再婚したいアラフォー向けのおすすめ婚活マッチングサービス

1533view

2018.07.22

アラフォーの再婚で気をつけること

子供の問題を話し合う

アラフォーでバツイチの場合、子供の存在が大きな問題になります。最近は離婚時に男性が子供を引き取るケースも増えているので、再婚する時の子供の問題は男女に共通です。子供が赤ちゃんの場合はまだいいのですが、アラフォー世代は子供が思春期に差し掛かる年頃なのでより難しさが増します。代表的な3つのケースについて考えてみました。

男性に子供がいて女性にいないケース

シングルファーザーの男性が再婚しようとする時、子供のいない女性との再婚は結婚後に問題が起こることが多いです。再婚女性との間に子供が生まれる可能性があり、その場合に男性の連れ子と差別なく育てることができるかどうかがポイントです。再婚を前提としてお付き合いをする時に、この点についてよく話し合う必要があります。生まれてくる我が子と連れ子を同じように愛せる女性なら理想的です。

女性に子供がいて男性にいないケース

反対にシングルマザーが子供のいない男性と再婚する時は、意外とうまくいくことが多いです。再婚後に子供が生まれたとしても、同じ母親だからです。それでも男性によっては我が子の方を可愛がるケースもありますから、再婚前のお付き合いの段階でよく話し合っておく必要はあるでしょう。子供好きの男性かどうかを確かめて再婚の決断をすると、うまくいく可能性が高いです。

両方に子供がいるケース

シングルマザーとシングルファーザーの再婚は比較的うまくいきやすいです。お互いに子育ての苦労が身に染みているので、思いやりと理解が生まれるからです。問題があるとすれば、子供同士の関係でしょう。大人同士はうまくいっても、連れ子同士がうまくいかないと再婚は難しくなります。再婚前に頻繁に交流を持って、お互いが親しくなるように努力をする必要があります。子供同士の気が合えば、幸せな家族を作れるでしょう。

バツイチの自分に自信を持つ

アラフォーで再婚を目指す場合に気をつけたいのは、バツイチを負い目に感じることです。これは男女に共通することで、バツイチを意識するあまり、再婚相手にもバツイチを求めてしまう傾向があります。アラフォーでも初婚の男女はたくさんいますから、相手をバツイチに限定してしまうと選択の幅を狭めてしまいます。最近は離婚経験のある男女が増えていますから、バツイチだからといって負い目に感じるのではなく自分に自信を持つことが大切です。

異性との出会いを意識して行動する

1度結婚に失敗すると臆病になって、異性との出会いに引っ込み思案になる傾向があります。もちろん離婚すると誰でも傷つきますから、そうなる気持ちはわかります。しかし自分の殻に引きこもってしまうと、新たな人生へ踏み出すことができません。

再婚に向けて動き出すためには、まず異性との出会いを意識して行動することが大事です。今は結婚相談所、婚活サイト、お見合いサイトなど婚活をサポートする色々なシステムがありますから、それを利用して一歩を踏み出しましょう。

アラフォーは初婚よりバツイチの方が有利なわけ

理想より現実を見ることができる

初婚の場合は男女ともに結婚や結婚相手に対する理想を抱くものです。しかし実際の結婚生活に入ると、思っていた理想とは違う現実が入り込んできます。結婚生活が破綻するのは、理想と現実の差異に耐えられないのも一因です。

アラフォーでバツイチの場合は20代のように理想を追い求めたりはしません。実際に理想と現実の違いを経験しているので、再婚するにあたっても現実的です。再婚して幸せになるカップルが多いのは、結婚生活の難しさをよく理解しているからだといえます。

離婚の苦労を理解し合える

初婚よりもバツイチ同士の再婚の方がうまくいくのは、お互いに離婚の苦労を経験しているからです。結婚よりも離婚する時の方がエネルギーが必要だといわれますが、それだけ心が傷つくということです。特に離婚したあとの孤独感は、実際に体験した人にしかわかりません。

バツイチの人は自分のそのような辛い体験を経ているので、相手への思いやりがあります。結婚生活にはお互いへの労りが大切であることを理解しているので、アラフォーのバツイチ同士は再婚してもうまくいくのです。

