アラフォーでも婚活を諦めない!結婚を勝ち取るための心構え

1238view

2018.07.22

アラフォーだけど結婚を諦めたくない!

女性の社会進出が進み、男性顔負けでバリバリ働く人も多い現代社会では、昔のように結婚が社会的なプレッシャーになることも少なくなってきました。女は結婚して寿退社するからなんていわれる状況もあまり見られなくなり、独身のまま働き続けている人も沢山います。

女性の地位も上がり、様々な可能性が開けている現在、もはや結婚なんて人生の選択肢の1つでしかないというところではありますが、それでもなお、この結婚というイベントだけはやはり特別なものと考える方は非常に多いものです。

いくら好きに生きてもいい、結婚しない自由もあるといわれても、年齢を重ねるごとに1人の家が冷たく感じられることが増えたり、将来のことを考えると老後にパートナーや子供がいないことを恐ろしく感じてしまったりというのは当然のこと。若い頃は何も考えていなかったけれど、徐々に結婚という2文字が現実味を伴って迫ってきているように感じてしまうものなのです。

特に30代後半から40代前半にかけてのアラフォーと呼ばれる世代に至って、大きな焦りを感じてしまう人は非常に多いようです。女性の社会進出に伴って進んできた晩婚化により、結婚適齢期というものは昔と同じ基準では語れなくなってきましたが、そんな現代でもこの未婚のアラフォー世代というのは結婚に対して少し遅れているというイメージを持たれてしまいがちなもの。

ともすればもう今更結婚なんてできないと諦めてしまいたくなりますが、世の中には遅すぎることなんてほとんどありません。現代は40代どころか、50代や60代で結婚することも珍しくない時代です。それを考えればアラフォーで結婚だなんてまだまだ諦めるようなことではないはず。

結婚するタイミングを逃して年齢を重ねてしまったけれど、まだまだ諦められない、まだまだ諦めたくないと考えているアラフォー世代の女性には、若い頃とは違う、アラフォー世代ならではの心構えと戦い方があるものです。本日はアラフォー世代が婚活でよい出会いを勝ち取るための方法をご紹介していきます。

年齢を受け入れよう

アラフォー世代の女性が婚活するにあたって、まず肝に銘じていただきたいことがあります。それは自分がアラフォー世代の年齢であることを認めることです。まず大前提として、アラフォー世代の婚活というのは非常に厳しいものです。

結婚相談所や婚活サイトなどで相手を見つけようとアクションを起こしても、相手からは良い返事がもらえず、そもそも出会うところまでいかないと感じている女性は、まさに今現在沢山います。これは残念ながら、年齢という観点からどうしようもない部分は少なからずあります。基本的に婚活をしている男性というのは、若い女性から優先的にアプローチする傾向が強いものです。

男性にとって女性の若さや容姿というものはどうしても切り離せない要素であることはもちろん、将来結婚をして子供を産んだり老後を過ごしたりというようなことを長い目で見て考えると、少しでも若い相手の方が圧倒的に魅力的だからです。女性が年齢を重ねているということは、そもそものスタートラインの時点で極端な差が開いた状態であることをまずは理解する必要があります。

出会いを得るまでの勝率が低いのは当然のことと捉え、めげずに婚活を続けるという粘り強さがまずは第一に必要な心構えと言えます。また、自分の年齢を認めるということは、自分が男性側から見た結婚相手としてどのあたりの位置に属しているかを正しく把握するという意味も持ちます。

アラフォー女性の勝率が低く出会いにくいことは先程ご説明しましたが、これはただ単に男性側が若い女性ばかりを求めていることだけが理由ではありません。男性がアラフォー女性を選ばないのは、女性側の理想が高すぎるという理由も非常に大きいのです。

アラフォーで婚活している女性の中には離婚が原因で独身になり、再婚相手を探しているような方も当然いますが、基本的にはずっと独身で生きてきたという方がほとんどのはずです。恋愛経験自体に全く縁がなかったという方もいれば、恋愛経験豊富でずっと様々な相手とお付き合いをしてきたという方もいますが、どちらにも共通しているのは結婚について真剣に考える機会に恵まれなかったという事と、1人でこの年齢まで生活してこられたという点です。

この、若い頃に結婚について真剣に考える機会を持てなかったということが非常に大きな問題です。婚活中のアラフォー世代というのは、地に足のついた考え方ができず、理想ばかりが大きくなった結果、出会える機会をみすみす逃してしまうことが非常に多いのです。20代の頃にちやほやされてきたようなタイプは特にその傾向が強く、当時の感覚のまま相手に対する条件を設定し、失敗してしまう方が後を絶ちません。

例えば相手の年収についてなら、一般サラリーマンの平均年収がどのぐらいかを知っている人と知らない人で希望額が全く違うなんてこともよくあります。極端に高い年収を希望することも悪いことではありませんが、そういう人は当然競争率が高く、より若い人が選ばれやすいものです。

自分の感覚が若い頃のまま止まっている上に、年齢を重ねることで妥協を忘れてしまうと、下手をすれば若い女性の条件よりも厳しいものを提示しているようなことすらあり得ます。自分の年齢と位置をしっかりと見極め、本当に重視したいものと妥協できるものを仕分けしておくことが出会いを掴む第一歩と言えます。

年下男性との接し方に注意

アラフォー女性が婚活を続けていくと、お見合いなどで自分より若い男性と出会う機会も少なくありません。若い男性が自分たちを見てくれないなんてことは全くなく、このような状況は良い相手を見つけられる大チャンスと言えます。しかし、こういったシチュエーションにおいてもアラフォー女性ならではの失敗というものはありえます。それはついつい相手を下に見て話してしまうことです。

手に職を持ち、自分の力でこれまでの人生を切り開いてきた独身のアラフォー女性には、職場でも責任あるポジションを任され、男性の部下を持つようなバリバリのキャリアウーマンも少なくありません。相手が男性だろうと部下はしっかりと育て、時には叱るというように一生懸命働いてきた女性は、そんな風に頑張ってきたからこそ、ついつい年下男性のことを部下に接するような感覚で見てしまうもの。

しかし思わず下に見てしまうという事は、女性自身がそもそも相手の男性を恋愛対象として見られていないということです。その態度は相手の男性にも伝わりますし、何より良い出会いのチャンスを自ら潰しているような大変にもったいない行動だといえます。心当たりのある方は、どんな相手であってもしっかりと1人の男性として捉え接することを意識しましょう。

マッチングサービスを活用しよう

ここまで、結婚を諦めたくないアラフォー女性の婚活についてお話をしてきましたが、何よりも重要なのは心構えだけでなく実際に行動に移すことです。なかなか仕事以外で出会いの場を持つのが難しい現代社会において、時間のないアラフォー女性が積極的に活用したいのがマッチングサービスです。

マッチングサービスは結婚への思いが強い、真剣な人が集まりやすいことが特徴で、遊びや出会いそのものを目的としているようなタイプの人に貴重な時間を奪われてしまうリスクを回避することができます。自分から積極的にアプローチをかけ、出会いを掴むために行動できる人には非常に向いているサービスです。上手に活用して良いパートナーを見つけましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る