アラフォー婚活で上手くいかない人必見!妥協するべき点とは?

1266view

2018.07.23

アラフォー婚活は多少の妥協をするべき!

妥協は早くするべき

アラフォーになると、周りの知り合いは結婚し、子供が生まれている家庭が多くなります。20代、30代はモテていたのに”なんで私が取り残されているの?”と感じるのであれば、もしかするとあなたの理想が高すぎるのかもしれません。一度自分が理想とする結婚相手の条件を洗い出し、妥協点を見つけましょう。

”妥協なんてできない”と考えるのであれば、客観的に自分の立場を考えてみてください。婚活市場で、どのくらいアラフォー女性の需要があるか理解することで、今まで目を背けてきた現実を目の当たりにし、多少は妥協しないとダメかもしれないと気づくはずです。

昔のモテた経験は一旦捨てましょう

アラフォーになると、人生経験が豊かになります。目も肥えて、「理想の相手はもっと他にいるはず」と思い、終わりのない婚活を続けていませんか?結婚している人が、すべて理想的な相手と結婚しているわけではありません。ある程度の妥協点を自分で見つけ結婚しているのです。

中には理想的な相手を結婚している人もいますが、少数しかいません。今あなたができることは、相手に求める条件を下げ出会いの数を増やすことです。私は昔モテたから、本気を出せば今もモテるはず!と思い込んでいると婚期をどんどん逃します。過去のモテた経験は過去として、目の前の婚活に取り組みましょう。

アラフォー婚活の人が妥協できない点とは?

相手に完璧を求めすぎる!

結婚できない人の多くは、相手に完璧を求めすぎることです。理想の男性像を考えることは重要ですが、すべて自分の思い通りの完璧な人間はいません。反対に自分のことをよく考えてみてください。顔や性格が良くてスタイル抜群でいて、料理上手で気遣いができて包容力がある女性が理想的とされていますが、すべて完璧な女性はほんの少ししかいません。もう少し現実味のある妥協点を探すことで、結婚相手を探しやすくなります。

顔や見た目にこだわる

顔や見た目にこだわる人は男女ともに多いです。相手が男性の場合は、身長や顔、体系も含まれてきます。アラフォー女性とお付き合いする人はおそらく同年代か年上の人が多くなります。若々しくしていることはポイントが高くなりますが、年齢からくる体型はある程度しょうがないかもしれません。

顔や見た目がいい人はすでに結婚していることが多いので、多少は妥協しましょう。見た目であれば一緒にダイエットしたり服装を変えたりすることでグッと雰囲気を変えることができますよ。

相手の仕事や職業

相手の仕事や職業を聞くだけで、おおよその年収はインターネットで調べれば把握できます。一緒に生活していく上で経済力はもちろん必要ですが、あなたが共働きをしてもいいと思うなら相手の職業はそこまでこだわる必要はありません。自分より年収が低い人は少し抵抗がありますが、同じくらいもしくは少し上ぐらいの収入であれば、妥協できるポイントになります。

これだけは妥協NG!妥協しすぎは危険

いい人が現れなくても妥協のしすぎはNG

妥協をするべきと今までお話しましたが、反対にこれだけは妥協してはいけない項目をまとめました。結婚はお互いの家族も巻き込んでの一大イベントです。妥協して結婚したあとで、「失敗」したなと思わないよう気をつけましょう。妥協しすぎても、ダメ男を捕まえる可能性が高いです。自分なりに妥協点を見極める必要がありますが、特に注意したい4つのポイントをご紹介します。

お互いに合わせることが難しい!金銭感覚

アラフォーになるとデートは何度か経験している人も多いはず。デートでよく分かるのが、金銭感覚です。男性がおごって当然と考える人もいますし、反対に男性側は食事は割り勘でと考える人も少なくありません。何度かデートを重ねて相手がどんなことにお金をよく使っているのかさり気なく聞くのもおすすめです。あまりにも趣味に多額のお金を費やしている場合、結婚しても相手がやめられない可能性があります。

