アラフォー女性の婚活メイク男性ウケ重視のやり方!モテたいならコレ

416view

2018.12.29

目次

アラフォー女性の婚活メイク?派手なメイクで婚活に参加し、見事に玉砕しているアラフォー女性は意外と多いのではないでしょうか?歳を重ねた女性は若さをカバーするため、ついつい厚化粧になってしまいがちです。

婚活メイクで男性ウケ

しかしケバいメイクでは男性に好印象を抱いてもらうことはできません。そこで今回は、モテないアラフォー女性が男性ウケするために身につけるべき婚活メイクのやり方をご紹介します。

メイクは勇気を持ってナチュラルさ重視!

婚活でアラフォー女性が男性陣の心を掴むには、歳を重ねたからこそ出せる内面的な魅力をアピールすることです。大きい包容力や落ち着いた雰囲気などは、若い女性にはなかなか作り出せません。

しかしながら婚活に参加する男性の多くは、若い女性に群がる傾向があります。アラフォー婚活女性には、内面をアピールするのも一苦労な現実が待っているのです。

それでも心配する必要はありません。若さはメイクで十分に取り戻すことができます。ただし派手なメイクはNGですよ。アラフォーの女性が男性ウケを狙うなら、相手に優しく自然な印象を与えるナチュラルメイクが最適です。

婚活メイクの基本は、ナチュラルの中に見え隠れする上品さと、男性に安心感を与える癒やし顔です。これらを演出するには、なるべくファンデーションを塗り重ねず、素肌感を出すのがポイントとなります。

アラフォーにもなればシミやシワが気になり出すのは当然です。しかしそれを隠そうと厚化粧してしまうと肌から透明感は失われ、年相応の女性に見られてしまうのです。

そもそも男性陣だって、アラフォーの女性にシミやシワが一つもないなんて思っていないでしょう。そのことに対して理解のない男性なんて、こちらから願い下げしてもいいくらいです。

今までケバいメイクになりがちだった人は、思い切ってナチュラルメイクに切り替えましょう。これからご紹介する婚活メイクを参考に、モテるアラフォー女性を作り上げてください。

目元を上品に見せるテクニック

第一印象を大きく左右する目元は、婚活メイクが最も映える場所でもあります。目元は年齢が出やすいため、つい濃いメイクになりがちですよね。

しかし派手な色のアイシャドウでシワやくすみをカバーしようとすると、逆に悪目立ちしてくぼみが強調され、老けた目元になってしまいます。

透明感のある目元を作るには、ブラウンやベージュ系のアイシャドウがおすすめです。

一般的なアイシャドウの塗り方は、まぶた全体にライトカラーを入れてアイホールには中間色、そして二重幅や目のキワに締め色といった流れが定番ではないでしょうか。

ただこのやり方は、目元が引き締まった若い女性には適していますが、アラフォー女性には少々きついのです。

そこで用いるテクニックが「縦割りグラデ」です。グラデーションを縦に入れることにより、自然でありながら力強い目元を演出することができます。

塗り方はとても簡単です。まず、まぶたを縦に3分割します。そして目頭から目尻に向かってアイシャドウの色を濃くしていき、グラデーションを描くのです。

最初は目頭に淡いカラーを、続いて目尻に濃いカラーを入れます。この時、くの字に入れるのがポイントです。柔らかいブラシで優しくぼかして塗ってください。最後に目頭と目尻の中間部分にメインとなるライトカラーを入れて完了です。

この縦割りグラデにより目元に立体感が生まれ、引き締まった上品な顔立ちを印象付けることができるでしょう。

また、ブラウンやベージュ系のアイシャドウを使うことで、派手さの抑えられたアラフォー女性特有の落ち着きをもたらすことができます。

アイラインはやや太めに引いた方が目を大きく見せることができますが、それはあくまでも目元にハリがある若い時期だけの話です。アラフォーにもなれば当然ハリは失われているので、太いアイラインは逆に浮いてしまうでしょう。

ナチュラルな目元にするなら、アイラインは細く引くべきですね。ただペンシルタイプのアイライナーだと、細いラインを引くのに少々苦労するかもしれません。もし可能であれば、リキッドタイプの使用をおすすめします。

