついている人間は仕事の質問に答えるのが苦手です。もしも「仕事は何をされているんですか」と聞いたとき、返事に困っている様子があるなら年収を鵜呑みにしないよう気をつけましょう。

それでも、嘘の設定を固めてきた男性なら躊躇なく偽の情報を答えてきます。そこで納得をせず、「面白そうな仕事ですね。具体的にどんなことをされているんですか」と掘り下げていくと、いつかボロは出てきます。

本当に自分が就いている仕事であれば、考える間もなくスラスラと説明できるはずです。顧客の固有名詞や取引額にいたるまで、特に苦もなく暗唱できるでしょう。そのほか、納税額について聞いてみるのもひとつの方法です。

ただし、仕事について聞かれたら難しい言葉を使って煙に巻いてくる男性もいます。そのときは、単語だけを覚えておいて後からインターネットで検索しましょう。

本人が言っていたのとはまるで違う内容が出てきたら、プロフィールに嘘があると見て間違いありません。また、「自営業」「会社経営」と名乗っているのであれば、本人の名前を検索してみるのも効果的です。

高収入を得られるくらいの仕事に就いている人間が、SNSもホームページも利用していないのは考えられません。婚活で相手の言葉を少しでも疑わしく感じたときは、すぐ確認をとるようにしましょう。

年収の嘘を見抜く方法3:身なりや言葉づかいで判断する

男性に直接会うと、スペックを見抜くためのヒントをたくさん得られます。まず、「身なり」は年収に関する情報が本当かどうかを確かめられるポイントです。

あまりにも質素だったり、古びていたりする服で婚活の場に来る男性が高収入を名乗っているなら、疑問に思ってもいいでしょう。確かに、年収が高くても服にはお金をかけないタイプはいます。

しかし、婚活とは今後の人生を左右しかねない重要な場面です。どんなにオシャレには興味がない男性でも、女性からよく見られたいと思って挑むはずです。そんな機会に、場に相応しい格好をしてこないのは「服がないから」だと考えるのが自然です。

また、服装以外の小物にも目を向けてみましょう。高収入で、身なりにも気をつかう余裕がある男性はファッションの隅々にまでこだわりがあります。スーツだけ高価で靴やかばんは安物を使っているようなケースは珍しいでしょう。

高収入だと言い張っていても、粗末な小物を使っている人には言葉に信ぴょう性がありません。こうしたタイプはファッションがちぐはぐなので、一目見るだけでも違和感を覚えます。

そんなときはいっそ、「この靴ってどこで買われたのですか?」と直接的に聞いてみるのも得策です。明らかに安物の靴を「ブランド物です」と答えるようなら、信用はできません。

また、「勝負用の靴をなくしてしまって」と苦しい言い訳をしてくる人も、要注意です。

身なりだけでなく、女性に対する言葉づかいでも年収は想像できます。年収が高い人の多くは相応の努力をしており、人間関係を構築する術にも長けています。

そのため、初対面の人間をすぐ不快にさせるような真似はしません。敬語をきちんと身につけており、女性にも紳士的に接してくれます。そして、段階を踏んで女性との距離を縮めようとしてきます。

高収入をアピールしているのに、粗野な態度が目につく男性は信ぴょう性を疑いましょう。

年収の嘘を見抜く方法4:デートしてみて態度を観察する

プロフィールや初対面だけでは嘘がわからなかった場合、2人でデートに出かけてみてもいいでしょう。ただし、この時点で完全に相手を信用するのはまだ早計です。

年収に対して少しでも疑いの気持ちを残しているなら、デート中の態度で真偽を確かめてみましょう。たとえば、デート場所の打ち合わせからすでに嘘を見抜けるポイントはあります。

お金のかからないデート場所ばかり指定してくるようなら、高収入という情報は疑わしくなります。デートをするからには、少しでも女性に気に入られたいと考えて当然です。

必然的に、デート場所も少し高級な場所にするケースが珍しくありません。それなのに、「ファミレス」「チェーン店」ばかり提案してくるのは、男性が出費を抑えたいからだと考えられます。

デートが始まってからも男性の言動には注目しましょう。タクシーに乗ったり、疲れたとき喫茶店に入ったりするのを極端に嫌がるのは、お金を使いたくない証です。

また、美術館や動物園などの施設に入るときに、当たり前のように料金を別払いにしてくる男性もいます。よほど料金の高い施設ならともかく、それほどの値段でもないのに2人分を払ってくれないのは高収入に見合った行動とはいえないでしょう。

たとえ、高級なデートスポットに連れて行ってくれたとしても、それだけで「やはり高収入は本当だった」と思うのは危険です。本当に年収が多いのであれば、高級な場所での立ち振る舞いも知り尽くしているはずです。

それにもかかわらず、レストランでのテーブルマナーがなっていない男性は場慣れしていないといわれても仕方ないでしょう。さらに、料理のメニューにも詳しくなかったり、店員との会話もたどたどしかったりするのも、高級なお店をあまり知らない兆候です。

そんな男性が高収入を自慢しているときは、嘘をついていると判断して間違いありません。関係を深めるべきか慎重に決めましょう。

注意!年収で逆サバを読んでくる男性もいる

婚活サイトでは、相手選びのポイントとして年収は重要です。ただし、年収だけに固執していると男性の良さを見逃してしまう恐れがあります。

また、年収をわざと少なく見積もってくる「逆サバ」読みの男性もいます。年収だけで相手を判断していると、本当は高収入である逆サバ男性との出会いはなくなってしまうでしょう。

どうして逆サバを読む男性がいるのかというと…

第1に「年収だけで判断されたくない」と思っているからです。結婚相手に経済力を求めている女性は珍しくありません。

そして、彼女たちの中には「お金さえあれば誰でもいい」「とにかく楽をするためのお金持ちと結婚したい」と考えている人もいます。

もしもそんな女性と結婚してしまえば、男性は本当の意味での愛情を感じられなくなってしまうでしょう。そこで、婚活サイトではあえて年収を伏せて、お金以外の部分を見てくれる女性を探すようになるのです。

第2に「女性にサプライズを届けたい」という理由があります。最初は低めに年収を告げておき、交際に進んだ後で「実は僕の年収は」と切り出す余地を残しておきます。

こうしたサプライズは、女性と関係を深める際の切り札になりえます。また、最初から年収をひけらかすより、後から告げた方が女性からの印象を良くするケースもあるでしょう。

年収で逆サバを読む男性たちは共通して、お金目当てで結婚する女性たちを快く思ってはいません。彼らは結婚にお互いへの敬意と穏やかな愛情を求める傾向があります。

婚活中の女性は男性の年収ばかり追いかけていると、評価を落としてしまいかねません。婚活サイトでは年収だけではなく、人間的にちゃんと好きになれる男性を見つけましょう。

婚活サイトでは年収を盛る男性の嘘に要注意!逆サバにも気をつけて

年収を盛る男性や逆サバなど、婚活サイトで嘘をつかれてもすぐには見抜けません。だからこそ、マッチングした男性とは時間をかけてゆっくり関係を育んでいく必要があります。

また、年収だけに目がいっているときも男性の長所がわからなくなってしまいがちです。婚活サイトでは、性格や価値観なども含めて男性を総合的に判断しましょう。

年収を盛る嘘を見抜く

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る