専業主婦希望がアラフォー婚活のハードルを上げている!?

2295view

2018.12.22

目次

アラフォー婚活で専業主婦になりたい?「専業主婦」を希望してアラフォー婚活をしている女性もいます。しかし、専業主婦を前提に婚活をするのは、自ら婚活のハードルを上げていると言わざるを得ません。

婚活と専業主婦

特に女性は男性に比べてもアラフォー婚活を成功させるのが難しいのが現実です。そこでアラフォー婚活に臨むための心構えやどうしても専業主婦になりたい人のために必要なことなどを解説していきます。

専業主婦を希望するアラフォー女性の気持ちや特徴とは

専業主婦を希望して婚活をしているアラフォー女性の多くは心のどこかに「結婚して男性に養ってほしい」という気持ちを持っていることが多いと言えます。

しかし、この「養ってほしい」という感覚こそが婚活を難しくしている根本的な原因になっています。

決して専業主婦になることが悪いことではありませんし、共働きが増えたとは言え今でも男性だけが働いて女性は専業主婦という夫婦もたくさんいます。

養ってほしいという姿勢で結婚相手を探すというのは最初からパートナーに依存することを宣言しているようなものです。男性の立場に立って考えてみましょう。

バブル以前のように右肩上がりの経済状況ならともかく、目まぐるしく経済状況が変化する現代において一方的に養ってほしいと言われればそれだけで結婚したくないと思われても仕方がありません。

このように堂々と「専業主婦希望」を宣言して婚活をするのは自ら進んで男性の地雷を踏みに行っているようなものです。アラフォーでも専業主婦を希望する女性にありがちなパターンが恋愛経験が少ないということです。

20代などの若い頃に「お金に余裕のある男性を見つけて専業主婦としてのんびり暮らしたい」という願望を持ったことがある女性は少なくないでしょう。

しかし、多くの場合、恋愛を通して年齢と共にお互いがサポートし合う大切さといったものを学び現実的になるものですが、男性との恋愛経験の少ない女性は40代になっても現実が受け入れられないというよりも現実が理解できていないという場合もあります。

また、恋愛経験が少ない女性以外にもこれまでバリバリ働いてきたようなアラフォー女性の中には「そろそろ結婚でもして仕事を辞めたい」と考えている人も少なくありません。

ある程度の年齢で結婚したいと思うのは自然ですが「結婚して専業主婦にさえなれば今の仕事から解放される」という風に結婚を逃げ道にしてしまうことがあります。

当たり前ですが結婚は仕事を辞めるための手段ではありませんし、このような気持ちで婚活に臨んでも、心の中を男性に簡単に見透かされてしまいます。

他にも「女性はある程度の年齢になったら家庭に入るものだ」という旧来の価値観を引きずっている女性もアラフォー婚活で専業主婦を希望しがちです。

アラフォーで専業主婦を希望しつつ婚活をしている女性にはいろいろなタイプがいますが、共通しているのはやはり「自立心のなさ」です。

結婚生活の基本は相互扶助ですが、お互いを助け合うためにはそれぞれが自立していることが大前提です。

専業主婦の場合には金銭的には夫の収入を頼ることにはなりますが、精神的に自立をしていないと結婚相手に依存したり干渉したりするようになりやすく、結婚生活が上手くいかない原因にもなります。

専業主婦は想像以上に大変なこともあります

結婚したら専業主婦になりたいと考えているアラフォー女性の多くは「専業主婦は楽そうだから」と考えているのではないでしょうか。しかし、実際にはそれほど専業主婦は楽なものではありません。

まず、小さな子どもがいる場合であれば一日中、子供の面倒を見ながら掃除や洗濯といった家事もこなさなければなりません。特に専業主婦の場合には待機児童の問題などから保育園に子どもを預けることも難しいのでなおさらです。

次に金銭面ですが、働き手が一人なので夫がよほど高収入でない限り、経済的には苦しい状況になりやすいと言えます。

専業主婦希望で婚活をしているアラフォー女性の中には「結婚したら平日の昼間から友人とリッチなランチを楽しみたい」といった理想を描いている人もいますが、現実はそれほど甘くありませんし、お金がなくて暇だけ持て余すという状況も考えられます。

他にも専業主婦は日々の生活で変化に乏しく刺激が少ないというデメリットもあります。特にそれまで働いていた人にとっては退屈だと感じることも少なくありません。

しかも、一日の間に会って話をする人も少なくなるので寂しさを感じるかもしれません。

中には「また働きたくなったらその時は働けばいい」と考えている女性もいるかもしれませんが、そもそも専業主婦を希望して結婚していることから「専業主婦になると言ってくれたから結婚したのに今さら働くことは許さない」というように夫が働くことを許してくれない可能性もあります。

まだまだ専業主婦にはデメリットがあります。本来、子育てや家事などは大変な仕事にもかかわらず未だに働いてお金を稼ぐ方が専業主婦よりも偉いと思われがちです。

特に働いている男性の中には「自分が家族を養っている」という風に専業主婦である妻を下に見ているという場合もあります。

しかも共働きであればそれぞれ仕事や家事について共感できる部分もあるので、相手の立場で物事を考えたり家事や育児を分担するということもできますが、専業主婦の場合には子育てや家事を全部自分でしなければいけないだけでなく、大変さを夫に共感してもらえないというデメリットも考えられます。