結婚の失敗を活かすことができる

初めての結婚に失敗すると、それが傷になって2度と結婚しないという男女が多いです。しかし心の傷は時と共に癒えるのも事実です。孤独感に耐えられなくなって再婚しようという気持ちが湧いてきます。そのような気持ちが湧いた時は、躊躇せずに婚活に踏み切りましょう。その時に忘れてならないのは、結婚の失敗を活かすことです。アラフォーでバツイチの男女にはその経験があるので、再婚すると幸せな家庭を築ける可能性が高いのです。

アラフォーの再婚におすすめのマッチングサービス

ゼクシィ縁結び

会員数が50万人を突破した人気の婚活サイトです。結婚情報誌のゼクシィから生まれたサイトで、理想の相手と上手に出会えるおすすめ機能があります。18の質問から価値観を診断して、ふさわしい相手を毎日4人紹介してくれます。価値観診断によって相手が自分と同じ価値観を持っているか判断できるため、アラフォーの再婚に適したマッチングサービスです。

価値観マッチ度はパーセントで表され、2人の相性ポイントや注意ポイントなどもわかるので、再婚を考えているアラフォーにはおすすめです。登録は無料で、3分で完了します。コンシェルジュがデートなどの調整を代行してくれるので、引っ込み思案なアラフォー向けです。

Omiai (オミアイ)

Omiaiは国内で最大級の婚活マッチングアプリです。 累計会員数が250万人を突破しており、無料と有料サービスがあります。Facebookと連動しているので使いやすく、会員数が多いのでアラフォーの再婚相手を探すのにも便利です。いつでもスマホで相手を探すことができ、お互いにマッチングが成立すればメッセージを送ってコミュニケーションすることができます。

お互いのFacebookを交換すればより親密にやり取りができ、デートに発展することも可能です。有料プランは男性会員向けで、女性は無料なのもうれしいポイント。1ヶ月プランは3,980円(税込)なので気軽に体験できます。相手の女性の人気度がわかるので、人気会員やライバルの少ない相手を見つけやすいです。

Match.com(マッチ・ドットコム)

世界25ヶ国で展開している世界最大級の結婚マッチングサイトです。日本の会員数は187万人と多く、海外の異性と出会えるチャンスもあります。特に欧米では人気のマッチングサイトで、インターネットで知り合ったカップルの内3分の1がMatch.comを利用しています。

日本での実績は60パーセントがメール交換を始めて1ヶ月以内に交際を始めており、結婚したカップルの44パーセントが交際1年でゴールインしています。料金は月額固定制なので多くの会員とやり取りしても追加費用は一切発生しません。再婚相手を探すアラフォーでも安心して利用できます。

Yahoo!パートナー

おなじみのYahoo!JAPANが運営しているマッチングサイトです。500万件以上のプロフィール登録があり、毎日約7,000組のカップルが成立しています。毎月60,000件のプロフィール登録があり、再婚相手を探しているアラフォー世代にはおすすめです。Yahoo!パートナーはまじめな出会いを求める男女が多いのが特徴。プロフィールはすべて審査済みで安全管理もしっかりしており、24時間365日の監視体制なので安心・安全に利用できます。

アラフォーに向いているマッチングサイトとは

年齢層が幅広いサイト

マッチングサイトには色々ありますが、アラフォーで再婚相手を探す場合は会員の年齢層が幅広いサイトを選ぶようにします。サイトの中には20代を中心にしている恋活専門のマッチングサイトもあります。そのようなサイトに登録すると疎外感を味わうことになるので、会員になる前に会員の年齢層を確かめましょう。もちろん年下や年上との出会いもあるので、年齢層に幅を持たせた方が出会いのチャンスは広がります。

成婚率が高いサイト

20代の恋活と違って、アラフォーの婚活は実際に結婚を目的としています。数多くのマッチングサイトから探す場合の目安として、成婚率の高いところを選びましょう。成婚率が出ていないところもあるので、明記してあるかどうかも選ぶ際のポイント。多いのが交際率ですが、それだけに惑わされず成婚率をチェックすることが大事です。

会員数の多いサイト

アラフォー世代が再婚相手を見つけるのは、20代が結婚相手を見つけるより難しくなります。それはターゲットとなる人数が少ないからです。それをカバーするにはできるだけ会員数の多いマッチングサイトを選ぶことです。総量が大きくなれば、アラフォーが目指す再婚相手の数も多くなります。会員数が多ければ、それだけ出会いのチャンスが広がります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る