婚活サイトの結婚率を女性と男性それぞれの年齢別に徹底比較!

1238view

2019.01.11

目次

婚活サイトの結婚率?スマホやパソコンで気軽に登録できる婚活サイトは、婚活のファーストステップとして便利です。

婚活サイトの結婚率

本当に結婚できるの?と疑う人もいるかもしれませんが、実際に婚活サイトで知り合って結婚するカップルは増えてきています。

そこでここでは、女性別・男性別・年齢別に婚活サイトで出会ったカップルの結婚率を徹底比較してみました。結婚するまでの期間についても、参考にしてみてください。

婚活サイトを利用している人はどのくらい?

婚活サイトに抱くイメージは、人それぞれです。ただ、婚活サイトの利用率増加傾向にあることから考慮すると、そのイメージは上向いているのではないでしょうか。

婚活サイトで知り合ったことを周囲に知られたくないという意識も、薄れつつあります。婚活サイトが広く一般の人に利用されるようになり、抵抗感が少なくなってきているのが理由でしょう。

実際に、結婚につながる出会いがあったという人も増えているだけに、婚活サイトの利用者は伸びを見せています。

2017年3月に調査された「結婚・婚活についてのアンケート」によると、結婚願望がある人の割合は男女共に20代前半が最も多い結果になっています。全国の20~69歳の未婚男女3,553名を対象に実施した調査結果です。

男女別では、男性が40歳代後半まで比較的ゆるめの割合を保っているのに対して、女性は年齢の上昇に伴って急激に結婚願望がある人が減少しています。

ほぼ一致するのが40歳代前半ですが、男性と女性では年齢によって結婚願望に違いが出てくるのがわかります。詳しい割合を男女年齢別に紹介しましょう。

男女・年代別結婚願望がある人
20~24歳 女性75.3% 男性60.3%
25~29歳 女性65.4% 男性58.8%
30~34歳 女性64.0% 男性50.5%
35~39歳 女性56.8% 男性50.7%
40~44歳 女性49.7% 男性49.3%
45~49歳 女性31.9% 男性46.3%
50~54歳 女性26.9% 男性33.8%
55~59歳 女性22.2% 男性35.4%
60~64歳 女性16.8% 男性30.3%
65~69歳 女性4.0% 男性23.1%

婚活サイトを利用する人の本来の目的は、結婚です。婚活にも様々な方法がありますが、中でも婚活サイトを利用している人の割合は全体の5.8%という同調査の結果が出ています。

男女共に30歳代前半での利用率が最大ですが、女性では年齢が上がるほどに結婚願望が低下するため60歳以上の人の婚活サイト利用率が高いように見えます。こちらも、男女別・年齢別にチェックしてみましょう。

男女・年代別婚活サイトを利用している人
20~24歳 女性3.0% 男性3.7%
25~29歳 女性6.4% 男性5.4%
30~34歳 女性11.7% 男性7.8%
35~39歳 女性7.6% 男性11.7%
40~44歳 女性6.7% 男性1.8%
45~49歳 女性7.5% 男性3.2%
50~54歳 女性2.9% 男性3.8%
55~59歳 女性4.2% 男性8.9%
60~64歳 女性11.1% 男性2.7%
65~69歳 女性16.7% 男性3.3%

婚活サイト経由の結婚率は増加している

大手調査会社が婚活の実態を詳細に把握するために実施した「婚活実態調査(2018年)」でも、独身者の婚活サイト利用経験率は過去3年で最高という結果を発表しています。

婚活サービス全体では18.1%が利用しており、中でも全体を底上げしているのが婚活サイトの利用率です。年代別に見てみると、特に20歳代の婚活サイト利用率が伸びています。

そこからさらに婚活パーティーや婚活イベントに参加したり、結婚相談所に登録する人が多いようです。婚活サイトは、婚活の足掛かりとして最適ということでしょう。

いくら婚活サイトを利用する人が増えていても、そこから成婚に至る人がどのくらいいるのかが肝心です。同調査によると、2017年に結婚した人のうち、婚活サービスを通じた結婚率は10.4%と発表されています。

婚活サイトの利用率も過去最高と出ましたが、婚活サイトを通じて結婚した人も過去最高とのことです。婚活サイトを通じて結婚した人が多いと知ったことで、婚活サイトへの見方が変わる人もいるでしょう。

そのため登録者が増加し、婚活サイト経由の結婚率が高まってきていることもうかがえます。

婚活サービスを利用した人の結婚率となると、もっと高い割合が出ています。2016年の調査結果で39%を超えていますから、約4人に1人の婚活サービス利用者が成婚しているわけです。

2015年の調査では27.6%だっただけに、婚活サービスは結婚率の高い婚活方法としておすすめできます。婚活サイトでも、2015年には成婚者が15.1%だったのに対して2016年には17.2%と成婚率が上昇傾向です。

恋活サイト経由での結婚率が高まっている点も見逃せません。

どのくらいの期間で結婚できる?