綺麗にラインを描くポイントは、ペン先で目頭から目尻へ向け、目のキワに沿う形で引くことです。目尻は力を入れずに真っ直ぐ引いてください。跳ね上げラインはケバく見えてしまうので控えましょう。

まつげはボリュームよりも長さを重視するべきですが、過剰なマツエクはケバくなってしまうので禁物です。マツエクに慣れていないとノリがはみ出てしまったり、ずれて不自然な目元になってしまったりと、それなりにリスクが生じます。

できる限り自分のまつげを活かした方が無難です。ただマスカラやビューラーでまつげを上げすぎると上品さが失われてしまうので、やや控えめな仕上がりを意識して調整するのがポイントです。

アラフォー女性に最適なファンデーション

アラフォー女性の多くがシワやたるみ、くすみといった問題を抱えていることでしょう。

しかしこれらは誰にでも起こるごく自然な老化現象であり、決して嘆く必要はありません。これらの悩みは、肌質に合ったファンデーションを使うことで解決できます。

女性はアラフォーになると若い頃と比較して、ファンデーションの重要度が非常に高くなります。ファンデーション次第で実年齢より若々しく見えたり、逆に老け込んで見えてしまうことだってあるのです。

婚活メイクに最適なファンデーションはリキッドタイプです。パウダーファンデーションはマットな仕上がりになるため、透明感が損なわれてしまうデメリットがあります。

肌本来の自然な質感をより活かしたいのであれば、オイルがミックスされたリキッドファンデーションがおすすめです。オイルが加わることで肌にツヤがもたらされ、気になるシワやくすみもカバーすることができます。

ファンデーションのノリやモチを良くするためにはベースメイクが欠かせません。そしてツヤ肌メイクをする場合は、下地もそれに合わせるのが鉄則となります。

そこでツヤ出し効果のあるパールが配合されたアイボリーやグリーンの下地を選びましょう。

色ムラがあっても厚塗りはせず、コンシーラーでカバーしてください。色ムラが起きやすいのは目元のクマや口周り、小鼻などです。コンシーラーもマットよりも、リキッドタイプの方が適しています。

ベースメイクが完成したら、リキッドファンデーションにオイルを混ぜましょう。まずは適量のリキッドファンデーションを手のひらに取り、そこへオイルを1~2滴ほど垂らします。

ここで欲を出してオイルの量を増やすと、ツヤではなくテカリになってしまうので注意してください。

手のひらでファンデーションとオイルをムラなく混ぜ合わせたら、頬や鼻、顎などに塗り広げ、顔全体に伸ばしていきます。特に毛穴が気になる部分には、下から上方向に押し上げる形で塗ります。

というのも毛穴は下を向いているので、下から上へと押し上げることによりカバー力がアップするのです。

ファンデーションを塗り終えたらスポンジを使って軽く押さえつけ、肌に馴染ませていきましょう。仕上げにフェイスパウダーを薄く塗って、化粧崩れやヨレを防ぎます。

リップは派手すぎず地味すぎない!

顔の中でも唇は、男性の視線を集めやすいパーツの一つです。特に会話中であれば、自然と唇の動きが目に入るものです。男性に好印象を抱いてもらうためにも、リップには気を使う必要があります。

ナチュラルメイクを意識するのであれば、派手な口紅は避けるべきですね。オレンジやピンクといった、発色が良くてケバく見えないリップが最適です。

アラフォー女性の唇は乾燥しやすくなっていたり、ハリが失われて縦ジワが目立つようになっています。そこでグロスを使い、唇に潤いとツヤを与えましょう。みずみずしい質感の唇は、男性にウケること間違いなしです。

一方でセクシーな印象を与える赤リップは、女性からの評判は良いものの、男性ウケという点では今ひとつです。派手な赤は自己主張の強さをイメージする色なので、男性が引いてしまう可能性があるのです。