結婚したいという気持ちが先行し、焦って結婚をしても段々と金銭感覚のズレが許せなくなります。お互いに話し合って、金銭感覚を合わせるか話し合いをしても難しければ、結婚をする前にお別れを選ぶのも一つの方法です。生活に直結するので、金銭感覚を妥協すると自分も痛い目に合う可能性が高くなるので慎重に見極めましょう。

離婚報告でよく聞く価値観

価値観が一致している相手を探す方が難しいですが、あまりにかけ離れすぎている場合は、無理してお付き合いする必要はありません。芸能人の離婚報告でよく聞く「価値観のズレ」。男女で価値観は大きく違いますが、あまりにも自分と価値観がかけ離れすぎていると結婚生活をしていく上で、お互いがギクシャクし始めます。

些細なことですが、それが積もり積もるとお互いが我慢しきれなくなり、離婚を選択することになってしまいます。価値観をすべて合わせることはできないですが、こういった考え方もあるのか!と発見するような感覚で相手と接すると長くいい関係を築けられます。

生活していく上で欠かせない経済力

金銭感覚に続き、最も重要なのは経済力です。経済力を妥協すると、結婚生活が苦しくなるかもしれません。あなたがそれなりに稼げているなら、男性に多少経済力がなくても何とかやっていけます。しかし将来子供がほしいと考えたとき、女性は産休に入りその期間、働けなくなります。

会社から産休手当をもらうことはできますが、男性の経済力がなさすぎると、生活をしていく上で不安になります。年収1,000万以上の男性じゃなきゃ嫌!というのはもう少し妥協するべきですが、あまりに低い年収は考えたほうがいいですよ。どのぐらいの年収なら2人で働けば何とかやっていけるな?というのをあらかじめ考えておくといいでしょう。

言っても治らない性格

生まれ持った性格を、大人になってから直すことは容易ではありません。人間だれしも欠点はありますが、どうしても譲れない欠点を相手が持っているなら、最初のうちはガマンができますが付き合いが長くなるにつれその性格が許せなくなります。

デートをしたとき、最初に違和感を感じるのであれば、何度かデートを重ねてみましょう。それでも違和感を覚えるなら、お付き合いするのは考え直した方がいいです。優しい性格だから大丈夫!と思っても実は優柔不断なだけだった。ということもあるので違和感を感じたら直感を信じてみるのも一つの方法です。

どうしても妥協できないことがあれば相談しよう!

マッチングサイトで理想の相手探し

マッチングサイトを使って理想の相手を探すのも1つの方法です。どうしても妥協点が見つからなければ、マッチングサイトで条件を記入し、理想の人が来るまで待つという方法もアリです。もちろん可能性としては、難しいかもしれませんがどうしても理想を下げるのが難しいという場合は、確率は0ではないので試してみるのはいいと思います。

自分から理想に近い人に声をかけてみるのもいいでしょう。マッチングサイトのメリットは気軽にメッセージを送れることなので、どんどんサービスを使いステキな出会いを見つけましょう。

結婚相談所で好みの男性を探す

結婚相談所では、専門のカウンセラーに自分の理想とする条件を伝えておくことで、その人に合った方を紹介してくれます。いい人とマッチングしないのであれば、あなたの条件が高すぎる場合があるので、その場合はカウンセラーの人に”条件のどこの部分が悪いのか?”と聞くことで、自分では理想は低くしたつもりでも、客観的に見てもらうことで条件が高すぎる部分を知ることができます。

どうしても妥協できない点がある場合は、カウンセラーの方に”この部分だけは譲れない”と伝えて他の妥協点を見直しましょう。アラフォー婚活の成功は、いかに妥協点を下げ出会うかです。容姿の妥協は、生理的に受け付けない人でなければ意外と気にならなくなりますよ。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る