婚活サイトを通じて結婚している人が男性にも女性にも多いことがわかったら、次に気になるのがどのくらいの期間で結婚できるかでしょう。婚活サイトも、長く続けていると疲れたり飽きてしまうことがあります。

成婚に至らないから婚活を続けているわけで、なかなか結婚できないことに挫折しやすいのが長期間の婚活の問題点です。ただ、あまりにも結婚を急ぎ過ぎて、失敗するのは避けたいところでもあります。

実際に婚活サイトを通じて結婚した人が結婚するまでの期間にどのくらいかけたのかは、婚活サイトによっても公表している数字が違います。

3ヶ月を交際期間の目安としてすすめていることから、約3ヶ月間で成婚に至った人が多いとしている婚活サイトもあります。

平均的には3~6ヶ月程度で結婚した人が多くても、もっと短期間で結婚した人もいれば1年以上の交際を経て結婚している人もいるでしょう。

短期間で結婚できるとアピールする婚活サイトに登録しても、誰もが同じように短期間で結婚できるとは限らないことは理解しておきましょう。

パートナーを見つけた人のサービス利用期間は、平均して6ヶ月弱と発表している婚活サイトもあります。そのくらいの単位で、サービスを提供している婚活サイトも少なくありません。

一区切りとする期間として、半年は多くの人に受け入れられやすい期間でもあるでしょう。多くの人が3ヶ月や6ヶ月での成婚を目指せば、成婚までの期間が6ヶ月という人が多くなるのも当然です。

成婚までの期間はあくまでも目安として、焦り過ぎずマイペースに婚活することも大切にしていきましょう。

男性と女性ではどちらが婚活サイトで成婚しやすいか

婚活サイトの利用率は、男女全体では女性のほうが若干高めです。ただし、女性は40歳代後半になると結婚願望が低下して婚活サイトの利用率も下がってきます。

その点を考慮すると、40歳代以降は男性のほうが婚活サイト経由で結婚している割合が高くなってくるでしょう。実際、男性の場合は結婚願望も60歳代になるまで女性より高いのです。

男性も女性も、20~30歳代には結婚願望が50%を超えています。30歳代までは圧倒的に女性の結婚願望が高いものの、50%弱で男女の結婚願望が一致するのが40歳~44歳です。

アラフォーの女性は、この時期に集中して婚活をすることで成婚にこぎつけやすくなる可能性があります。

45歳を超えると、男性の結婚願望がまだ50%近くをキープしているのに対して女性の結婚願望は30%程度に落ちてしまいます。だからといって、あきらめる必要はありません。

むしろ、競争率が低下して、婚活サイトに登録している結婚願望の高い男性と成婚しやすくなるとも考えられます。婚活サイトで結婚する人の割合を男女で区切ってしまうと、婚活する前からあきらめ気分になりかねません。

男性にも女性にも成婚の確率が高まっている婚活サイトは、誰にでもチャンスをつかめる婚活方法として最大限に利用するのがおすすめです。

婚活サイトで結婚した人のキーポイント

男性・女性・年齢を問わず、婚活サイトを通じて結婚している人には、成婚に結び付けた共通のキーポイントがあります。まず大切なのは、婚活サイトの成婚率よりも自分自身の結婚への意欲を大事にすることです。

成婚率が高い婚活サイトのほうが誰にでも結婚しやすいと思われがちですが、それが自分に当てはまるとは限りません。結婚に結び付かなかった婚活サイトだからといって、あきらめるかどうかは自分の気持ち次第です。