いくらアイメイクやファンデーションでナチュラルに見せていても、リップが派手だとそれらの努力が台無しになってしまうので注意しなければいけません。

ただ、だからといってリップを塗らないのも問題があります。確かに唇がすっぴん状態であれば、それこそナチュラルと言えるかもしれません。

しかし唇の色が地味だったり、乾燥してガサガサしていると、男性から「だらしのないズボラ女子」だと思われ幻滅されてしまうでしょう。

唇が老化し始めるアラフォー女性だからこそ、リップに手を抜いてはいけないのです。

アラフォー女性を若々しくするチークの入れ方

婚活メイクで癒やし顔を作る上で重要なのがチークの存在です。女性の頬がほんのりと赤みを帯びているだけで、男性からの印象は大きく変わるものです。

逆に顔色が悪いと不機嫌だと勘違いされたり、表情が乏しい女性だと思われてしまうでしょう。

アラフォー女性は肌がくすんできているので、血色が悪いことが多いです。ところがチークを入れることによって顔色が明るくなり、シワやシミなどもカバーできます。

また、チークにはリフトアップ効果もあるため、たるんだ肌を引き締めて若さを取り戻すことができるでしょう。

アラフォーの女性がつけても違和感のないチークは、淡いピンクやオレンジなどの明るい色です。年齢に見合った色にしたいからとブラウンやベージュを選ぶと、かえってくすんでしまって逆効果となる恐れがあるので注意してください。

チークを入れるコツは、まず笑顔を作ることです。笑顔になった時に頬が最も盛り上がっている位置がチークを入れるべき場所です。

チークを頬の高い位置に入れることにより、笑顔から素の表情に戻った際にも顔全体がグッと持ち上がった印象になります。これがいわゆるリフトアップ効果です。

基本的にチークはブラシを使って入れますが、誤って強く押し当てると色が濃くついてしまう場合があります。そんな時はティッシュを軽く押し当てて、不要な粉を取り払ってください。

最初は薄く入れて、徐々に色を乗せていくやり方であれば失敗しにくいのでおすすめです。チークを入れる範囲は、頬の盛り上がった箇所からこめかみの下辺りまでです。

上下に優しく擦るイメージでブラシを動かすと、綺麗な仕上がりになりますよ。

老いを感じさせる首のシワを目立たなくさせる方法

実はアラフォー女性の老いは、顔よりも首の方に現れやすいことをご存知ですか?というのも首の皮膚は非常に薄く、それでいて重たい頭を常に支えている状態です。

その上で顔は上下左右に動かす頻度が多いため、アラフォーにもなれば皮膚の衰えから自然とシワやたるみが出てきてしまうのです。

顔のメイクはバッチリでも、首がシワシワだと魅力が半減してしまいますよね。マッサージなどでシワを改善しようとしても、短期間で簡単に消えるようなものではありません。

そこで顔と同じように、首のシワもメイクで隠してしまいましょう。ただし、顔と首の色が明らかに異なると違和感が出てしまいます。顔へのアプローチと同様に、首もナチュラルメイクで上品に仕上げることが重要です。

首のシワは白のコンシーラーを使って隠します。肌色と比べて明るく仕上がるため、シワを目立たなくさせることができます。まず、コンシーラーでシワを丁寧になぞっていきます。続いて、指で叩いてよく馴染ませてください。

これだけだとまだ境目が浮いてしまっているので、フェイスパウダーで目立たなくさせましょう。色はピンクやパープルなどがおすすめです。首のシワだけでなく、くすみも隠すことができて一石二鳥ですよ。

ここでの注意点は、フェイスパウダーを首全体ではなく、コンシーラーをつけた部分中心につけることです。また、なるべく薄くつけるのがポイントです。濃くつけてしまうと逆にシワが目立ってしまう可能性もあるので気をつけてくださいね。

白のコンシーラーがない場合は、リキッドファンデーションでも代用できます。首よりも若干明るめのリキッドファンデーションを用意し、ブラシにつけてシワの線をなぞってください。

だいたいのシワをなぞり終えたら、軽く指で馴染ませましょう。あとはコンシーラーの時と同じように、フェイスパウダーで仕上げて完了となります。

首のシワがなくなると一気に見た目が若返るので、気になる場合はお試しください。

アラフォー女性だって勝機はある!婚活メイクで生まれ変わろう

婚活で成功するには第一印象が肝心です。若さに敵わないのであれば、ナチュラルメイクで対抗しましょう。目元やリップは派手な色を避けつつも、透明感やツヤを与えて上品な美しさを演出することが重要です。

これまで厚化粧に頼っていたアラフォー女性がメイクの方向性を変えるのは勇気がいることでしょう。しかし思い切って挑戦することで、違った世界が見えてくることもあるものです。

婚活メイクで男性ウケ

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る