こうしたデメリットは専業主婦にとって大きなストレスになりますし、ストレスが溜まった状態で結婚生活が続けば夫との夫婦関係も上手くいかなくなるでしょう。

そして、最悪の場合、離婚について思い悩むようになる可能性もあります。しかし、専業主婦だと離婚後の経済面の不安などから、なかなか離婚に踏み切る勇気が持てずにストレスを抱えたままずるずると結婚生活を送ることも考えられます。

もし、このような状態になってしまうと、そもそも婚活中にあれほどこだわった「専業主婦」という条件は一体なんだったのかという気持ちに陥るかもしれません。

とりあえず専業主婦希望の婚活をやめてみよう

ここまで専業主婦狙いの婚活は自ら婚活を難しくしているだけではなく、専業主婦になってからのデメリットも意外と多いことを説明してきましたが、もし「専業主婦でなくてもいいかも知れない」と少しでも思ったら専業主婦希望という条件を外して婚活をしてみましょう。

まず、女性自身が兼業主婦として経済的に家計を支えるつもりであれば男性に求める年収条件を緩くすることができます。

特に婚活サイトや結婚相談所などで婚活をしているアラフォー女性であれば年収条件が緩くなるだけでターゲットとなる男性がかなり広がります。

また、専業主婦を条件にしているとそれだけで男性からのアプローチはかなり減ると言わざるを得ません。

容姿の面でも若い女性に比べると不利になりやすいアラフォー女性が専業主婦を条件にすると、そもそも会って話してみたいと思う男性も少なく門前払いのような状態になるので、男性と話をして自分のことをアピールする機会すら与えてもらえないということになります。

他にも周囲の人からの紹介という場合を考えてみても、専業主婦になりたいと公言しているアラフォーの女性に男性を紹介するのは紹介者にとっても厳しい条件と言わざるを得ません。

このように専業主婦狙いをやめると金銭的な条件だけでなく男性と出会いやすい状況を自ら作り出すことが比較的簡単になります。

中には自分の経済力に自信があって、女性には結婚したら専業主婦になってほしいという男性もいますが、このような男性はもちろん女性から人気があり倍率も高いのが現状です。

アラフォーには耳が痛いかもしれませんが、条件の良い男性と言うのは婚活においてハーレムのような状態になることも珍しくなく、若い女性と結婚に至る傾向にあるというデータがあることからも、やはり頑なに専業主婦狙いで婚活をするのは得策ではないと言えます。

それでも専業主婦希望で婚活をしたいのであれば

専業主婦狙いのアラフォー婚活が難しいだけでなく、デメリットもあることがわかっていても専業主婦を諦められないのであれば、まずは他の部分で大幅な妥協をすることが現実的です。

ただ、専業主婦になるということは男性には経済力が必要なのでそこは妥協できません。あとは容姿や年齢になりますが容姿は好みもあるので、一般的にはそれほど容姿が良くないとされる男性でも経済力があれば婚活では女性の引く手は意外と多いです。

では、残りは年齢になりますが50代や60代の男性であればアラフォー女性でも十分に若いと言えます。しかし、年配の方でもいわゆるお金持ちと言われる人であれば20代や30代の女性からの人気もあって競争率はそれほど低くありません。

つまり、現実的には50代以上で夫婦2人が生活に困らない程度の経済力を持っている男性が専業主婦狙いでの婚活におけるターゲットになりますが、男性自身が自分の年齢などを理由に子どもを望まない場合が多いことや、男性の方が先に他界し老後を前に女性が一人取り残される可能性もあることを考慮しておかなければなりません。

なお、専業主婦希望は譲れないが年齢や容姿にも妥協したくないというのであれば、自分の家事のスキルを磨くしかありません。

もちろん、ただ料理や洗濯、掃除などがひと通りこなせるという程度では不十分です。料理ならばシェフ顔負けの料理を作れるだけでなく、栄養士の資格を取得するなど健康面でも夫をサポートできるレベルが望ましいでしょう。

また、掃除はハウスクリーニングをしたかのようにいつもきれいな状態を保ち、洗濯もクリーニングに出したような出来栄えを目指しましょう。

なかなか厳しい条件かもしれませんが、求める条件が多いということは求められる条件も多いということです。

結婚はギブアンドテイクだと認識しましょう

結婚はギブアンドテイクの考え方が基本ですが、専業主婦希望でアラフォー婚活をしているが上手くいっていない女性の多くは、自分が何を「ギブ」できるかということはさておき、男性から「テイク」してもらうことばかりに重点を置いてしまいがちです。

結婚では必ずお互い支え合わなければ上手くいきません。専業主婦を希望することは悪いことではありませんが、まずは自分が結婚相手に何ができるかしっかり考えることも大切です。

婚活と専業主婦

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る