そのまま頑張れば、次に出会った人と結婚できる可能性もあります。成婚率が低くても、結婚できる可能性は人それぞれなのです。

そうはいっても、成婚率が高い婚活サイトでは成婚率が高いだけの理由があります。例えば、活動している会員の割合が多い婚活サイトは成婚率も高い傾向にあります。

婚活サイトのアピールポイントの一つは、登録会員数の多さです。登録している会員数が多ければ、出会いの確率も高まるというイメージにつながります。しかし、アクティブに活動している会員が少なければ意味がありません。

今まさに婚活している会員がどのくらいいるかが、婚活サイトでチェックするべきポイントです。

婚活サイトを通じて結婚している人の多くが、頻繁に利用を重ねているという傾向もあります。成功している人の50%以上が、週に3回以上サービスを利用していたとの調査結果もあるほどです。

登録をしてもあまり活動しないのでは、自ら成婚率を下げているようなもの。結婚できるまで、何度でもチャレンジするのも成婚の秘訣といえるでしょう。

ただし、婚活サイトのサービスが自分にマッチしているかどうかも重要です。自分に不向きなサービスに無理に合わせてお相手探しをしても、あまり気の合わない相手に振り回されてしまう恐れもあります。

どんな婚活サイトのサービスが向いているかは、複数の婚活サイトを掛け持ちしてみると判断しやすいでしょう。そのほうが、出会いのチャンスも広がります。

婚活サイトによっても登録会員の系統に違いが出ますから、様々なタイプの異性とおつきあいしてみる可能性が出てきます。婚活サイトで出会った複数の男性と、同時進行で交際する女性も少なくありません。

冷静にお相手や結婚について見極める機会にもなり、それが結婚相手への希望条件を見直すきっかけになることもあります。特に結婚相手への希望条件が凝り固まっている人は、複数の男性とおつきあいしたほうが得られるものが多いでしょう。

結婚率が高いのはどんな婚活サイト?

結婚率の高さにばかりこだわる必要はありませんが、やはり成婚率の低い婚活サイトにばかり登録するよりは多くの人が登録して結婚に結び付けている婚活サイトのほうがモチベーションも高まるでしょう。

決め手となるのは、アクティブ会員数です。登録してから活動している会員数が多ければ、出会いの確率が高まります。入会後1ヶ月以内の出会い率が80%という婚活サイトもあり、このようなサイトは活動している会員数が常に多いと判断できます。

やたらと出会いが多くても疲れそう、などと言っている場合ではありません。出会いが多ければ、そのぶん結婚の可能性も高くなってきます。

婚活サイトの中には、毎月数10組の成婚者を出しているところもあります。特徴として見られるのが、一定の紹介数を保証していたり、登録している人の職業がある程度特化されていることです。

公務員や教員などの堅実な職業に就いている人と結婚したいという人もいるでしょう。このようなこだわりが強ければ、集中して婚活すると成婚に結び付きやすいサイトといえます。

いずれの婚活サイトでも、登録会員の男女比は同じくらいか女性が飛び抜けて多くないほうが有利です。

婚活サイトの中には、登録は無料で各種サービスの利用は有料というところもあれば、男性だけ有料で女性は無料というところもあります。

男性も女性も有料という婚活サイトもありますが、無料か有料かで一概に良し悪しは決められません。気軽に登録できる反面、本気で結婚する気がない人が登録だけしているケースもあります。

その点、男女共に有料の婚活サイトでは、成婚に結び付きやすいサービスを提供していることが多いです。例えば、専任のアドバイザーが付くようなサービスは、ただ自分でお相手探しをするよりマッチング率に期待できます。

自分では選びそうもないお相手を検討してみるきっかけにもなるでしょう。婚活サイトも、結婚相談所に似たサービスを提供することで成婚率を高めようとするところが増えてきています。

厳正な入会基準を満たしていることも、安心して利用できる婚活サイトの条件です。短期間で成婚するとサービスの利用料金が減額される婚活サイトもあり、やる気につながるかもしれません。

結婚するまでの期間が短い婚活サイトは女性も男性も結婚率が高い?

婚活サイトで出会って結婚するまでの期間には個人差があり、焦る必要はありません。ですが、早めにピッタリなお相手と出会って結婚できるに越したことはありません。

そのためには、女性も男性も結婚率を高める工夫がされている婚活サイトを選んだほうがよいでしょう。また、複数の婚活サイトに登録して婚活してみるのも、アラフォー女性の結婚への近道としておすすめです。

婚活サイトの結婚率

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る